基本情報

所属
駒澤大学 文学部社会学科社会福祉学専攻 教授
学位
博士(人間科学)(早稲田大学)

連絡先
arai1973komazawa-u.ac.jp
研究者番号
60350435
J-GLOBAL ID
200901061953608038
researchmap会員ID
5000082803

外部リンク

1973年,群馬県生まれ.早稲田大学卒業,早稲田大学大学院修了.博士(人間科学),社会福祉士.早稲田大学助手,駒澤大学専任講師,駒澤大学准教授等を経て,駒澤大学教授.著書に『ナラティヴ・ソーシャルワーク―“〈支援〉しない支援”の方法』(新泉社,2014)など.

(著書)
荒井浩道(2001)「『隠居論』から百年」濱口晴彦・嵯峨座春夫編『定年のライフスタイル』コロナ社,46-66.(2001年4月)
荒井浩道(2002)「高齢者介護と家族―介護問題の主役はだれか」木戸功・圓岡偉男編『社会学的まなざし―日常性を問い返す』新泉社,95-108.(2002年10月)
荒井浩道(2005)「痴呆介護における家族支援」濱口晴彦監修・海野和之編『社会学が拓く人間科学の地平―人間を考える学問のかたち』五絃舎,16-26.(2005年2月)
荒井浩道(2006)「心理-社会的エイジングと老いのナラティヴ」堀薫夫編『教育老年学の展開』学文社,60-77.(2006年9月)
荒井浩道(2007)「各地の動向―群馬県沼田市」川村匡由編『市町村合併と地域福祉―「平成の大合併」全国実態調査からみた課題』ミネルヴァ書房,139-153.(2007年6月)
荒井浩道(2008)「家族ソーシャルワークの実際(高齢者虐待世帯,認知症高齢者世帯,独居高齢者世帯)」川村匡由編『家族福祉論』ミネルヴァ書房,118-135.(2008年4月)
荒井浩道(2008)「繋がっていかない利用者への支援―ソーシャルワークにおけるナラティヴ・アプローチの可能性」崎山治男・伊藤智樹・佐藤恵・三井さよ編『〈支援〉の社会学―現場に向き合う思考』青弓社,114-137.(2008年11月)
荒井浩道(2009)「自立と共生―年齢を超えて」濱口晴彦編『自立と共生の社会学―それでも生きる理由」学文社,58-79.(2009年2月)
荒井浩道(2009)「質的な福祉ニーズの把握方法と実際」社会福祉士養成講座編集委員会編『地域福祉の理論と方法―地域福祉論(新・社会福祉士養成講座9)』中央法規出版,221-228.(2009年3月)
荒井浩道(2009)「保育『制度』の基本問題―『保育に欠ける』は時代遅れ」「夜間保育所―制度からこぼれ落ちる家族への支援」白井千晶・岡野晶子編『子育て支援 制度と現場―よりよい支援への社会学的考察』新泉社,55-63,152-162.(2009年10月)
荒井浩道(2010)「利用者・家族・そして支援者の介護」濱口晴彦編「大衆長寿社会を生きる知恵(シリーズ1)」日本高齢者生活協働組合連合会,37-48.(2010年6月)
荒井浩道(2010)「大衆長寿時代の家族の行方」濱口晴彦編『大衆長寿社会を生きる知恵(シリーズ2)』日本高齢者生活協働組合連合会,31-48.(2010年6月)
荒井浩道(2013)「個人の権利を守る制度の概要」田中由紀子・住居広士・鈴木眞理子・島津淳・小林一郎監修,初任者研修テキストブック編集委員会編『介護職員初任者研修』ミネルヴァ書房,27-33.(2013年1月)
荒井浩道(2013)「〈聴く〉場としてのセルフヘルプ・グループ―認知症家族会を事例として」伊藤智樹編『ピア・サポートの社会学―ALS、認知症介護、依存症、自死遺児、犯罪被害者の物語』晃洋書房,33-68.(2013年11月)
荒井浩道(2013)「観光福祉の実際―群馬県みなかみ町たくみの里」川村匡由編『観光福祉論』ミネルヴァ書房,98-108.(2013年11月)
荒井浩道(2014)『ナラティヴ・ソーシャルワーク―“〈支援〉しない支援”の方法』新泉社,1-184.(2014年2月)
荒井浩道(2015)「実践モデルやアプローチに関する相談援助演習―ナラティブアプローチに関する相談援助演習」一般社団法人日本社会福祉士養成校協会監修,長谷川匡俊・上野谷加代子・白澤政和・中谷陽明編『社会福祉士相談援助演習(第2版)』中央法規出版,220-225.(2015年2月)
荒井浩道(2015)「ソーシャルワーカーに『専門性』は必要か?─ビギナーズ・ラックとピア・サポートを手がかりに」木下大生・後藤広史・本多勇・木村淳也・長沼葉月・荒井浩道著『ソーシャルワーカーのジリツ―自立・自律・而立したワーカーを目指すソーシャルワーク実践』生活書院,129-156.(2015年12月)
荒井浩道(2017)「福祉の社会学」松野弘編『現代社会論―社会的課題の分析と解決の方策』ミネルヴァ書房,153-173.(2017年3月)
