宝珠山治

J-GLOBALへ         更新日: 12/03/01 21:50
 
アバター
研究者氏名
宝珠山治
学位
博士(工学)

プロフィール

エコーキャンセラ、マイクロホンアレイなど音響信号処理の研究をしています。
最近はヴァーチャルリアリティに興味を持っています。

受賞

 
2011年
フジサンケイビジネスアイ先端技術賞 産経新聞社賞
 
1997年
電子情報通信学会 学術奨励賞
 

論文

 
Osamu Hoshuyama
Proc. ICASSP, IEEE      2012年3月   [査読有り]
Two-Microphone Noise Robust Speech Recognition for Hands-Free Voice Control System
Takayuki Arakawa, Takafumi Koshinaka, Osamu Hoshuyama
IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop      2011年12月   [査読有り]
Kentaro Kimura, Osamu Hoshuyama, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose
ACM International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2011)      2011年11月   [査読有り]
パーソナルな音環境のための円弧アレイ超音波パラメトリックスピーカ
宝珠山治, 木村健太郎, 上田雅道, 谷川智洋, 廣瀬通孝
日本バーチャルリアリティ学会大会      2011年9月
Kentaro Kimura, Osamu Hoshuyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose
ACM SIGGRAPH      2011年8月   [査読有り]
超磁歪駆動素子を用いたTwister内音声再生方法
宝珠山治, 新居英明, 舘ススム
日本バーチャルリアリティ学会大会      2010年9月
サンプリング周波数にオフセットがあるハンズフリー通話系に適用した非線形エコーキャンセラの性能評価
持田康弘, 宝珠山治, 野村俊之
電子情報通信学会技術研究報告 応用音響      2009年3月
An Echo Canceller Using Smoothed-Coefficient Filter with Adaptive Time Constant Controlled by High-Pass Errors
O. Hoshuyama
Proc. IWAENC'08      2008年9月   [査読有り]
HOSHUYAMA Osamu, SUGIYAMA Akihiko
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   E89-A(11) 3254-3259   2006年10月   [査読有り]
Evaluations of an Echo Suppressor Based on a Frequency-Domain Model of Highly Nonlinear Residual Echo
O. Hoshuyama and A. Sugiyama
Proc. IWAENC'06      2006年9月   [査読有り]
An Acoustic Echo Suppressor Based on a Frequency-Domain Model of Highly Nonlinear Residual Echo
O. Hoshuyama and A. Sugiyama
Proc. ICASSP'06      2006年5月   [査読有り]
佐藤幹, 杉山昭彦, 宝珠山治, 山下信行, 大中慎一, 藤田善弘
日本音響学会誌   62(3) 173-181   2006年   [査読有り]
パーソナルロボットPaPeRoにおける音声インタフェースの実現と性能評価について報告する。音声インタフェースは,話者方向推定,ノイズキャンセラ,エコーキャンセラから構成される。話者方向推定は,近接音場を想定した方向推定手法を用いて,話者の口とマイクロホンの高低差による誤差を解消している。ノイズキャンセラは,広範囲なSN比を想定したステップサイズ制御により,高い雑音消去性能と小さな音声歪を両立することができる。エコーキャンセラは,背景雑音の推定を行うことにより,ダブルトーク検出性能を向上させ...
SATOMiki, SUGIYAMAAkihiko, HOSHUYAMAOsamu, YAMASHITANobuyuki, FUJITAYoshihiro
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   E88-A(8) 2078-2086   2005年   [査読有り]
This paper proposes near-field sound-source localization based on crosscorrelation of a signed binary code. The signed binary code eliminates multibit signal processing for simpler implementation. Explicit formulae with near-field assumption are d...
A Generalized Proportionate Adaptive Algorithm for Fast Changing Acoustic Environments
O. Hoshuyama, R. Goubran, and A. Suigyama
Proc. ICASSP'04      2004年5月   [査読有り]
HOSHUYAMAOsamu, BEGASSEBrigitte, SUGIYAMAAkihiko
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   84(2) 406-413   2001年   [査読有り]
This paper proposes a new adaptation-mode control (AMC) for a robust adaptive microphone array with an adaptive blocking matrix (RAMA-ABM). The proposed AMC is based on cross correlations of two microphone signals and uses a state machine for cont...
O. Hoshuyama, A. Sugiyama, and A. Hirano
IEEE Trans. Signal Proc.   47(10) 2677-2684   1999年10月   [査読有り]
Realtime Adaptive Microphone Array on a Single DSP System
O. Hoshuyama and A. Sugiyama
Proc. IWAENC'99      1999年9月   [査読有り]
宝珠山治
電子情報通信学会研究報告. DSP, ディジタル信号処理   99(504) 75-82   1999年   [招待有り]
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   97(518) 1-8   1998年   [招待有り]
収音用マイクロホンアレイを中心とした音響ビームフォーミングについて、多次元信号処理の観点から解説する。音響ビームフォーミングは、複数のマイクロホンを空間的に異なる位置に配置し、それらの出力信号に信号処理を施すことにより、周波数領域におけるフィルタと空間領域におけるフィルタ (すなわち指向性) を制御する技術である。その信号処理は、時間的なフィルタと空間的なフィルタをまとめた時空間フィルタとして考慮しなければならない。指向特性は原理的に音響信号の波長とアレイのサイズで決まるが、音響ビームフォ...

