古田芳一

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/26 08:01
 
アバター
研究者氏名
古田芳一
 
フルタ ヨシカズ
URL
http://yfuruta.sakura.ne.jp
所属
北海道大学
部署
人獣共通感染症リサーチセンター 感染・免疫部門
職名
講師
学位
博士(生命科学)(東京大学)
科研費研究者番号
40613667
ORCID ID
0000-0003-4710-1389

研究分野

 

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 講師
 
2014年12月
 - 
2016年7月
Massachusetts Institute of Technology Institute for Medical Engineering & Science Postdoctoral Fellow
 
2014年4月
 - 
2014年11月
Boston University Postdoctoral Fellow
 
2011年7月
 - 
2014年3月
東京大学 新領域創成科学研究科 特任助教
 
2011年4月
 - 
2011年6月
東京大学 新領域創成科学研究科 特任研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻 博士課程修了 博士(生命科学)
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻 修士課程修了 修士(生命科学)
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東京大学 工学部 化学生命工学科 学士(工学)
 

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
日本細菌学会北海道支部  幹事
 

論文

 
Akamatsu R, Suzuki M, Okinaka K, Sasahara T, Yamane K, Suzuki S, Fujikura D, Furuta Y, Ohnishi N, Esaki M, Shibayama K, Higashi H
Emerging infectious diseases   25(5) 883-890   2019年5月   [査読有り]
Zaman C, Osaki T, Furuta Y, Hojo F, Yonezawa H, Konno M, Kurata S, Hanawa T, Kamiya S
Journal of medical microbiology   68(4) 633-641   2019年4月   [査読有り]
Toyomane K, Furuta Y, Fujikura D, Higashi H
PeerJ   7 e6718   2019年   [査読有り]
Furuta Y, Harima H, Ito E, Maruyama F, Ohnishi N, Osaki K, Ogawa H, Squarre D, Hang'ombe BM, Higashi H
mSystems   3(5)    2018年9月   [査読有り]
Simbotwe M, Fujikura D, Ohnuma M, Omori R, Furuta Y, Muuka GM, Hang'ombe BM, Higashi H
PloS one   13(10) e0205986   2018年   [査読有り]
Takahashi MK, Tan X, Dy AJ, Braff D, Akana RT, Furuta Y, Donghia N, Ananthakrishnan A, Collins JJ
Nature communications   9(1) 3347   2018年8月   [査読有り]
Takahashi N, Gruber CC, Yang JH, Liu X, Braff D, Yashaswini CN, Bhubhanil S, Furuta Y, Andreescu S, Collins JJ, Walker GC
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2017年8月   [査読有り]
Zhang Y, Matsuzaka T, Yano H, Furuta Y, Nakano T, Ishikawa K, Fukuyo M, Takahashi N, Suzuki Y, Sugano S, Ide H, Kobayashi I
Nucleic Acids Research   45(3) 1392-1403   2016年12月   [査読有り]
Pardee K, Slomovic S, Nguyen PQ, Lee JW, Donghia N, Burrill D, Ferrante T, McSorley FR, Furuta Y, Vernet A, Lewandowski M, Boddy CN, Joshi NS, Collins JJ
Cell   167(1) 248-259.e12   2016年9月   [査読有り]
Kojima KK, Furuta Y, Yahara K, Fukuyo M, Shiwa Y, Nishiumi S, Yoshida M, Azuma T, Yoshikawa H, Kobayashi I
Molecular Biology and Evolution   33(11) 2848-2859   2016年9月   [査読有り]
Yahara K, Furuta Y, Morimoto S, Kikutake C, Komukai S, Matelska D, Dunin-Horkawicz S, Bujnicki JM, Uchiyama I, Kobayashi I
DNA research   23(2) 135-143   2016年4月   [査読有り]
Furuta Y, Konno M, Osaki T, Yonezawa H, Ishige T, Imai M, Shiwa Y, Shibata-Hatta M, Kanesaki Y, Yoshikawa H, Kamiya S, Kobayashi I
PloS one   10(5) e0127197   2015年   [査読有り]
Fukuyo M, Nakano T, Zhang Y, Furuta Y, Ishikawa K, Watanabe-Matsui M, Yano H, Hamakawa T, Ide H, Kobayashi I
Nucleic Acids Research   43(5) 2841-2852   2015年3月   [査読有り]
Furuta Y, Namba-Fukuyo H, Shibata TF, Nishiyama T, Shigenobu S, Suzuki Y, Sugano S, Hasebe M, Kobayashi I
PLoS genetics   10 e1004272   2014年4月   [査読有り]
Miyazono K, Furuta Y, Watanabe-Matsui M, Miyakawa T, Ito T, Kobayashi I, Tanokura M
Nature Communications   5 3178   2014年   [査読有り]
Yahara K, Furuta Y, Oshima K, Yoshida M, Azuma T, Hattori M, Uchiyama I, Kobayashi I
Molecular Biology and Evolution   30(6) 1454-1464   2013年6月   [査読有り]
Furuta Yoshikazu, Kobayashi Ichizo
   2013年   [査読有り]
Furuta Y, Kobayashi I
Mobile Genetic Elements   2 292-296   2012年11月   [査読有り]
Lim K, Furuta Y, Kobayashi I
Molecular Biology and Evolution   29 2937-2948   2012年10月   [査読有り]
Furuta Y, Kobayashi I
Nucleic Acids Research   40 9218-9232   2012年10月   [査読有り]

