Ikuo Homma

J-GLOBAL         Last updated: Jan 11, 2019 at 09:42
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Tsukada S, Masaoka Y, Yoshikawa A, Okamoto K, Homma I, Izumizaki M
The journal of physiological sciences : JPS      Apr 2016   [Refereed]
Sugita T, Kanamaru M, Iizuka M, Sato K, Tsukada S, Kawamura M, Homma I, Izumizaki M
Respiratory physiology & neurobiology   209 23-27   Apr 2015   [Refereed]
Takayama M, Yajima H, Kawase A, Homma I, Izumizaki M, Takakura N
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2015 152086   2015   [Refereed]
Masaoka Y, Harding IH, Koiwa N, Yoshida M, Harrison BJ, Lorenzetti V, Ida M, Izumizaki M, Pantelis C, Homma I
Respiratory physiology & neurobiology   204 71-77   Dec 2014   [Refereed]
Hakuta N, Izumizaki M, Kigawa K, Murai N, Atsumi T, Homma I
Experimental brain research   232(7) 2197-2206   Jul 2014   [Refereed]
Masaoka Y, Izumizaki M, Homma I
Progress in brain research   209 367-377   2014   [Refereed]
Kanamaru M, Sugita T, Homma I
Experimental brain research   230(4) 547-554   Oct 2013   [Refereed]
Yajima H, Takayama M, Kawase A, Takakura N, Izumizaki M, Homma I
Medical acupuncture   25(4) 269-274   Aug 2013   [Refereed]
Masaoka Y, Pantelis C, Phillips A, Kawamura M, Mimura M, Minegishi G, Homma I
Neuroscience letters   549 182-185   Aug 2013   [Refereed]
[Mechanisms underlying the improvement of arterial oxygenation using positive end-expiratory pressure during surgery under sevoflurane anesthesia and propofol anesthesia: a retrospective clinical study].
Kawamura G, Kitamura T, Homma I, Yamada Y
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   62(6) 652-659   Jun 2013   [Refereed]
Ohashi S, Izumizaki M, Atsumi T, Homma I
Respiratory physiology & neurobiology   186(2) 155-163   Apr 2013   [Refereed]
Iwase M, Izumizaki M, Tsuchiya N, Homma I
Experimental physiology   98 491-500   Feb 2013   [Refereed]
Izumizaki M, Iwase M, Tsuchiya N, Homma I
Respiratory physiology & neurobiology   185 319-331   Jan 2013   [Refereed]
Masaoka Y, Takayama M, Yajima H, Kawase A, Takakura N, Homma I
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2013 921802   2013   [Refereed]
Tsuge M, Izumizaki M, Kigawa K, Atsumi T, Homma I
Experimental brain research. Experimentelle Hirnforschung. Experimentation cerebrale   223 541-551   Dec 2012   [Refereed]
Tanabe A, Onimaru H, Suzuki H, Takeyama Y, Homma I
Autonomic neuroscience : basic & clinical   171 36-40   Nov 2012   [Refereed]
Masaoka Y, Sugiyama H, Katayama A, Kashiwagi M, Homma I
Neuroscience letters   521 98-103   Jul 2012   [Refereed]
NOGUCHI Kengo,MASAOKA Yuri,SATOH Kanako,KATOH Nobumasa,HOMMA Ikuo
Showa Univ J Med Sci   24(1) 69-75   Mar 2012
MINEGISHI Genshin,MASAOKA Yuri,SATOH Kanako,SHIMIZU Hideyuki,MIMIRA Masaru,KATOH Nobumasa,HOMMA Ikuo
Showa Univ J Med Sci   24(1) 51-58   Mar 2012
KASAI Hideyo,MASAOKA Yuri,KURODA Takeshi,SATOH Kanako,KAWAMURA Mitsuru,HOMMA Ikuo
Showa Univ J Med Sci   24(1) 43-50   Mar 2012
Tsuchiya N, Iwase M, Izumizaki M, Homma I
Experimental physiology   97 228-238   Feb 2012   [Refereed]
Ohshima Y, Iwase M, Izumizaki M, Nakayama H, Narita I, Homma I
The journal of physiological sciences : JPS   61 73-82   Mar 2011   [Refereed]
SASAKI Miki,OIZUMI Reito,HOMMA Ayako,MASAOKA Yuri,IIJIMA Masafumi,HOMMA Ikuo
Showa Univ J Med Sci   23(1) 59-65   Mar 2011

