西谷 雄大

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/06 15:50
 
アバター
研究者氏名
西谷 雄大
 
ニシタニ ユウダイ
eメール
m.yudai.rsci.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院総合化学院
その他の所属
物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム

プロフィール

所属する研究室では、分光学的手法を用いて、生体内に重要なタンパク質の構造に基づく機能解析を取り組んでいる。そのなかでも哺乳類の細胞内鉄制御タンパク質であるIron Regulatory Protein (IRP)に着目し、その構造、機能解析を通した細胞内での鉄代謝機構の解明を目指している。

所属の物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラムでは、以下のカリュキュラムを履修しています。
・企業セミナー(2014年9月17日 旭化成ケミカルズ, 2014年9月24日 住友化学)
・異分野ラボビジット(2014年11月-12月 環境科学院 ナノ環境材料コース 小西研究室)
・海外語学研修(2015年3月 オーストラリア シャフストンインターナショナルカレッジ)
・ファシリテーション講習会(2015年6月 北海道大学)
・海外サマースクール(2015年7月 オランダ ユトレヒト大学)

研究分野

 
 

学歴

 
2014年10月
 - 
現在
物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム  
 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 総合化学院 
 
2010年4月
 - 
2014年3月
北海道大学  理学部 
 

受賞

 
2015年11月
The 3rd International Symposium on AMBITIOUS LEADER’S PROGRAM Fostering Future Leaders to Open New Frontiers in Materials Science ポスター賞 Mechanism of Heme-dependent ROS generation and Oxidative Modification in Iron Regulatory Protein 2 (IRP2)
 
2014年6月
第24回金属の関与する生体関連シンポジウム ポスター賞 ヘム依存性酸化修飾による鉄代謝制御タンパク質IRP2の機能制御機構
 

講演・口頭発表等

 
Mechanism of Heme-dependent Oxidative Modification in Iron Regulatory Proteins 2 (IRP2)
Nishitani,Yudai; Takeda,Yukiko; Uchida,Takeshi; Iwai,Kazuhiro; Ishimori,Koichiro;
Hokkaido University - University of Strasbourg Joint Workshop by Graduate Students   2015年2月10日   
Mechanism of Heme-dependent Oxidative Modification in Iron Regulatory Proteins 2 (IRP2)
Nishitani,Yudai; Takeda,Yukiko; Uchida,Takeshi; Iwai,Kazuhiro; Ishimori,Koichiro;
17th SNU-HU Joint Satellite Session   2014年11月   
鉄代謝制御タンパク質IRP2におけるヘム依存性酸化修飾機構
西谷 雄大
第87回日本生化学会大会   2014年10月   
鉄代謝制御タンパク質IRP2の機能発現におけるヘム依存性酸化修飾機構
西谷 雄大
北海道支部2014年夏季研究発表会   2014年7月12日   
ヘム依存性酸化修飾による鉄代謝制御タンパク質IRP2の機能制御機構
西谷 雄大
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム   2014年6月