堀沙耶香

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 09:58
 
アバター
研究者氏名
堀沙耶香
通称等の別名
(戸籍名は若林沙耶香。研究上は通称の堀沙耶香を使用しています)
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20470122
所属
東京女子医科大学
部署
医学部 第二生理学教室
職名
助教
学位
博士(理学)

プロフィール

 2010年より、『逃避行動の神経回路を作る分子基盤の解析』に取り組んでいます。

 神経細胞やシナプスの発生異常は精神・神経疾患の素因であり、研究成果の社会還元が期待されています。本研究は、介在ニューロンの神経・シナプス発生における最も根本的な分子機構を明らかにし、ヒトを含む高等動物の複雑な神経回路網形成の解明への足がかりを作ることを大目標としています。

 基本的な神経回路網は遺伝子で規定され、その後、環境要因を含めて神経活動依存的に編成されます。本研究は、全ての神経発生リネージが明らかで、全シナプス結合が同定されている唯一のモデル生物、線虫 C. elegans をモデルとし、チャネルロドプシン2(ChR2)による光刺激誘発行動を指標に、介在ニューロンにおける逃避行動の回路発生の分子機構の機能解析を行います。青色光で発現神経を刺激できる ChR2 を侵害刺激受容神経(ほ乳類の痛み感覚神経)だけに発現させることで、局所回路だけを解析できます。線虫では、1992年には運動神経シナプス発生に必要な転写因子unc-4 が同定されています。後にホモログのマウス脳発生と拒食症への関与が示され、ヒトの疾患との関連が示唆されました。unc-4 だけで全シナプスが規定されるとは考えにくく、本研究で新規因子が同定される可能性は非常に高いと期待されます。

専門は動物行動神経学、分子生物学です。変わった経歴を持ちます。薬学部を卒業し薬剤師免許を持ちますが、博士号は理学。ポスドク時代は複合新領域(ゲノム科学)に携わり、現職は医学部助教。生物の行動を、ミクロ(ゲノム、遺伝子、細胞)からマクロ(個体、環境、相互作用)、時間軸(地球史、進化)まで繋げて考えたいと思っています。

東京女子医科大学では「若林沙耶香」として登録されていますが、研究上は「堀沙耶香」を使用しています。

経歴

 
2010年1月
 - 
現在
東京女子医科大学 医学部 第二生理学教室 助教
 
2007年10月
 - 
2009年12月
海洋研究開発機構 極限環境生物圏研究センター(海洋・極限環境生物圏領域) ポストドクトラル研究員
 
2007年4月
 - 
2007年10月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 細胞生理化学研究室 産学官連携研究員
 
2007年3月
   
 
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 博士課程修了 博士(理学)
 
2004年3月
   
 
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 修士課程修了
 
2002年3月
   
 
東京大学 薬学部 卒業、薬剤師免許取得
 
1998年4月
   
 
東京大学 教養学部 理科II類 入学
 

研究分野

 
 

