荒木 典子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/23 11:11
 
アバター
研究者氏名
荒木 典子
所属
首都大学東京
部署
人文科学研究科
職名
准教授
学位
博士(文学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
首都大学東京 人文社会学部人文学科 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
大東文化大学 外国語学部 助教
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学 文学研究科 中国語・中国文学専攻博士課程
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本中国語学会  関東支部評議員
 

受賞

 
2016年10月
公益財団法人渥美国際交流財団 第3回アジア未来会議優秀論文賞
 

論文

 
『金瓶梅』の改訂、翻訳における特殊語彙の処理―“雌牙”,“雌飯”,“雌漢子”を例として
荒木 典子
水門の会特刊叢書 言語の研究   20-30   2018年12月
武蔵大学蔵《有圖満漢西廂記》について
荒木 典子
中国語研究   (60) 13-23   2018年10月   [査読有り]
『満漢並香集』訳注(一)
荒木 典子
首都大学東京人文科学研究科『人文学報』   (513) 21-40   2018年3月
『通俗平妖伝』に見られる指示詞“這”、“那”について
荒木 典子
首都大学東京人文科学研究科『人文学報』   (512) 1-16   2017年3月
康煕47年刊『満文金瓶梅』繙訳底本特定の試み
荒木 典子
水門 言葉と歴史   (27) 61-73   2016年11月

Misc

 
学会展望(語学)
松江崇 荒木典子 池田晋 今井俊彦
日本中国学会報   (67) 64-77   2015年10月

講演・口頭発表等

 
『満漢西廂記』の関連作品について
荒木 典子
第四回清代言語接触研究会   2018年12月22日   
『満漢西廂記』の諸本について
荒木 典子
第三回清代言語接触研究会   2018年7月21日   
武蔵大学蔵《有圖満漢西廂記》について
荒木 典子
中国近世語学会   2018年5月26日   
『満文金瓶梅』の語彙について
荒木 典子
水門の会・東京例会   2018年3月3日   

競争的資金等の研究課題

 
17世紀から19世紀における東アジア言語政策の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 荒木 典子