玉城 絵美

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/12 01:16
 
アバター
研究者氏名
玉城 絵美
 
タマキ エミ
所属
早稲田大学
部署
理工学術院
職名
准教授
学位
学際情報学(博士)
その他の所属
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)さきがけH2L, Inc.

経歴

 
2015年12月
 - 
現在
経済産業省, 産業構造審議会, 産業技術環境分科会, 研究開発・イノベーション小委員会 委員
 
2015年12月
 - 
現在
内閣府, 第5期科学技術基本計画 科学技術イノベーション政策推進専門調査会 委員
 
2015年10月
 - 
現在
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)さきがけ 研究員
 
2013年4月
 - 
現在
早稲田大学 人間科学部 人間科学学術院 人間情報科学科 助教
 
2012年7月
 - 
2013年3月
H2L株式会社 代表取締役
 

受賞

 
2016年
WIRED JAPAN WIRED Audi Innovation Award 2016選出
 
2015年
日経ウーマン ウーマン・オブ・ザ・イヤー 準大賞
 
2014年
アメリカ大使館 TEAJ-EMIファイナリスト
 
2011年
米国TIME誌 The 50 Best Inventions
 
2011年
東京大学 東京大学大学院 学際情報学府 博士課程 総代
 
2011年
東京大学 東京大学 総長賞
 
2008年
筑波大学 筑波大学研究科長表彰
 

論文

 
Evaluation of the Economic Effect of Climate Change on Rice Production in Japan: The Case of Koshihikari
Yukinaga Nishihara, Daisuke Takahashi, Shin Fukui, Ryuhei Yoshida, Emi Tamaki
Proceedings of 30th International Conference of Agricultural Economists, Vancouver, Canada, July 28-August 2, (2018)      2018年7月   [査読有り]
VR/ARコントローラのための研究開発(Article)
玉城絵美, 岩崎健一郎
人間生活工学      2018年3月
手指の深部感覚を指示するゲームコントローラー
玉城絵美、岩崎健一郎
狙いどおりの触覚・触感をつくる技術 第4章 3節      2017年11月
UnlimitedHand: Touch and the Game World (poster session)
Ken Iwasaki and Emi Tamaki
International Symposium on Intelligent Functional Reconstruction of the Hand(IFRH)      2017年4月   [査読有り]
Emi Tamaki, Terence Chan and Ken Iwasaki
Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology(ACM UIST2016) Demo, printing      2016年10月   [査読有り]
Too(th) Graph:ブラッシング時における歯ブラシの動体解析とその可視化
平場吉揮, 岩崎健一郎, 玉城絵美
IPSJ インタラクション 2015, インタラクティブ発表(ポスターとデモ), 情報処理学会      2015年   [査読有り]
BOWING PENGUIN: 電話機付属型ジェスチャー伝達装置
堺 崇行,岩崎 健一郎,玉城 絵美
IPSJ インタラクション 2014, インタラクティブ発表(ポスターとデモ), 情報処理学会      2014年   [査読有り]
Wearable Music Performer: 上半身の運動による音楽生成
木下 凌一,玉城 絵美,岩崎 健一郎
IPSJ インタラクション 2014, インタラクティブ発表(ポスターとデモ), 情報処理学会      2014年   [査読有り]
Emi Tamaki and Ken Iwasaki
Proceedings of the 2014 annual conference on Human factors in computing systems(ACM CHI2014) Work-in-Progress, Poster, Canada, ACM   (6) 1447-1452   2014年   [査読有り]
Augmenting Emotion with Real Time Biofeedback: A Pilot Study
Ken Iwasaki, Emi Tamaki, Carson Reynolds and Masatoshi Ishikawa
MINDCARE2014      2014年   [査読有り]
Human–Computer Interactionのための手の運動制御とその応用
玉城 絵美
日本基礎心理学会   33(1)    2014年   [査読有り]
Gesture nail: wireless hand gesture system
Emi Tamaki, Ken Iwasaki
IJCSEA   3(5)    2013年10月   [査読有り]
Katsufumi Matsui, Kazunori Ogasawara, Emi Tamaki and Ken Iwasaki