荒井浩道(2017)「“教えない”ソーシャルワーク教育―“余白”が担保する主体的・対話的な学び」後藤広史・木村淳也・荒井浩道・長沼葉月・本多勇・木下大生著『ソーシャルワーカーのソダチ―ソーシャルワーク教育・実践の未来のために』生活書院,73-102.(2017年7月)
荒井浩道(2021)「ソーシャルワーク教育における体験的学び」小口将典・木村淳也編『ソーシャルワーク論―理論と方法の基礎』ミネルヴァ書房,157-169.(2021年5月)

(論文,2010年以降)
荒井浩道(2010)「ナラティヴ・ソーシャルワークにおける『回復』のポリティクス―認知症介護家族への支援を中心に」『駒澤社会学研究』42,13-30.(2010年3月)
荒井浩道・袖井孝子・澤岡詩野・森やす子・鈴木昭男(2011)「社会的孤立防止にむけた都市中高年者の ICT 利用に関する研究―テキストマイニングによるナラティヴ・データの分析」『駒澤社会学研究』43,81-104.(2011年3月)
荒井浩道(2012)「ソーシャルワークにおける原子力災害支援の可能性―テキストマイニングよる被災当事者の声の可視化」『駒澤社会学研究』44,55-79.(2012年3月)
荒井浩道・袖井孝子・澤岡詩野・森やす子・鈴木昭男(2012)「都市高齢者の社会的孤立とICT利用に関する探索的研究―テキストマイニングによる自由記述回答の分析」『エイジレスフォーラム』10,48-56.(2012年6月)
荒井浩道(2013)「原子力災害におけるホットスポット住民の『つぶやき』の可視化―テキストマイニングによるTwitterデータの時系列分析」『駒澤社会学研究』45,45-71.(2013年3月)
荒井浩道(2013)「ソーシャルワークにおける困難事例の支援方法に関する質的研究―ナラティヴ・アプローチ,ICT,テキストマイニング」『老年社会科学』35(1),67-75.(2013年4月)
荒井浩道(2014)「社会福祉士養成教育における『ソーシャルワーク』の可視化―テキストマイニングによる教科書の探索的分析」『ソーシャルワーカー』13,21-30.(2014年6月)
荒井浩道(2015)「ナラティヴ・アプローチにもとづく観察記録の方法―“物語”としての観察,記録」『ソーシャルワーク研究』41(1),相川書房,42-50.(2015年3月)
荒井浩道(2015)「テキストマイニングとはなにか―その解析の仕組みと基礎的分析方法」『介護福祉学』22(1), 52-60.(2015年4月)
荒井浩道(2015)「テキストマイニングの活用とその限界,および注意点」『介護福祉学』22(2),143-152.(2015年10月)
荒井浩道(2017)「ケアマネジャーのためのナラティヴ・アプローチ―ナラティヴ・アプローチとは何か」『ケアマネジャー』4月,70-77.中央法規出版.(2017年3月)
荒井浩道(2017)「ケアマネジャーのためのナラティヴ・アプローチ―ナラティヴ・アプローチの実際ナラティヴ・アプローチ『ケアマネジャー』5月,71-77.中央法規出版.(2017年4月)
荒井浩道(2018)「認知症ケア研究におけるナラティヴ・アプローチの可能性(特集「認知症ケア研究に活用できる研究方法―その発展に向けて)」『日本認知症ケア学会誌』16(4),742-748.(2018年2月)
荒井浩道(2019)「ソーシャルワークにおける原子力災害支援―テキストマイニングよる『当事者の語り(つぶやき)』の分析」『ソーシャルワーク研究』(相川書房)45(2)(通巻178号),pp.14-22.(2019年7月)
荒井浩道(2019)「“上から目線”にならないスーパービジョン(特集:ケアマネジメントとスーパービジョン)」『ケアマネジメント学』18,22-31.(2019年11月)

(学会発表,2015年以降)
北本佳子・荒井浩道(2015)「軽費老人ホームにおけるソーシャルワーク実践の実態と課題―全国調査を通した現状と今後の方向性の検討」『日本ソーシャルワーク学会第32回大会抄録集』,134-135.(2015年7月19日,日本社会事業大学)
荒井浩道・北本佳子(2015)「軽費老人ホームにおけるソーシャルワーク実践の実態と課題―テキストマイニングによる自由記述回答の分析」『日本ソーシャルワーク学会第32回大会抄録集』,136-137.(2015年7月19日,日本社会事業大学)
荒井浩道(2015)「オープンダイアローグ・アプローチによるピアサポートファシリテーションの可能性と課題―認知症家族会を対象としたナラティヴ分析」『日本社会福祉学会第63回秋季大会報告要旨集』,211-212.(2015年9月20日,久留米大学御井キャンパス)