Misc

 
治療の進歩 呼吸と情動
本間 生夫
Annual Review呼吸器   2016 197-204   Jan 2016
呼吸は生きるために必要な機能であるが,同時に様々な内的・外的環境に適応する呼吸機能が存在する.内的には情動変化により呼吸は変わり,その呼吸を制御する中枢は大脳辺縁系にある.大脳辺縁系の中の扁桃体は情動の第一次中枢であるが,扁桃体でも梨状葉を介して呼吸リズムが作られている.ネガティブな情動の中でも不安は誰でも感じる不快情動であるが,不安により呼吸数は増大し,不安度との間に正の相関が認められる.扁桃体では呼吸と感情が同期して作られており,呼吸を変えることでネガティブな情動を和らげることができる...
呼吸機能と健康
本間 生夫
日本東洋医学系物理療法学会誌   40(2) 1-9   Dec 2015
呼吸パターンの違いが不安感に及ぼす影響
加藤 明恵, 高橋 康輝, 木村 健, 宮下 拓麻, 本間 生夫
体力科学   64(6) 574-574   Dec 2015
【ケア】 呼吸による心身のケア
本間 生夫
生存科学   26(1) 35-40   Sep 2015
呼吸神経生理学からみた呼吸困難感改善策
本間 生夫
日本呼吸器学会誌   4(増刊) 82-82   Mar 2015
心身と呼吸
本間 生夫
慈大呼吸器疾患研究会誌   27(1) 8-14   Mar 2015
呼吸の調節中枢は延髄、橋にあり、呼吸性ニューロンはある程度密集して存在している。大脳辺縁系の中の扁桃体には呼吸リズムが有り、情動の変化と同期している。感情の変化は呼吸の変化を伴うが、呼吸が変化すると感情も変化する。不安などネガティブな情動を和らげるために呼吸法が有効であり、なかでもシクソトロピー呼吸筋ストレッチ体操は肺機能改善と呼吸困難感軽減のためにも有効な呼吸法である。呼吸中枢、呼吸筋、呼吸筋の性質と感覚、情動と呼吸について述べた。
心身の健康と呼吸
本間 生夫
日本東洋医学系物理療法学会誌   40(1) 13-13   Feb 2015
ダブル(術者-患者)ブラインド用接触プラセボ鍼および非接触プラセボ鍼を用いた鍼治療の臨床試験におけるブラインド効果の検討
高山 美歩, 矢嶌 裕義, 川瀬 明子, 本間 生夫, 泉崎 雅彦, 高倉 伸有
昭和学士会雑誌   74(5) 602-603   Oct 2014
太極拳による調心、調息効果
楊 玲奈, 赤井 利奈, 楊 慧, 木村 弘, 本間 生夫
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   24(Suppl.) 214s-214s   Sep 2014
心身のトータルケアをめざした呼吸ケア 呼吸困難に対する呼吸ケア
本間 生夫
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   24(Suppl.) 103s-103s   Sep 2014
本間 生夫
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   24(Suppl.) 87s-87s   Sep 2014
【感情を科学する】 身体と感情
本間 生夫
最新精神医学   19(4) 287-294   Jul 2014
呼吸器疾患とアンチエイジング 肺機能改善とアンチエイジング
本間 生夫
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   14回 231-231   Jun 2014
乳幼期ラットの背内側延髄5-HT1A受容体を介した速やかな高炭酸ガス換気・気道応答
松平 真悟, 金丸 みつ子, 飯塚 眞喜人, 本間 生夫, 泉崎 雅彦
昭和学士会雑誌   74(3) 364-365   Jun 2014
情動と呼吸
本間 生夫
LiSA 別冊   21(別冊'14) 64-72   May 2014
呼吸リハ 呼吸筋ストレッチ体操の効果
本間 生夫
難病と在宅ケア   20(2) 62-66   May 2014
健常人におけるシクソトロピーストレッチの効果についての検討
北島 尚昌, 赤井 利奈, 小野 伸一郎, 羽間 大祐, 松木 隆典, 石島 見佳子, 井上 大生, 高松 和史, 糸谷 涼, 石床 学, 丸毛 聡, 櫻本 稔, 本間 生夫, 福井 基成
日本呼吸器学会誌   3(増刊) 127-127   Mar 2014
高次機能と呼吸 情動と呼吸
本間 生夫, 政岡 ゆり
日本生理学雑誌   76(1) 27-28   Jan 2014
Breathing World
本間 生夫
昭和学士会雑誌   73(5) 403-410   Oct 2013
運動準備電位のLORETA解析(注目領域内の平均起電力推定)
渡辺 皓太, 岡本 良夫, 小岩 信義, 本間 生夫
臨床神経生理学   41(5) 451-451   Oct 2013

Books etc

 
Mary Kathleen Rose (Part:Joint Translation)
医道の日本社   Feb 2011   ISBN:4752930919
Robert G. Carroll (Part:Joint Translation)
東京化学同人   Dec 2010   ISBN:4807916440
Annual Oxford Conference on Modeling and Control of Breathing, 本間 生夫, 鬼丸 洋, 福地 義之助
Springer   2010   ISBN:9781441956910
塩田 清二, 本間 生夫, 加藤 進昌
Springer   2009   ISBN:9784431990383
I.Homma, S.Shioda
シュプリンガー・フェアラーク東京   Apr 2006   ISBN:4431287744
医薬ジャーナル社   Jan 2005   ISBN:4753221091
メジカルビュー社   Sep 2003   ISBN:4758303126
Cherniack Neil S., Altose Murray D., 本間 生夫
McGraw-Hill, Health Professions Division   1999   ISBN:0070116490
春木 豊, 本間 生夫 (Part:Joint Work)
朝日新聞社   Apr 1996   ISBN:402222004X
本間生夫
医学教育出版社   Jun 1987   ISBN:4871630684