堀川大樹

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/14 17:11
 
アバター
研究者氏名
堀川大樹
通称等の別名
クマムシ博士
ハンドル
horikawad
eメール
horikawaddgmail.com
URL
http://d.hatena.ne.jp/horikawad/
所属
慶応義塾大学
職名
特任講師
学位
Ph.D(北海道大学)
Twitter ID
https://twitter.com/horikawad

プロフィール

クマムシ研究者。専門は極限環境生物学、乾燥生物学、宇宙生物学、放射線生物学。
主な業績は、クマムシの放射線耐性解析や本生物種の実験システム確立など。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任講師
 
2014年10月
 - 
2015年8月
慶応義塾大学 SFC研究所 上席所員
 
2011年4月
 - 
2014年4月
Paris University 5 / INSERM Postdoctoral Research Fellow / AXA Research Fund Fellow
 
2008年6月
 - 
2010年6月
NASA Ames Research Center NASA Postdoctoral Program Fellow
 
2008年4月
 - 
2008年5月
東京大学大学院理学系研究科 産学官連携研究員
 
2007年9月
 - 
2007年3月
東京工科大学応用生物学部 非常勤講師
 
2007年6月
 - 
2008年3月
東京大学大学院理学系研究科 客員共同研究員
 
2007年4月
 - 
2007年9月
北海道大学大学院環境科学研究院 博士研究員
 
2005年4月
 - 
2006年8月
日本学術振興会特別研究員 DC
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院地球環境科学研究科 博士課程   
 
2002年4月
 - 
2004年3月
北海道大学大学院地球環境科学研究科 修士課程  
 
1998年4月
 - 
2002年3月
神奈川大学理学部応用生物科学科  
 

委員歴

 
2010年1月
 - 
2011年12月
Member of the European Science Foundation Pool of Reviewers
 
2009年1月
 - 
2009年12月
Member of the European Space Agency (ESA) Reviewers
 

受賞

 
2011年4月
AXA Research Fund Research Fellowship
受賞者: Horikawa DD
 
2008年6月
NASA Astrobiology Institute Postdoctoral Program Fellowship
受賞者: Horikawa DD
 
2006年3月
NASA Astrobiology Institute Student Award in Astrobiology Science Conference 2006
受賞者: Horikawa DD
 

論文

 
Hashimoto T, Horikawa DD, Saito Y, Kuwahara H, Kozuka-Hata H, Shin-I T, Minakuchi Y, Ohishi K, Motoyama A, Aizu T, Enomoto A, Kondo K, Tanaka S, Hara Y, Koshikawa S, Sagara H, Miura T, Yokobori S, Miyagawa K, Suzuki Y, Kubo T, Oyama M, Kohara Y, Fujiyama A, Arakawa K, Katayama T, Toyoda A, Kunieda T
Nature communications   7 12808   2016年9月   [査読有り]
堀川大樹
Biodiversity Data Journal   4 e10185   2016年   [査読有り]
Tanaka S, Tanaka J, Miwa Y, Horikawa DD, Katayama T, Arakawa K, Toyoda A, Kubo T, Kunieda T
PloS one   10(2) e0118272   2015年   [査読有り]
Horikawa DD, Cumbers J, Sakakibara I, Rogoff D, Leuko S, Harnoto R, Arakawa K, Katayama T, Kunieda T, Toyoda A, Fujiyama A, Rothschild LJ
PloS one   8(6) e64793   2013年   [査読有り]
Yamaguchi A, Tanaka S, Yamaguchi S, Kuwahara H, Takamura C, Imajoh-Ohmi S, Horikawa DD, Toyoda A, Katayama T, Arakawa K, Fujiyama A, Kubo T, Kunieda T
PloS one   7(8) e44209   2012年   [査読有り]
Horikawa DD, Yamaguchi A, Sakashita T, Tanaka D, Hamada N, Yukuhiro F, Kuwahara H, Kunieda T, Watanabe M, Nakahara Y, Wada S, Funayama T, Katagiri C, Higashi S, Yokobori S, Kuwabara M, Rothschild LJ, and Okuda T, Hashimoto H, Kobayashi Y
Astrobiology   12(4) 283-289   2012年4月   [査読有り]
Johnson AP, Pratt LM, Vishnivetskaya T, Pfiffner S, Bryan RA, Dadachova E, White L, Radtke K, Chan E, Tronnick S, Borgonie G, Mancinelli R, Rotshchild L, Rogoff D, Horikawa DD, Onstott TC
211 1162-1178   2011年   [査読有り]
Horikawa DD, Iwata K, Kawai K, Koseki S, Okuda T, Yamamoto K
Zoological science   26(3) 238-242   2009年3月   [査読有り]
Horikawa DD
宇宙生物科学   22(3) 93-98   2009年   [査読有り]
Horikawa DD, Kunieda T, Abe W, Watanabe M, Nakahara Y, Yukuhiro F, Sakashita T, Hamada N, Wada S, Funayama T, Katagiri C, Kobayashi Y, Higashi S, Okuda T
Astrobiology   8 549-556   2008年6月   [査読有り]
Watanabe M, Nakahara Y, Sakashita T, Kikawada T, Fujita A, Hamada N, Horikawa DD, Wada S, Kobayashi Y, Okuda T
Journal of insect physiology   53 573-579   2007年6月   [査読有り]
Watanabe M, Sakashita T, Fujita A, Kikawada T, Nakahara Y, Hamada N, Horikawa DD, Wada S, Funayama T, Kobayashi Y, Okuda T
International journal of radiation biology   82 835-842   2006年12月   [査読有り]
Horikawa DD, Sakashita T, Katagiri C, Watanabe M, Kikawada T, Nakahara Y, Hamada N, Wada S, Funayama T, Higashi S, Kobayashi Y, Okuda T, Kuwabara M
International journal of radiation biology   82 843-848   2006年12月   [査読有り]
Watanabe M, Sakashita T, Fujita A, Kikawada T, Horikawa DD, Nakahara Y, Wada S, Funayama T, Hamada N, Kobayashi Y, Okuda T
International journal of radiation biology   82 587-592   2006年8月   [査読有り]
Horikawa DD, Higashi S
Zoological science   21(8) 813-816   2004年8月   [査読有り]