荒井浩道(2016)「学校現場におけるナラティヴ・アプローチ―『対立の物語』の調停・仲裁」(シンポジウム,安達映子・荒井浩道・小池武・矢原隆行「ナラティヴ×ソーシャルワークの可能性」)(第33回日本家族研究・家族療法学会大会[長崎大会]).(2016年9月17日,ハウステンボス)
荒井浩道(企画)・安達映子・伊藤拓・松澤和正・山田晃久(2017)「実践から研究へ/研究から実践へ」)(第4回ナラティヴ・コロキウム).(2016年3月6日,駒澤大学深沢キャンパス)
荒井浩道(2017)「『ピアサポート』の言語的営み―自由な語り,当事者性,技法」(シンポジウム,荒井浩道・相川章子・濱田由紀「ピアサポート×ナラティヴ―『経験の語り』を差し出すことによる支え合い」)(第5回ナラティヴ・コロキウム).(2017年3月5日,駒澤大学深沢キャンパス)
御薗恵将・種田綾乃・濱田由紀・相川章子・荒井浩道(2017)「ピアスタッフとして働く人が経験するピアサポートの相互作用」(日本精神障害者リハビリテーション学会第25回久留米大会).(2017年11月17日,久留米シティプラザ)
荒井浩道(2018)「本音で語る多職種連携―ソーシャルワークのかかわりから(社会福祉士)」(シンポジウム,若松直樹・吉田恵・菊池小百合・荒井浩道・谷川良博・大澤誠『シンポジウム4―本音で語る多職種連携』)(第19回日本認知症ケア学会大会)(2018年6月17日,朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター)
荒井浩道(2018)「ナラティヴ研究の有効性と課題―ナラティヴ・ソーシャルワークをもとに考える」(2018年度第1回日本保健医療社会学会関東例会)(2018年10月14日,筑波大学東京キャンパス)
種田綾乃・濱田由紀・御薗恵将,相川章子,荒井浩道(2018)「障害福祉サービス事業所で働くピアスタッフが経験しているピアサポートの相互作用—フォーカスグループインタビュー調査から」(第38回日本社会精神医学会).(2019年3月1日,京王プラザホテル)
荒井浩道(2018)「『教えない』福祉人材育成―『余白』がつくる主体に学び対話する人材」(シンポジウム,司会:成田すみれ,報告:森田明美・小川喜道・荒井浩道・中島康晴,コメンテーター:青木茂樹)「ソーシャルワーカーの現状と育成』(2018年度日本社会福祉学会関東地域ブロック研究大会)(2019年3月10日,駒澤大学駒沢キャンパス)
荒井浩道(2020)「“上から目線”にならないスーパービジョン―リフレクティング」(第21回日本認知症ケア学会大会教育講演),『日本認知症ケア学会誌』19(1), 43.(2020年6月16日~2020年12月31日,WEB配信)
荒井浩道(2020)「認知症者をかかえる家族の会のピアサポート・グループの役割―支援しない支援の可能性」(日本社会教育学会第67回研究大会,プロジェクト研究「高齢社会と社会教育」,テーマ「高齢者教育と高齢者福祉をつなぐ」,司会:若園雄志郎・村田和子,報告:久保田治助・荒井浩道,荻野亮吾,コメンテーター:辻浩),『日本社会教育学会第67回研究大会発表要旨集録』7-8.(2020年9月11日,オンライン開催)
荒井浩道(2021)「”質的老年学”に向けて(質的研究論文の執筆と評価:心理学の執筆要領のオンライン輪読会講評②)」(日本老年社会科学会2020年度老年学系若手合同研究会)(2021年2月15日,オンライン)
荒井浩道(2021)「関東(とくに東京)における社会福祉教育」(日本社会福祉教育学会第11回春季研究集会,テーマ「コロナ禍における社会福祉教育の現状と今後の課題―多様化する授業内容と方法に関する事例報告を中心に」,コーディネーター:白川充,宮本雅央,シンポジスト:村山くみ,荒井浩道,阪口春彦,高杉公人,コメンテーター:志水幸,小山隆)(2021年3月13日,オンライン開催)
荒井浩道(2021)「認知症ケアの専門性と当事者性」(一般社団法人日本認知症ケア学会2020年度関東ブロック大会大会長講演)(2021年3月22日~2021年4月30日,WEB配信)
荒井浩道(2021)「“質的な”認知症ケア研究の可能性と課題」(第22回日本認知症ケア学会大会,特別企画「若手実践者・研究者が考える認知症ケアの未来」)『日本認知症ケア学会誌(第22回日本認知症ケア学会大会プログラム・抄録集)』20(1), 42.(2021年6月5日~2021年9月5日,WEB配信)
荒井浩道(2021)「高齢者ケアマネジメントからみたストレングス」(一般社団法人日本ケアマネジメント学会第20 回研究大会,シンポジウム「ケアマネジメントとストレングスモデル」,座長:奥田亜由子,シンポジスト:小澤温,荒井浩道,増田和高),『日本ケアマネジメント学会第20回研究大会抄録集』p.27.(2021年6月12日~2021年6月27日,WEB配信)

