Hiroko Otake

J-GLOBAL         Last updated: Aug 2, 2019 at 15:48
 
Avatar
Name
Hiroko Otake
E-mail
hotakephar.kindai.ac.jp
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Pharmacy Department of Pharmacy

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nagai N, Ogata F, Yamaguchi M, Fukuoka Y, Otake H, Nakazawa Y, Kawasaki N
International journal of molecular sciences   20(15)    Jul 2019   [Refereed]
Nagai N, Mano Y, Otake H, Shibata T, Kubo E, Sasaki H
Molecular medicine reports   19(6) 5464-5472   Jun 2019   [Refereed]
Nagai N, Iwai Y, Deguchi S, Otake H, Kanai K, Okamoto N, Shimomura Y
Nanomaterials (Basel, Switzerland)   9(5)    May 2019   [Refereed]
Nagai N, Ueno A, Ishii M, Fukuoka Y, Otake H
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   138(8) 1111-1117   Aug 2018   [Refereed]
Ishii M, Fukuoka Y, Deguchi S, Otake H, Tanino T, Nagai N
International journal of molecular sciences   20(3)    Jan 2019   [Refereed]
Nagai N, Yamasaki Y, Nakamura T, Otake H, Okamoto N
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   139(1) 123-130   2019   [Refereed]
Inaba K, Oie T, Otake H, Kotake T, Nagai N
Chemical & pharmaceutical bulletin   67(2) 120-124   2019   [Refereed]
Nagai N, Ogata F, Otake H, Nakazawa Y, Kawasaki N
International journal of nanomedicine   14 1213-1227   2019   [Refereed]
Yamamoto T, Otake H, Hiramatsu N, Yamamoto N, Taga A, Nagai N
International journal of molecular sciences   19(11)    Nov 2018   [Refereed]
Nagai N, Ogata F, Otake H, Nakazawa Y, Kawasaki N
International journal of nanomedicine   13 5215-5229   2018   [Refereed]

Misc

 
ナノ結晶を基盤とした経口製剤化に伴うNSAIDs消化管障害発現頻度の軽減
福岡 侑也, 大竹 裕子, 長井 紀章
BIO Clinica   34(7) 746-748   Jul 2019
臨床において、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による消化管障害は重篤な問題である。著者らは、湿式ビーズミル法を用い、平均粒子径76nmのインドメタシン(IMC)ナノ結晶経口製剤の作製法を確立した。また、本製剤は、従来の製剤と比較し、約5倍もバイオアベイラビリティが高まり、薬物投与量の減量を可能とした。さらに、これら製剤化に伴うNSAIDs投与量の減少が、薬剤の消化管粘膜直接刺激の低下を介し、障害誘発を軽減することを示した。本成果が安全なNSAIDs療法の確立に繋がることを期待する。(...
【私の研究を聞いて欲しい】薬物眼内移行性の向上を目的としたナノ点眼製剤の開発
大竹 裕子, 真野 裕, 長井 紀章
日本白内障学会誌   31(1) 33-35   Jun 2019
認知症患者組織を用いた水晶体中アミロイドβ関連mRNA量の測定
長井 紀章, 福岡 侑也, 真野 裕, 大竹 裕子, 柴田 哲平, 久保 江理, 佐々木 洋
日本白内障学会誌   31(1) 53-57   Jun 2019
近年、アルツハイマー病の要因であるアミロイドβ(Aβ)が水晶体にも存在することが報告され、水晶体混濁(白内障)への関与が注目されている。しかし、日本人における水晶体中Aβ産生・蓄積機構については未だ十分に解明されていない。そこで今回、日本人の非認知症患者および認知症患者水晶体を対象として、組織中のAβ産生・分解関連mRNA発現量の変化について比較検討を行った。Aβ産生(APP、BACE1、PS)および分解(ADAM10、NEP、ECE-1)関連mRNA発現量の測定にはリアルタイムPCR法を...
添加物メチルセルロースが遊星ボールミルによるイブプロフェン微粒子化へ与える影響
長井 紀章, 山崎 由夏, 中村 翼, 大竹 裕子, 岡本 直也
薬学雑誌   139(1) 123-130   Jan 2019
遊星ボールミル法適用時における添加物選択及び添加量設定の指標を確立すべく、重合度の異なるメチルセルロースが破砕効率へ与える影響について検討した。破砕薬物としてイブプロフェン(IBU)粉末を用い、添加物をメチルセルロースに固定し、1.0%SM-4、15、25、100、400、1500、4000使用時における遊星ボールミル法の破砕効率を薬物粒子径から評価した。その結果、添加物の粘度の増加に伴い、破砕後のIBU粒子径は増大したが、両因子間において直線性は認められなかった。次に、粘度と破砕効率の関...
長井紀章, 山崎由夏, 中村翼, 大竹裕子, 岡本直也
薬学雑誌(Web)   139(1) 123‐130(J‐STAGE)   2019

Books etc

 
Development of Formulation and Devices of Next-Generation Inhalation
Hiroko Otake (Part:Contributor)
Nov 2018