小林 穂高

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/23 05:19
 
アバター
研究者氏名
小林 穂高
 
コバヤシ ホタカ
所属
Robert H. Singer Laboratory
職名
Research Fellow
学位
博士(生命科学)(東北大学)
科研費研究者番号
80802975

プロフィール

RNAサイレンシングという生命現象を、細胞生物学的な観点から解明することを目指して、研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
Robert H. Singer Laboratory Research Fellow
 
2018年10月
 - 
現在
日本学術振興会 海外特別研究員
 
2017年4月
 - 
2018年9月
東京大学 定量生命科学研究所 助教
 
2014年4月
 - 
2017年3月
東京大学 定量生命科学研究所 博士研究員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員(SPD)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東北大学国際高等研究教育院 博士研究教育院生
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東北大学国際高等研究教育院 修士研究教育院生
 

学歴

 
2014年3月
   
 
博士(生命科学)の学位取得  
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東北大学 大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻博士課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻修士課程
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東北大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Kobayashi H, Shoji K, Kiyokawa K, Negishi L, Tomari Y.
Mol Cell   73(1) 119-129   2019年1月   [査読有り]
Kobayashi H, Tomari Y.
Biochim Biophys Acta   1859(1) 71-81   2016年1月   [査読有り]
Kobayashi H, Etoh K, Marubashi S, Ohbayashi N, Fukuda M.
Methods Mol Biol   1298 207-216   2015年3月   [招待有り]
Kobayashi H, Etoh K, Ohbayashi N, Fukuda M.
Biol Open   3 803-814   2014年9月   [査読有り]
Kobayashi H, Etoh K, Fukuda M.
Small GTPases   e29290    2014年5月   [査読有り]
Kobayashi H, Fukuda M.
J Cell Sci   126 2424-2435   2013年6月   [査読有り]
Kobayashi H, Fukuda M.
Commun Integr Biol   e25036    2013年5月   [査読有り]
Kobayashi H, Fukuda M.
J Cell Sci   125(9) 2235-2243   2012年5月   [査読有り]
Fukuda M, Kobayashi H, Ishibashi K, Ohbayashi N.
Cell Struct Funct   36(2) 155-170   2011年7月   [査読有り]
Ishido N, Kobayashi H, Sako Y, Arai T, Fukuda M, Nakamura T.
Biosensors   5 81-98   2011年6月   [招待有り]
Kanno E*, Ishibashi K*, Kobayashi H*, Matsui T, Ohbayashi N, Fukuda M. (*, first authors)
Traffic   11(4) 491-507   2010年4月   [査読有り]