(講演・研修,2015年以降)
荒井浩道(2015)「受付及び相談と契約,相談面接技術の理解」(平成26年度群馬県介護支援専門員実務・更新・再研修).(2015年1月8日,前橋市民文化会館)
荒井浩道(2015)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法Ⅱ」(平成26年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会初任者研修).(2015年1月19日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2015)「コミュニティ・ソーシャルワーク(CSW)の方法」(高崎市社会福祉協議会職員研修).(2015年1月24日,群馬福祉会館)
荒井浩道(2015)「“ナラティヴ・ソーシャルワーク”の困難と喜び」(シンポジウム,野口裕二・紙野雪香・児島達美・荒井浩道・小山聡子「ナラティヴ・アプローチの困難と喜び─看護,心理,福祉,教育の領域から」(第3回ナラティヴ・コロキウム).(2015年3月8日,東京学芸大学)
荒井浩道(2015)「みんなで描こう地域の未来物語―だれもが住みやすい地域のつくり方」(みなかみ町社会福祉協議会ボランティア養成研修).(2015年3月9日,みなかみ町保健福祉センター)
荒井浩道(2015)「ソーシャルワーク(SW)としての学校臨床(SC)―ナラティヴ・アプローチを手がかりに」(スクールソーシャルワーク実践理論研究会第4回定例研究会).(2015年5月11日,日本社会事業大学文京キャンパス)
荒井浩道(2015)「認知症介護研修総論―倫理と認知症介護」(平成27年度第1回認知症介護指導者研修).(2015年6月9日,認知症介護研究・研修東京センター)
荒井浩道(招待コメンテーター)・高橋知也・蔡羽淳・豊島彩(2015)「福祉・生活と介護」(日本老年社会科学会第57回大会老年学系若手合同研究会).(2015年6月13日,パシフィコ横浜)
荒井浩道(2015)「ナラティヴ,コラボレイティヴ,オープンダイアローグ」(駒沢ブリーフサイコセラピー研究会2015年第2回研究会).(2015年6月22日,駒澤大学会館246)
荒井浩道(2015)「方法としてのナラティヴ」(科学研究費補助金「多元的な価値の中の環境ガバナンス:自然資源管理と再生可能エネルギーを焦点に」(研究代表者:宮内泰介,研究種目:基盤研究A一般,研究課題番号:24243054)第14回研究会).(2015年7月5日,北海道大学東京オフィス)
荒井浩道(2015)「地域で孤立するということ―地域で繋がりの基地を作るために」(目黒区介護者応援ボランティア養成講座).(2015年7月8日,目黒区総合庁舎)
荒井浩道(2015)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(1日目)」(平成27年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2015年8月10日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2015)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(1日目)」(平成27年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2015年8月11日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2015)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(1日目)」(平成27年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2015年8月12日,群馬県市町村会館)
永田久美子(ファシリテーター)・太田秀樹・荒井浩道・島村八重子・樋口範雄・柴田博・南砂・秋山弘子・清水哲郎・成本迅(2015)「ディスカッション,テーマ1:本人を中心にした意思決定支援のあり方,テーマ2:コミュニティでこれらのツールをどう活用するか」」(国立研究開発法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター公開ワークショップ「最期まで自分らしく生きる―本人の意思決定を支援するツールとその活かし方」).(2015年8月18日,東京大学本郷キャンパス)