Misc

 
堀川大樹
生物工学会誌   93(4) 193-195   2015年4月   [依頼有り]
堀川 大樹
Kotoba : 多様性を考える言論誌   (19) 122-125   2015年   [依頼有り]
堀川大樹
放射線生物研究   48(3) 256-266   2013年9月   [依頼有り]
堀川 大樹
科学   82(7) 705-707   2012年7月   [依頼有り]
地球最強の動物クマムシと人類
堀川大樹
Kotoba   8 110-111   2012年   [依頼有り]
堀川 大樹, 阿部 渉, 荒川 和晴, 会津智幸,片山俊明,國枝武和,鈴木 忠,豊田 敦
細胞工学   31(11) 1278-1280   2012年   [依頼有り]
堀川大樹
極限環境微生物学会誌   7(2) 25-28   2008年12月   [依頼有り]
堀川大樹, 川井清司, 野須一志, 松尾勇侍, 梶原一人
低温生物工学会誌   54(2) 173-176   2008年12月   [依頼有り]
堀川大樹
日本原子力研究開発機構JAEA-Review   37-40   2008年2月
高い放射線耐性をもつ動物「クマムシ」
堀川大樹
東京大学アイソトープ総合センターニュース   38(3) 2-4   2007年
堀川大樹
低温生物工学会誌   52(1) 61-65   2006年8月   [依頼有り]
堀川大樹, 片桐千ひろ, 桑原幹典
日本原子力研究所JAERI-Conf   189-194   2005年9月

書籍等出版物

 
堀川 大樹
東海大学出版部   2015年6月   ISBN:4486019962
パワー・エコロジー
堀川大樹 (担当:共著, 範囲:いじめに一番強いモデル動物 ヨコヅナクマムシ)
海游舎   2013年   
極限環境生物の産業展開
堀川大樹
シーエムシー出版   2012年   
Survival of tardigrades in extreme environments: a model animal for astrobiology. In: Cellular Origin, Life in Extreme Habitats and Astrobiology – Anoxia: Paleontological Strategies and Evidence for Eukaryote Survival
Horikawa DD (Altenbach AV, Bernhard JM & Seckbach J, eds)
Springer, Berlin   2011年   
耐性の昆虫学
堀川大樹
東海大学出版会   2008年   
Diversity of Tardigrada. In: Biodiversity In Agricultural Production Systems
Seki K, Horikawa DD (Benckiser G, Schnell S, eds) (担当:共著)
2006年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
耐性動物・クマムシにおけるDNA損傷の修復機構の解明
日本原子力研究開発機構: 黎明研究
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 堀川大樹
クリプトビオシス状態時のクマムシにおける放射線耐性機構の解明
日本原子力研究開発機構: 黎明研究
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 堀川大樹