論文

 
Novel deletion alleles of a C. elegans gene Y48E1C.1, named as tm5468, tm5625 and tm5626
Hori, S; Suehiro, Y; Yoshina, S; Mitani S
Micropublication      2017年   [査読有り]
ラットの坐骨神 経と下肢骨格筋を用いた容積導体と神経―骨格 筋間の信号伝達機構を学ぶ実習
末廣 勇司,榊 建二郎, 吉名佐和子,堀 沙耶香,出嶋 克史,岩田 悟,三谷 昌平
日本生理学会雑誌   79(3) 44-48   2017年6月   [査読有り]
Novel deletion alleles of a C. elegans gene Y73E7A.1, named as tm6429 and tm6475. Micropublication
Suehiro, Y; Yoshina, S; Hori, S; Mitani, S.
Micropublication      2017年   [査読有り]
Novel deletion alleles of a C. elegans gene C38D4.9, named as tm4476 and tm4561.
Yoshina S; Hori, S; Suehiro, Y; Mitani, S
Micropublication      2017年   [査読有り]
The DEG/ENaC cation channel protein UNC-8 drives activity-dependent synapse removal in remodeling GABAergic neurons.
Miller-Fleming TW, Petersen SC, Manning L, Matthewman C, Gornet M, Beers A, Hori S, Mitani S, Bianchi L, Richmond J, Miller DM.
Elife   5 e14599-e14599   2016年7月   [査読有り]
Engineering new balancer chromosomes in C. elegans via CRISPR/Cas9
Satoru Iwata, Sawako Yoshina, Yuji Suehiro, Sayaka Hori, and Shohei Mitani
Scientific Reports   6 33840   2016年9月   [査読有り]
A conditional knockout toolkit for Caenorhabditis elegans based on the Cre/loxP recombination.
Eriko Kage-Nakadai、 Rieko Imae, Yuji Suehiro, Sawako Yoshina, Sayaka Hori, Shohei Mitani
PLOS ONE   9(12) e114680   2014年12月   [査読有り]
High frequency of phylogenetically diverse reductive dehalogenase-homologous genes in deep subseafloor sedimentary metagenomes
Mikihiko Kawai, Taiki Futagami, Atsushi Toyoda, Yoshihiro Takaki, Shinro Nishi, Sayaka Hori, Wataru Arai, Taishi Tsubouchi, Yuki Morono, Ikuo Uchiyama, Takehiko Itoh, Asao Fujiyama, Fumio Inagaki, Hideto Takami
Frontiers in Extreme Microbiology   5(80) 1-15   2014年3月   [査読有り]
Novel Middle-Type Kenyon Cells in the Honeybee Brain Revealed by Area-Preferential Gene Expression Analysis
Kumi Kaneko, Tsubomi Ikeda*, Mirai Nagai*, Sayaka Hori*, Chie Umatani, Hiroto Tadano, Atsushi Ugajin, Takayoshi Nakakoka, Rajib Kumar Paul, Tomoko Fujiyuki, Kenichi Shirai, Takekazu Kunieda, Hideaki Takeuchiand Takeo Kubo
PLOS ONE   8(8) e71732   2013年8月   [査読有り]
Cody J. Smith, Timothy O’Brien, Marios Chatzigeorgiou, W. Clay Spencer, Elana Feingold-Link, Steven J. Husson, Sayaka Hori, Shohei Mitani, Alexander Gottschalk, William R. Schafer, David M. Miller
Neuron   79(2) 266-280   2013年7月   [査読有り]
Hori, S., Tsuchiya M., Nishi, S., Arai, W., Yoshida, T., and Takami H.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77(2) 381-384   2013年2月   [査読有り]
Large-Scale Screening for Targeted Knockouts in the Caenorhabditis elegans Genome
The C. elegans Deletion Mutant Consortium
Genes Genomes Genetics   2 1415-1425   2012年11月   [査読有り]
Single/low-copy integration of transgenes in Caenorhabditis elegans using an ultraviolet trimethylpsoralen method.
Kage-Nakadai E, Kobuna H, Funatsu O, Otori M, Gengyo-Ando K, Yoshina S, Hori S, Mitani S.
BMC Biotechnol.   12(1) 1   2012年1月   [査読有り]
Hori S*†, Kaneko K*, Saito T, Takeuchi H and Kubo T *equal contribution †corresponding author
Apidologie   42(1) 89-102   2011年   [査読有り]
Kaneko K, Hori S, Morimoto MM, Nakaoka T, Paul RK, Fujiyuki T, Shirai K, Wakamoto A, Tsuboko S, Takeuchi H, Kubo T
PloS one   5 e9213   2010年2月   [査読有り]
[New approach toward understanding of neural basis of the honeybee "dance communication"]
Kiya T, Hori S, Takeuchi H, Kubo T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   53 1368-1374   2008年9月   [査読有り]
Hori S, Takeuchi H, Kubo T
Journal of comparative physiology. A, Neuroethology, sensory, neural, and behavioral physiology   193 825-833   2007年8月   [査読有り]
Hori S, Takeuchi H, Arikawa K, Kinoshita M, Ichikawa N, Sasaki M, Kubo T
Journal of comparative physiology. A, Neuroethology, sensory, neural, and behavioral physiology   192 691-700   2006年7月   [査読有り]
Nakata A, Ito T, Nagata M, Hori S, Sekimizu K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   9(11) 1125-1135   2004年11月   [査読有り]