荒井浩道(2015)「課題のある児童の理解と対応」(練馬区立大泉第四小学校教職員研修).(2015年8月25日,練馬区立大泉第四小学校)
荒井浩道(2015)「課題のある児童の理解と対応」(東村山区立秋津小学校教職員研修).(2015年8月27日,東村山区立秋津小学校)
荒井浩道(2015)「『介護者の会』のファシリテーション」(狛江市「介護者の会立ち上げと介護者応援ボランティア養成講座フォローアップ研修」).(2015年9月10日,狛江市役所防災センター)
荒井浩道(2015)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法Ⅰ」(平成27年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会初任者研修).(2015年9月16日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2015)「認知症介護研修総論―倫理と認知症介護」(平成27年度第2回認知症介護指導者研修).(2015年9月24日,認知症介護研究・研修東京センター)
荒井浩道(2015)「ナラティヴ・アプローチの可能性」(第12回ラーニングフルエイジング研究会).(2015年9月24日,東京大学大学院情報学環・福武ホール)
荒井浩道(2015)「認知症の人の支援におけるナラティヴ・ソーシャルワーク活用の可能性」(第2回認知症介護指導者養成研修ナイトセミナー).(2015年10月1日,認知症介護研究・研修東京センター)
荒井浩道(2015)「スーパーバイザーになるための研修Ⅰ」(平成27年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会現任者研修).(2015年10月19日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(コーディネーター)・山口健太・牧壮・徳永和紀(2015)(「パネルディスカッション―いかに豊かに年を重ねるためのつながりを支えていくか?」(公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団主催シンポジウム「人生100年時代の『つながり』を支えるICTの力―虚弱化,軽度認知障害と向き合う」).(2015年11月5日,丸の内MY PLAZAホール)
荒井浩道(2015)「ナラティヴ(語り)の意義とその具体」(上越圏域障害者地域生活支援センター・上越基幹相談支援センター主催精神障害のある方のピアサポートフォローアップ講座2015).(2015年11月28日,上越市民プラザ)
荒井浩道(2015)「コミュニティ・ソーシャルワークの手法Ⅱ―個別支援の手法(平成27年度高崎市社会福祉協議会職員研修)(2015年12月5日,群馬福祉会館)
荒井浩道(2015)「相談援助の実践と展開(第1回)」(平成27年度前橋市社会福祉協議会職員研修).(2015年12月7日,前橋市総合福祉会館)
荒井浩道(2015)「認知症介護研修総論―倫理と認知症介護」(平成27年度第3回認知症介護指導者研修).(2015年12月7日,認知症介護研究・研修東京センター)
荒井浩道(2015)「相談援助の実践と展開(第2回)」(平成27年度前橋市社会福祉協議会職員研修).(2015年12月16日,前橋市総合福祉会館)
荒井浩道(2015)「コミュニティ・ソーシャルワークの手法Ⅱ―地域支援の手法」(平成27年度高崎市社会福祉協議会職員研修).(2015年12月20日,高崎市総合福祉センター)
荒井浩道(2016)「受付及び相談と契約,相談面接技術の理解」(平成27年度群馬県介護支援専門員実務・更新・再研修).(2016年1月6日,前橋市民文化会館)
荒井浩道(2016)「ナラティヴ・アプローチを活用した相談援助」(平成27年度世田谷区地域包括支援センター職員研修[社会福祉士]).(2016年1月19日,三茶しゃれなあどホール)
荒井浩道(2016)「相談援助の実践と展開(第3回)」(平成27年度前橋市社会福祉協議会職員研修).(2016年1月22日,前橋市総合福祉会館)
荒井浩道(2016)「あなたらしい葬儀と墓」(一般社団法人シニア社会学会主催2015度連続講座「人生100年時代―最期の時を安心して迎えるには」).(2016年1月23日,ワード資生堂ホール)
荒井浩道(2016)「自己肯定感を育む」(平成27年度東京都教育委員会道徳授業地区公開講座).(2016年2月12日,練馬区立大泉第四小学校)
