Fumihiko Hoshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 3, 2018 at 13:51
 
Avatar
Name
Fumihiko Hoshi

Published Papers

 
[Vacuum-assisted Closure Therapy for Residual Space after Open Window Thoracotomy for Pleural Empyema due to Bronchopleural Fistula].
Togo T, Hasumi T, Hoshi F, Hoshikawa Y, Okada Y, Saito Y
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   69(5) 348-351   May 2016   [Refereed]
The prognostic significance of eukaryotic elongation factor 1 alpha-2 in non-small cell lung cancer.
Kawamura M, Endo C, Sakurada A, Hoshi F, Notsuda H, Kondo T
Anticancer research   34(2) 651-658   Feb 2014   [Refereed]
[The fluorodeoxyglucose-positron emission tomography (FDG-PET) findings and surgical strategy for pulmonary sclerosing hemangioma].
Oishi H, Kawamura M, Hoshi F, Hasumi T, Saito Y
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   63(9) 769-773   Aug 2010   [Refereed]
[Experience of a vascular stent placement under bronchoscopy for a severe airway stenosis like a pinhole].
Watanabe Y, Endo C, Sakurada A, Hoshi F, Notsuda H, Eba S, Watanabe T, Noda M, Sado T, Hoshikawa Y, Okada Y, Kondo T
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   63(7) 556-560   Jul 2010   [Refereed]

Misc

 
肺保存の現状と肺灌流保存の展望
松田 安史, 江場 俊介, 星 史彦, 大石 久, 佐渡 哲, 野田 雅史, 桜田 晃, 岡田 克典
Organ Biology   25(2) 188-191   Jul 2018
臓器移植におけるレシピエント選定の基準の中では、全肺虚血時間が8時間以内となることが条件になっている。これは、長時間の肺保存により移植後の再灌流障害などが引き起こされ移植肺機能不全となる可能性があると考えられるためである。日本における脳死ドナーと虚血時間の現状、東北大学におけるドナー肺保存法と肺保存時間の現状、持続肺灌流と換気を行う新しい肺保存法について述べた。
当院のPhoto Dynamic Therapy(PDT)の検討
星 史彦, 桜田 晃, 野田 雅史, 佐渡 哲, 松田 安史, 大石 久, 江場 俊介, 東郷 威男, 鈴木 寛利, 小林 数真, 勝俣 博史, 佐藤 公昭, 片平 真人, 小塩 弘樹, 鈴木 大和, 阿部 皓太郎, 山田 剛裕, 岡田 克典
気管支学   40(Suppl.) S205-S205   May 2018
VV-ECMO下でDumon stentの留置により化学療法が可能となった肺腺癌の1例
鈴木 寛利, 桜田 晃, 小林 数真, 東郷 威男, 江場 俊介, 星 史彦, 大石 久, 鈴木 大和, 阿部 皓太郎, 小塩 弘樹, 松田 安史, 佐渡 哲, 野田 雅史, 齋藤 良太, 宮内 栄作, 岡田 克典
気管支学   40(Suppl.) S288-S288   May 2018
三友 英紀, 松田 安史, 江場 俊介, 星 史彦, 大石 久, 野田 雅史, 佐渡 哲, 桜田 晃, 岡田 克典
移植   53(1) 47-50   May 2018
症例1は50歳代女性で、6年前に薬剤性間質性肺炎に対して脳死左片肺移植を施行した。CTで上行結腸壁内にair像を認め、約1週間前から軽度の腹痛を自覚した。身体所見、採血所見から腸管穿孔や壊死は否定的と考え経過観察の方針とした。腹部症状はごく軽度であり、食事摂取との関連も否定的であったため経口摂取は継続した。数日で自覚症状は改善し、1年後の単純CTでは上行結膓内のair像は消失していた。症例2は20歳代女性で、5年前に特発性肺動脈性肺高血圧症に対して脳死両肺移植を施行した。ステロイド性糖尿病...
肺移植の現状と論点 脳死肺移植後慢性拒絶反応の現状とその治療戦略
松田 安史, 佐渡 哲, 大石 久, 江場 俊介, 星 史彦, 野田 雅史, 桜田 晃, 秋場 美紀, 岡田 克典
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) PD1-5   Apr 2018