Augmented Human 2013(AH2013), Proceedings of the 4th Augmented Human International Conference, ACM   (4) 77-80   2013年   [査読有り]
Emi Tamaki and Jun Rekimoto
SIGGRAPH2012 Demo, ACM      2012年   [査読有り]
Emi Tamaki and Jun Rekimoto
World Haptics Conference(WHC2011) Demo, Istanbul, Turkey, IEEE      2011年   [査読有り]
Emi Tamaki, Takashi Miyaki, and Jun Rekimoto
Proceedings of the 2011 annual conference on Human factors in computing systems(ACM CHI2011) Vancouver, BC, Canada, ACM   543-552   2011年   [査読有り]
インタラクションシステムのための高精度な3次元ハンドジェスチャ認識法
玉城絵美, 味八木崇, 暦本純一
情報処理学会論文誌   5(2) 229-239   2010年2月   [査読有り]
PossessedHand: A Hand Gesture Manipulation System using Electrical Stimuli
Emi Tamaki, Takashi Miyaki, and Jun Rekimoto
Proceedings of the 1st Augmented Human International Conference(AH2010) Megeve, France,   2:1-2:5   2010年   [査読有り]
Emi Tamaki, Takashi Miyaki, and Jun Rekimoto
Proceedings of the International Conference on Advanced Visual Interfaces 2010(AVI2010) Demo, Roma, Italy, ACM   387-388   2010年   [査読有り]
PossessedHand: 電気刺激を用いた人体手形状の直接制御システム
玉城絵美, 味八木崇, 暦本純一
インタラクション2010論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ   2010(4) 231-234   2010年   [査読有り]
玉城 絵美
Proceedings of the fourth international conference on Tangible, embedded, and embodied interaction(ACM TEI2010) Graduate Student Consortium, Poster, Cambridge, MA, USA, ACM   321-322   2010年   [査読有り]
Emi Tamaki, Takashi Miyaki, and Jun Rekimoto
Proceedings of the 2009 annual conference on Human factors in computing systems (ACM CHI2009) Work in Progress, Poster, Boston, MA, USA, ACM   4255-4260   2009年   [査読有り]
Kiyoshi Hoshino, Motomasa Tomida and Emi Tamaki
ACM SIGGRAPH 2008 New Tech Demos   (11)    2008年   [査読有り]
Kiyoshi Hoshino and Emi Tamaki
Proceedings of the 33rd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2007), Taipei, Taiwan, IEEE   33 2876-2881   2007年   [査読有り]
3D Copycat hand with wrist motions Robot hand imitating human motions at high speed and with high accuracy
Emi Tamaki and Kiyoshi Hoshino
Proceedings of the 8th International Conference on Intelligent Technologies(InTech’07), Sydney, Commonwealth of Australia,   8 1-6   2007年   [査読有り]
Kiyoshi Hoshino , Emi Tamaki, and Takanobu Tanimoto
Advanced Robotics   21(15) 1743-1761   2007年   [査読有り]
玉城絵美, 星野聖
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   12(4) 471-478   2007年   [査読有り]
Emi Tamaki and Naruaki Toma
Springer Artificial Life and Robotics   12(1-2) 210-213   2007年   [査読有り]
Color system for skin color extraction
Emi Tamaki and Naruaki Toma
Proceedings of the 11th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2006)   (9) 1-4   2006年   [査読有り]