Misc

 
A conditional knockout system based on the single/low-copy integration of transgenes in C. elegans.
Kage-Nakadai, E., Imae, R., Funatsu, O., Hori, S., Suehiro, Y., Yoshina, S., Mitani, S.
19th International C. elegans Meeting, 2013      2012年6月
光遺伝学技術を利用したシナプス標的神経細胞の選択に必要な新規分子機構の網羅的同定
堀沙耶香、末廣勇司、三谷昌平
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ      2011年8月
Inactivation of alfa-proteobacteria and activation of gamma-proteobacteria induced by a new candidate genus Xenophyophores (giant foraminifera) at a depth 7111m in the Izu-Ogasawara Trench
19. 堀 沙耶香、 土屋 正史、西 真郎、 荒井 渉、吉田 尊雄、高見 英人
第32回日本分子生物学会要旨集      2009年12月
Analysis of the brain substructures using region-preferential genes of the honeybee
20. 金子 九美、森本 舞、 堀 沙耶香、中岡 貴義、竹内 秀明、 久保 健雄
第32回日本分子生物学会要旨集      2009年12月
Bacterial diversity surrounding a new candidate genes Xenophyophores (Foraminifera) discovered at a depth 7111m near the Boso Peninsula
Sayaka Hori, Tsuchiya Masashi, Shinro Nishi, Wataru Arai, Takao Yoshida, and Hideto Takami
4th International Symposium on Chemosynthesis-Based Ecosystems      2009年7月

書籍等出版物

 
共立出版   2008年8月   

講演・口頭発表等

 
OFF-responding Interneurons Control Stimulus Strength-Dependent Sensory Processing
堀沙耶香、小田茂和、末廣勇司、飯野雄一、三谷昌平
21th International C.elegans Conference   2017年6月23日   
A proneural Atonal defines sensory processing depending on stimulus strength via regulating electrical synapses
Sayaka Hori, Shigekazu Oda, Yuji Suehiro, Yuichi Iino, Shohei Mitani
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   
ダイバーシティー(多様性)の面白さ [招待有り]
堀沙耶香
「家族でナットク!理系最前線」シンポジウム(東京大学)   2013年8月31日   
The degenerin family ion channel UNC-8 promotes activity-dependent remodeling of GABAergic synapses in C. elegans.
Tyne W Miller*, Sarah C Petersen, Megan E Gornet, Ying Wang, Han Lu, Cristina Matthewman, Laura Bianchi, Janet E Richmond, Shohei Mitani, Sayaka Hori, David M Miller
19th International C. elegans Meeting   2013年6月28日   
Combination of optogenetics and reverse genetics: novel behavior screening for regulators of neural differentiation
S. Hori, S. Oda, Y. Suehiro, Y. Iino, S. Mitani
19th International C. elegans Meeting   2013年6月   

受賞

 
2006年
Faculty of 1000 Hori et al., 2006が重要論文として推薦されました。
受賞者: Sayaka Hori et al.
 
2004年3月
東京大学 第2回 東京大学総長賞 団体の部 (地文研究会天文部)
受賞者: 地文研究会天文部
 

競争的資金等の研究課題

 
逃避行動を規定する神経回路発生の分子機序の解析
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 堀沙耶香
高浸透圧刺激への忌避行動を規定する転写因子群の分子・神経機能の研究
私立大学等経常費補助金 大学間連携等による共同研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 三谷昌平
行動変化を指標にした軸索投射を規定する分子基盤の網羅的スクリーニングと機能解析
東京女子医科大学: 基礎プール
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 堀沙耶香
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 堀沙耶香
暗黒の深海の大部分は貧栄養、低温(0.5〜4℃)の静的環境である。生命活動には不利に思える深海静的環境だが、地殻内には地球の生物量の半分にも匹敵する微生物が棲息している。つまり、深海の静的環境に棲む微生物の理解は、地球規模のバイオマスの解明に必要不可欠である。本研究では、深海底泥に棲息する微生物群の遺伝子発現をRNAによって解析し、微生物の生態系や、代謝や遺伝子発現レベルでの極限環境適応機構の解明を目的とする。
本年度は、mRNAライブラリー作製に向け、予備的に一般土壌RNAを用いたバクテ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 高見英人
地下生命圏における微生物と遺伝子の多様性解析を行うに当たり、平成20年度は下北半島東方沖掘削コアサンプルのうちこれまでDNA抽出が終了していなかった掘削深度の異なる4サンプルからのDNA抽出を行った。抽出されるDNA量は堆積物の質によっても異なるが、今回のサンプルでは、掘削深度が深くなるに従って抽出されるDNA量が劇的に減少し、海底面と比べると掘削深度348mからの抽出DNA量は1/1000以下であった。DNA抽出量が少ないサンプルについては、ショットガンライブラリーの作製が困難なため、φ...

その他

 
2007年10月
サイエンスチャンネルの科学番組「バクテリア その不思議な世界 」において、実験を行う研究者役として出演しています。
2007年7月
シンポジウム「ミツバチとショウジョウバエの比較分子神経生物」をオーガナイザーとして企画・運営しました。
2004年3月
平成15年度第2回 東京大学総長賞 団体の部
所属していた地文研究会天文部が受賞しました。
駒場祭での、手作りのプラネタリウムが評価されました。