Misc

 
宝珠山治, 杉山昭彦, オケロジェームス, 池川将夫
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2007    2007年8月
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007    2007年3月
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2006    2006年9月
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006    2006年3月
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   105(294) 31-36   2005年9月
本稿では、残留エコーとエコーレプリカのスペクトル相関に基づく新しい非線形音響エコーのモデル、および、それを用いたエコーサプレッサを提案する。まず、通常の線形適応フィルタを用いたエコーキャンセラにおいて、残留エコーとエコーレプリカのスペクトル振幅の間に有意な相関があることを示し、この相関に基づく、非線形音響エコー抑圧の新しいモデルを導出する。続いて、このモデルに基づいて、各周波数における利得を制御することにより残留エコーを抑圧するエコーサプレッサを提示する。ハンズフリー携帯電話で録音した音声...
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   105(292) 31-36   2005年9月
本稿では、残留エコーとエコーレプリカのスペクトル相関に基づく新しい非線形音響エコーのモデル、および、それを用いたエコーサプレッサを提案する。まず、通常の線形適応フィルタを用いたエコーキャンセラにおいて、残留エコーとエコーレプリカのスペクトル振幅の間に有意な相関があることを示し、この相関に基づく、非線形音響エコー抑圧の新しいモデルを導出する。続いて、このモデルに基づいて、各周波数における利得を制御することにより残留エコーを抑圧するエコーサプレッサを提示する。ハンズフリー携帯電話で録音した音声...
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   105(296) 31-36   2005年9月
本稿では、残留エコーとエコーレプリカのスペクトル相関に基づく新しい非線形音響エコーのモデル、および、それを用いたエコーサプレッサを提案する。まず、通常の線形適応フィルタを用いたエコーキャンセラにおいて、残留エコーとエコーレプリカのスペクトル振幅の間に有意な相関があることを示し、この相関に基づく、非線形音響エコー抑圧の新しいモデルを導出する。続いて、このモデルに基づいて、各周波数における利得を制御することにより残留エコーを抑圧するエコーサプレッサを提示する。ハンズフリー携帯電話で録音した音声...
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2005    2005年9月
宝珠山治, 蹄謙一, 杉山昭彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1999    1999年8月
HOSHUYAMAOsamu, SUGIYAMAAkihiko, HIRANOAkihiro
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   82(4) 640-647   1999年4月
This paper proposes a new robust adaptive beamformer applicable to microphone arrays. The proposed beamformer is a generalized sidelobe canceller (GSC) with a variable blocking matrix using coefficient-constrained adaptive filters (CCAFs). The CCA...
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   1999 458-459   1999年3月
宝珠山治 杉山昭彦
電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   99(504) 75-82   1999年
マイクロホンアレイについて、実用化の観点から、その研究動向を概説する。マイクロホンアレイは、複数のマイクロホンを空間的に異なる位置に設置した装置である。伝搬経路の違いによる位相差など、空間的な情報を利用した信号処理を施すことにより、信号分離、雑音除去などが可能となる。マイクロホン数に対応した多チャネル信号を扱うため、ハードウェア規模とその信号処理量が膨大であり、かつては民生用に適しているか懸念されていた。しかし、少ないチャネル数で高性能が得られる信号処理アルゴリズムの開発、および、プロセッ...
宝珠山 治, 菊地 隆文, 杉山 昭彦
日本音響学会研究発表会講演論文集   1998(2) 247-248   1998年9月
宝珠山治, 平野晃宏, 杉山昭彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   1998    1998年3月
宝珠山治, ベガッセブリジット, 平野晃宏, 杉山昭彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1997    1997年8月
Adaptation-mode control(AMC) is an important technique for adaptive microphone arrays. However, only a few AMC methods have been proposed. This paper proposes a new AMC method suited to a robust adaptive microphone array(RAMA).
宝珠山治, 平野晃宏, 杉山昭彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   1997    1997年3月
A robust adaptive microphone array with an adaptive blocking matrix (RAMA-ABM) has been proposed in [1]. It has evaluated RAMA-ABM in a real environment with a fixed noise-DOA (direction of arrival). This paper presents noise-reduction performance...
菊地隆文, 宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   97(421) 55-62   1997年
RAMA-ABM(Robust Adaptive Microphone Array with an Adaptive Blocking Matrix)を前処理として用いた、雑音環境における実時間音声認識実験の結果について報告する。様々なマイクロフォンを用いて比較実験を行なうことにより、収音方式や環境の違いによる音声認識率の変化を明らかにする。RAMA-ABMを用いることにより、認識率を最大60%改善することができ、SNR(信号対雑音比)が0dB以上の環境で、約80%の認識率を得ることを示す...
宝珠山治, 杉山昭彦, 平野晃宏
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1996 264-265   1996年9月
A robust adaptive microphone array using an adaptive blocking matrix (RAMA-ABM) has been proposed. It has high noise reduction performance and robustness against large look-direction error. However, the simulations have been performed in anechoic ...

書籍等出版物

 
Speech and Audio Processing in Adverse Environments
共著
Springer   2008年9月   
Microphone Arrays: Signal Processing Techniques and Applications
共著
Springer   2001年6月   

講演・口頭発表等

 
マイクロホンアレイの研究動向と実現技術 [招待有り]
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会   1999年12月   
音響ビームフォーミングと多次元信号処理 [招待有り]
宝珠山治, 杉山昭彦
電子情報通信学会 回路とシステム研究会   1998年1月