Misc

 
Emi Tamaki, Jun Rekimoto
IEEE Computer   44(15) 84-86   2011年
辻田眸, 玉城絵美, 岩崎健一郎
コンピュ-タソフトウェア   27(1) 67-72   2010年2月
玉城絵美
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   10(4)    2008年12月
冨田元将, 森大祐, 玉城絵美, 星野聖
情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]   2007(87) 207-210   2007年9月
弾性体を用いた圧力センサは,薄くて柔らかい性質を持つことから,人の皮膚のような圧力センサを作ることが可能である.しかし,人の皮膚は力の位置,大きさ,角度を測定することができるが,これまでの弾性体を使った光学式圧力センサでは入射角度を測定できなかったり,分解能が不十分であった.そこで本研究では,薄い弾性体を用いて,カメラで弾性体の変形を測定することで物体の入射位置,力の大きさ,入射角度を高分解能で推定できる圧力センサを試作した.
玉城絵美, 星野聖
情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]   2007(87) 201-202   2007年9月
実用的な手指形状推定システムを構築するための知見を獲得するため,ヒトが手指の形状を理解する場合に用いる視覚的手掛かりを実験的に検討した.本研究では,とくに手の皺,爪,皮膚の色に注目した.実験ではまず,各被験者が手の画像の形状を認識できる最小の提示時間が測定され,決定された.次に,3種類の視覚的手掛かりのうちの1つが強調,抑制,あるいは解剖学的矛盾を伴って付け加えられた手の静止画像が提示された.被験者は,観視した手の形状を答えるように求められた.実験の結果,3種類の視覚的手掛かりにおける関与...
玉城絵美, 星野聖
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   107(207) 203-206   2007年8月
弾性体を用いた光学式の圧力センサは,使用する材料の性質のため,ヒトの皮膚と同じように薄くて柔らかい圧力センサを構成できる可能性を持っている.しかし,局所の歪みの移動や大きさに関する情報だけでは,正確な水平荷重の算出が十分に行えない.そこで本研究では,水平荷重が作用する方向の歪み分布密度が高くなる性質を利用し,3次元上の外力分布を推定できるアルゴリズムについて検討を行った.すなわち,歪みの分布から,外力の大きさ,接触点,検出面に垂直な分布荷重と水平方向の分布荷重を算出する弾性体の歪-外力モデ...
玉城絵美, 星野聖
電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   107(179) 59-62   2007年7月
ロボットが人の介助を行うためには,人の動作を認識したり再現したりしなければならない.そのような動作を生み出す部位の中で,手指は複雑な多関節構造であり,特に手首動作を含んだ手指の形状推定は難しいものとされている。本研究では,爪の位置と輪郭の特徴量と関節角度のデータベースを作成し,その爪の位置と輪郭の特徴量の近似値を検索して関節角度を出力する3次元の手指形状推定システムを構築した.評価実験の結果,100fpsの高速性と,関節角度推定の標準偏差が6.53度であった高精度な推定結果を確認した.
玉城絵美, 星野聖
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 = Transactions of the Virtual Reality Society of Japan   12(4) 471-478   2007年
星野聖, 玉城絵美
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   107(332) 55-60   2007年11月
The authors developed a method enabling to search similar images at high speed, with high accuracy, and in uniform processing time even in the case of use of a large-scale database, by clustering databases with about uniform numbers of data throug...
玉城絵美, 星野聖
映像情報メディア学会技術報告   31(38) 59-62   2007年8月
星野聖, 玉城絵美, 谷本貴頒
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   106(410) 45-50   2006年
Three conditions at least should be satisfied when you try to control a dexterous robot hand according to the result of human hand posture estimation: the estimation accuracy should be high enough to generate the same motions as those of the human...

講演・口頭発表等

 
未来をつくるリケジョたち! [招待有り]
玉城 絵美
未来館 日立財団   2016年   
Research, Invention and Startup+産業創出のための教育と現場調査 [招待有り]
玉城 絵美
琉球銀行, 那覇市   2016年   
米国ワシントンとボストン各所で講演 [招待有り]
玉城 絵美
(ワシントン大学, Nintendo U.S., DigiPen, MIT, MARL, 領事館主催イベントにて講演, 講義とワークショップ開催)   2016年   
UnlimitedHand: AI SDK for Sensing and Haptic feedback
玉城 絵美
東京ゲームショウ 2016   2016年   
UnlimitedHand
玉城 絵美
GDC2016(Game Developer Conference)   2016年   
Research, Invention and Startup 研究, 発明と起業 [招待有り]
玉城 絵美
沖縄県発明協会   2015年11月   
UnlimitedHand: Enjoy touching and feeling
玉城 絵美
Tech Crunch SF 2015   2015年   
究極のひきこもりシステム-身体感覚と触覚の伝達- [招待有り]
玉城 絵美
人間工学会   2015年   
クリエイティブにいかす先端科学入門 [招待有り]
玉城 絵美
ワイアードゼミナール   2014年   
情報伝達のための手の運動制御とその応用 [招待有り]
玉城 絵美
日本基礎心理学会 第32回 大会 (招待講演後の論文)   2013年   
UnlimitedHand [招待有り]
玉城 絵美
AXISキヤノン 知見セミナー 講演会   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
外出困難者が他者やロボットと感覚共有し擬似的に外出する ARシステムの確立と社会的普及
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) さきがけ: 
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 玉城 絵美
直感的な操作のための3次元ジェスチャ認識ライブラリの開発
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構,未踏人材育成事業 本体: 
研究期間: 2008年       代表者: 玉城 絵美