Misc

 
小林 穂高、松浦 絵里子、泊 幸秀
ノンコーディングRNA (化学同人)      2016年7月   [依頼有り]
小林 穂高、福田 光則
脳科学事典      2013年5月   [査読有り]
小林 穂高、福田 光則
脳科学事典      2012年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Iruka ensures the quality of Argonaute by selective ubiquitination of its empty state. [招待有り]
Kobayashi H.
13th Microsymposium on Small RNA Biology (Invited Talk)   2018年6月20日   
Iruka ensures the quality of Argonaute by selective ubiquitination of its empty state.
Kobayashi H, Shoji K, Negishi L, Tomari Y.
13th Microsymposium on Small RNA Biology (Poster)   2018年6月18日   
Iruka directs selective ubiquitination of empty Argonaute for successful miRNA-mediated silencing.
小林 穂高、庄司 佳祐、根岸 瑠美、泊 幸秀
第18回 東京大学生命科学シンポジウム(ポスター)   2018年6月9日   
IrukaはmicroRNA非結合型Argonauteを選択的にユビキチン化する
小林 穂高、根岸 瑠美、泊 幸秀
第19回 日本RNA学会年会(口頭)   2017年7月21日   
Takotsubo (Iruka) mediates selective degradation of miRNA-unloaded Argonaute.
Kobayashi H, Negishi L, Tomari Y.
The 43rd Naito Conference (Poster)   2017年6月28日   
Rabタンパク質を利用したRNAサイレンシングの場の探索
小林 穂高、福田 光則、泊 幸秀
RNAフロンティアミーティング2014(口頭)   2014年9月18日   
Rab35は神経突起伸長においてRab8, Rab13, Rab36の局在を制御する
小林 穂高、衛藤 貫、大林 典彦、福田 光則
第54回 生命科学夏の学校(ポスター)   2014年8月29日   
Rab cluster regulates neurite outgrowth.
小林 穂高、福田 光則
第3回 脳科学若手の会脳科学ウィンタースクール(ポスター)   2014年2月15日   
Rab cluster as a novel mechanism that concentrates multiple Rab-signalings.
Kobayashi H, Fukuda M.
The American Society for Cell Biology 2013 Annual Meeting (Poster)   2013年12月15日   
メンブレントラフィックの制御因子Rabによる神経突起伸長メカニズムの解明
小林 穂高、福田 光則
東北大学国際高等研究教育機構ライフ・バイオ・メディカル領域セミナー(口頭・ポスター)   2013年10月4日   
Rab35 establishes the EHD1-association site through MICAL-L1 during neuritis outgrowth.
小林 穂高、福田 光則
第2回 脳科学若手の会脳科学ウィンタースクール(ポスター)   2013年2月23日   
Rab35はMICAL-L1を介してEHD1の局在を制御することで神経突起伸長を制御する
小林 穂高、福田 光則
第85回 日本生化学会大会(口頭・ポスター)   2012年12月16日   
Rab35 regulates Arf6 activity through centaurin β2/ACAP2 during neurite outgrowth: A novel cross-talk between Rab and Arf.
Kobayashi H, Fukuda M.
Cold Spring Harbor Asia Conference “Small GTPase different scales: proteins, membranes, cells” (Poster)   2012年9月   
分子スイッチRab35による神経突起伸長メカニズムの解明
小林 穂高、福田 光則
第3回 新学術領域研究「包括型脳科学研究推進支援ネットワーク」夏のワークショップ(ポスター)   2012年7月   
新規Rab35結合蛋白質MICAL-L1の同定とその機能解析
小林 穂高、福田 光則
第4回 新学術領域研究「細胞内ロジスティクス」班会議(ポスター)   2012年6月   
Rab35 regulates Arf6 activity through centaurin β2/ACAP2 during neurite outgrowth.
小林 穂高、福田 光則
第1回 脳科学若手の会脳科学ウィンタースクール(ポスター)   2012年2月   
Rab35はcentaurin β2/ACAP2を介してArf6の活性を制御することで神経突起伸長を制御する:RabとArfの新規クロストーク
小林 穂高、福田 光則
第3回新学術領域研究「細胞内ロジスティクス」班会議(ポスター)   2011年6月   
Rab35 and its effector centaurin β2 regulate neurite outgrowth in PC12 cells by modulating Arf6 activity on recycling endosomes.
Kobayashi H, Fukuda M.
The 1st Tohoku International Symposium on Multidisciplinary Neuroscience (Poster)   2011年1月   
Arf6-GAP centaurinβ2はRab35依存的にcentrosome周辺へと局在する
小林 穂高、福田 光則
第33回 日本分子生物学会年会・第83回 日本生化学会大会合同大会(口頭・ポスター)   2010年12月   
新規Rab35結合蛋白質centaurinβ2はArf6不活性化を介してRab35依存的なPC12細胞の神経突起伸長を制御する
小林 穂高、菅野 栄子、石橋 弘太郎、福田 光則
第32回 日本分子生物学会年会(ポスター)   2009年12月   
新規Rab35結合蛋白質centaurinβ2の同定とその機能解析
小林 穂高、菅野 栄子、石橋 弘太郎、福田 光則
第1回 新学術領域研究「細胞内ロジスティクス」班会議(ポスター)   2009年11月   
包括的なRabエフェクター探索により見出された新規Rab-GAP間結合様式
小林 穂高、菅野 栄子、石橋 弘太郎、松井 貴英、大林 典彦、福田 光則
第6回 東北大学バイオサイエンスシンポジウム(ポスター)   2009年6月   

受賞

 
2019年4月
JSPS Washington Director Award
 
2017年6月
The Naito Conference Poster Award
 
2015年2月
井上科学振興財団 井上研究奨励賞
 
2014年8月
Merck Award for Young Biochemistry Researcher
 
2014年3月
東北大学 総長賞(大学院)
 
2014年2月
東北大学生命科学会 会長賞(博士課程)
 
2013年10月
The American Society for Cell Biology Graduate Student Travel Award
 
2013年10月
東北大学大学院生命科学研究科 生命機能卓越研究奨励賞
 
2013年2月
脳科学若手の会「第2回脳科学ウィンタースクール」優秀ポスター賞
 
2012年9月
Cold Spring Harbor Asia Fellowship Award/Poster Presentation Award
 
2012年7月
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク「第3回夏のワークショップ」 若手優秀発表賞
 
2012年2月
脳科学若手の会「第1回脳科学ウィンタースクール」 優秀ポスター賞
 
2011年4月
日本学生支援機構 第一種奨学金全額返還免除
 
2011年2月
東北大学生命科学会 会長賞(修士課程)
 
2011年1月
The 1st Tohoku International Symposium on Multidisciplinary Neuroscience Poster Presentation Prize
 
2009年3月
東北大学 総長賞(学部)
 

競争的資金等の研究課題

 
内藤記念特定研究助成
内藤記念科学振興財団: 
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 小林 穂高
研究活動スタート支援
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2018年9月    代表者: 小林 穂高
国立大学強化推進補助金スタートアップ支援
文部科学省: 国立大学改革強化推進補助金
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 小林 穂高
特別研究員奨励費(SPD, +特別枠)
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小林 穂高
特別研究員奨励費(DC1)
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小林 穂高
博士研究教育院生研究費
東北大学国際高等研究教育機構: 博士研究教育院生
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小林 穂高
修士研究教育院生研究費
東北大学国際高等研究教育機構: 修士研究教育院生
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 小林 穂高

委員歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
脳科学若手の会  (東北部会副代表)