荒井浩道(2016)「スーパーバイザーになるための研修Ⅱ」(平成27年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会現任者研修).(2016年2月17日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2016)「面接技術のスキルアップ」(群馬県介護支援専門員協会前橋支部研修会).(2016年2月17日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(企画・司会)・安達映子・伊藤拓・松澤和正(2016)「シンポジウム―実践から研究へ/研究から実践へ」(第4回ナラティヴ・コロキウム).(2016年3月6日,駒澤大学深沢キャンパス)
荒井浩道(2016)「ボランティア活動に役立つ傾聴の技法(午前)」(前橋市介護予防活動ポイント制度研修会).(2016年3月9日,前橋市総合福祉会館)
荒井浩道(2016)「ボランティア活動に役立つ傾聴の技法(午後)」(前橋市介護予防活動ポイント制度研修会).(2016年3月9日,前橋市総合福祉会館)
荒井浩道(2016)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法Ⅱ」(平成27年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会初任者研修).(2016年3月14日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「ナラティヴ・アプローチ―認知症の人は何をどう語るのか?」(日本認知症グループホーム協会熊本県支部認知症ケア研修会).(2016年3月16日,熊本市民会館崇城大学ホール)
ジリツ本販促イベント(2016年7月17日)
荒井浩道(2016)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(1日目)」(平成28年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2016年7月26日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(2日目)」(平成28年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2016年7月27日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(3日目)」(平成28年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2016年7月28日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「認知症の人の支援におけるナラティヴ・ソーシャルワーク」(宮崎県認知症ケア専門士会,宮崎県認知症ケア・スキルアップ研修」(2016年7月30日,南九州大学)
荒井浩道(2016)「地域援助技術(コミュニティソーシャルワーク)」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2016年8月3日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―認知症に関する事例」(平成28年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2016年8月16日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―家族への支援の視点が必要な事例」(平成28年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2016年8月17日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2016)「ナラティヴ・アプローチを活用した相談援助」(平成28年度世田谷区地域包括支援センター職員研修[社会福祉士]).(2016年8月19日,三茶しゃれなあどホールオリオン)
荒井浩道(2016)「困難事例解決のための面接技法―ナラティヴ・アプローチ」(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会かなふくセミナー).(2016年9月12日,かながわ福祉サービス振興会セミナールーム)
荒井浩道(2016)「“いま・ここ”での会話―“禅的な支援”の可能性」(第11回宮昌寺薬師さま縁日の集い講演).(2016年10月7日,宮昌寺)