Misc

 
古田 芳一
日本細菌学雑誌   70(4) 383-389   2015年12月
ピロリ菌(Helicobacter pylori)はヒトの胃に感染し、胃がん等の疾患の原因となる。そのゲノム配列は多様性が高く、地域特異的に進化したことが知られている。日本人患者由来のピロリ菌のゲノムを解読し、他地域由来のピロリ菌ゲノム配列と比較した結果、遺伝子のレパートリーだけでなく、ゲノム構造や、エピゲノム修飾の一種であるDNAメチル化についても様々なメカニズムにより多様化していることが明らかとなった。ゲノム中の逆位は地域特異的に分布しており、ゲノム中の逆位とリンクして遺伝子重複が起き...
日本のピロリ菌 発癌細菌の素顔がいま明らかに(最終回) タンパク質のドメイン間での配列の移動(DoMo) 新しい遺伝子多様化機構とエピゲノム単位の進化
古田 芳一, 小林 一三
細胞工学   31(4) 474-479   2012年3月
日本のピロリ菌 発癌細菌の素顔がいま明らかに(第3回) cagA発癌遺伝子の構造多様性と進化
古田 芳一
細胞工学   31(3) 364-369   2012年2月
古田芳一, 河合幹彦, 内山郁夫, 小林一三
日本ヘリコバクター学会誌   13(2) 36-39   2012年1月

競争的資金等の研究課題

 
バクテリアのメチロームによる表現型多様化メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 古田芳一
TALE-RNAポリメラーゼ複合体によるDNA配列検出系の開発
秋山記念生命科学振興財団: 研究助成〈奨励〉
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 古田芳一
簡便・柔軟・ポータブルな特定 DNA 配列検出システムの開発
北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団): 研究シーズ発掘補助金
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 古田芳一
バクテリアのゲノム修飾による遺伝子発現制御メカニズムの網羅的解析
国際科学技術財団: 研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 古田芳一
メチローム選択系による複雑な形質のメカニズム解析
上原記念生命科学財団: リサーチフェローシップ
研究期間: 2016年4月 - 2016年7月    代表者: 古田芳一

受賞

 
2015年3月
日本細菌学会 黒屋奨学賞
 
2011年9月
第17回日本ヘリコバクター学会 上原H.pylori〜優秀賞〜
 
2011年3月
東京大学医科学研究所 学生最優秀論文賞
 
2010年11月
東京大学・新領域創成科学研究科・メディカルゲノム専攻・第3回英語論文発表会 Excellent Young Scientist Oral Presentation Honorable Mention
 
2010年3月
第83回日本細菌学会総会 優秀ポスター賞