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
IPSJ HCI研究会  幹事
 
2014年4月
 - 
現在
プロトタイピング協会  副会長
 
2014年4月
 - 
現在
IPSJ UBI研究会  運営委員
 
2014年1月
 - 
2015年1月
IPSJ インタラクション2014-2015  インタラクティブ委員
 
2015年12月
 - 
2015年12月
VR学会 超人スポーツ学術会議  実行委員長
 
2014年4月
 - 
2015年3月
IPSJ HCI研究会  運営委員
 

社会貢献活動

 
政府・行政委員会委員
【運営参加・支援】  内閣府, 科学技術イノベーション政策推進専門調査会  委員  2016年4月 - 現在
政府・行政委員会委員
【運営参加・支援】  経済産業省, 産業構造審議会, 産業技術環境分科会, 研究開発・イノベーション小委員会 委員  2015年12月 - 現在
WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016
【取材協力】  WIRED  2016年5月
広がる仮想現実利用 医療や工場の現場でも実用化進む
【取材協力】  日本経済新聞  2016年4月
外務省 日本ブランド発信事業 専門家
【講師】  米国ワシントンとボストン訪問(ワシントン大学, Nintendo U.S.,   DigiPen, MIT, MARL,領事館主催イベントにて講義とワークショップ開催)  2016年3月
デジタル•ディスラプションにどう向き合うか
【取材協力】  日本経済新聞32面  2015年12月
SENSORS(UnlimitedHand)
【取材協力】  日本テレビ  2015年10月
ワイドナショー(UnlimitedHand)
【取材協力】  フジテレビ  2015年9月
「世界の発明50」に選出 30代リケジョが仕掛ける夢
【取材協力】  日本経済新聞  2014年12月
人の手をコンピュータで自在に動かす
【取材協力】  Forbes JAPAN  2014年7月
夢の扉+
【出演】  TBS  2014年1月
人の手を外部から操作する「PossessedHand」とHack Lifeのススメ
【取材協力】  fabcross  2014年1月
ウエアラブル元年 ロボットを着こなす日
【取材協力】  日本経済新聞  2013年12月
H2L、人の手指をコンピュータ制御するシステム -東大女性研究員が製品化-
【取材協力】  Venture Now  2013年3月
米TIME誌の注目!人の手を「ロボットハンド化」する『PossessedHand』が拓く未来とは?
【取材協力】  【連載:NEOジャネ!】エンジニアtype  2013年3月
New generation of Japanese entrepreneurs sets sights on Silicon Valley
【その他】  San Jose Mercury  2012年11月
メディアによる研究報道
The 50 Best Inventions
【その他】  TIME誌  2011年11月
メディアによる研究報道
企業等との受託研究・連携実績と研究成果の実用化
【その他】
PossessedHand, 販売開始, H2L,Inc., 2012〜. 企業大学との連携多数
SmartNail, Amazon.co.jp, H2L, Inc., 2014〜.
UnlimitedHand, 米国KickStarter, 2015年9月〜2015年11月.
UnlimitedHand(開発者限定版), Amazon.com, Amazon.co.jpその他, 2016年〜. 企業大学との連携多数