荒井浩道(2016)「職場研修成果報告会講評(コメンテーター)」(平成28年度認知症介護研究・研修東京センター第2回認知症介護指導者養成研修)(2016年11月1日,認知症介護研究・研修東京センター)
荒井浩道(2016)「ピアサポートにおけるナラティヴ・アプローチの活用」(上越圏域障害者地域生活支援センター・上越基幹相談支援センター主催精神障害のある方のピアサポートフォーローアップ講座2016).(2016年11月12日,上越市福祉交流プラザ)
荒井浩道(2017)「認知症の人と家族の支援におけるナラティヴ・アプローチ」(一般社団法人サードパス第23回iroriワークショップ).(2016年11月13日,世田谷区立太子堂区民センター)
荒井浩道(2017)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(平成28年度群馬県介護支援専門員実務研修,1組).(2017年1月6日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(平成28年度群馬県介護支援専門員実務研修,2組).(2017年1月7日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「相談・面接技術を学ぶ」(伊勢崎市介護支援専門員研修会).(2017年1月23日,伊勢崎市清掃リサイクルセンター21)
荒井浩道(2017)「「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法Ⅱ」(群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会主催平成28年度初任者研修会[群馬県委託事業]).(2017年1月30日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「徹底した面接演習をとおして相談援助技術の向上を目指す!」(群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会主催平成28年度実践力UP研修会).(2017年2月16日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「物語としての支援―対人援助におけるナラティヴ・アプローチの可能性」(前橋市医師会主催多職種連携事業研修会).(2017年2月22日,前橋市総合福社会館)
荒井浩道(2017)「ナラティヴ・ソーシャルワーク―『支援しない支援』の方法を読み解く」(公益財団法人老年病研究所主催平成28年度群馬県地域医療介護総合確保基金早期発見・早期対応に向けた認知症対応実践事例検討会part2).(2017年2月25日,前橋マーキュリーホテル)
荒井浩道(2017)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―認知症に関する事例」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2017年5月16日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―家族への支援の視点が必要な事例」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2017年5月17日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「対人スキルと面接技法」(平成29年度一般社団法人群馬県介護支援専門員協会富岡・甘楽支部総会記念講演).(2017年6月10日,富岡市生涯学習センター)
荒井浩道(2017)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(1日目)」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2017年6月12日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2017)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(2日目)」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2017年6月13日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(3日目)」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2017年6月14日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「『死ぬこと』が困難な時代―『終活ブーム』再考」(特定非営利活動法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ[NALC]2017年度東京支部総会講演).(2017年6月18日,三田いきいきプラザ)
荒井浩道(2017)「地域援助技術(コミュニティソーシャルワーク)」(平成29年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2017年6月21日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2017)「ファシリテーション技術を学ぶ(1日目)」(平成29年度群馬県介護支援専門員法定研修に係るファシリテータースキルアップ研修).(平成29年7月15日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「ファシリテーション技術を学ぶ(2日目)」(平成29年度群馬県介護支援専門員法定研修に係るファシリテータースキルアップ研修).(平成29年7月16日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「職場研修成果報告会講評(コメンテーター)」(平成29年度認知症介護研究・研修東京センター第1回認知症介護指導者養成研修)(2017年7月25日,認知症介護研究・研修東京センター)
荒井浩道(2017)「利用者・家族,訪問介護員他,多職種との連携におけるコミュニケーション技術について」(平成29年度群馬県ホームヘルパー協議会サービス提供責任者養成研修会[群馬県補助事業]).(2017年8月12日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2017)「もう一度振り返ろう対人援助技術―支援しない支援」(あしかが介護支援専門員連絡会対人援助技術に関する研修会).(2017年8月17日,足利市民プラザ)
荒井浩道(2017)「支援困難事例を捉え直す―ナラティヴ・アプローチの実践」(横浜市港南区ケアマネジメント講座).(2017年8月25日,横浜市港南区役所)
荒井浩道(2017)「発達障害のある児童への適切な対応―DVD『信頼のサポート』を踏まえて」(練馬区立大泉第四小学校教職員研修).(2017年8月28日,練馬区立大泉第四小学校)
荒井浩道(2017)「ケアマネジャーのためのナラティヴ・アプローチ」(平成29年度利根沼田介護支援専門員協議会研修会).(2017年9月11日,沼田市白沢支所)
荒井浩道(2017)「認知症の人と家族の支援におけるナラティヴ・アプローチ」(第12回鹿児島県大隅地区認知症セミナー).(2017年10月9日,鹿児島県鹿屋市文化会館)
荒井浩道(2017)「本人や家族のために今からできる介護の心がまえ―家族や地域の変化」(伊勢崎市家族介護支援講演会).(2017年10月13日,伊勢崎市絣の郷円形交流館)
荒井浩道(2017)「認知症の人の語りと支援―ナラティヴ・アプローチ」(第11回日本認知症ケア学会認知症ケア上級専門士教育講演,東京).(2017年10月14日,スタンダード会議室虎ノ門ヒルズFRONT)
荒井浩道(2017)「ピアサポートにおけるナラティブ・アプローチの活用」(新潟県上越市精神障害のある方のピアサポートフォーローアップ講座2016).(2017年10月21日,上越市福祉交流プラザ)
荒井浩道(2017)「これからの福祉と地域連携」(熊本県人吉市社会福祉法人西瀬福祉会創立50周年記念事業「福祉講演会&子育て研修会」).(2017年11月4日,アンジェリーク平安)
荒井浩道(2017)「“教えない”ソーシャルワーク教育─“余白”が担保する主体的・対話的な学び」(『ソーシャルワーカーのソダチ―ソーシャルワーク教育・実践の未来のために』出版記念イベント).(2017年11月19日,日本大学文理学部)
荒井浩道(2017)「認知症の人の語りと支援―ナラティヴ・アプローチ」(第12回日本知症ケア学会認知症ケア上級専門士教育講演,大阪).(2017年12月9日,CIVI北梅田研修センター).
荒井浩道(2017)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法」(群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会平成29年度初任者研修会[後期])(2017年12月22日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(平成28年度群馬県介護支援専門員実務研修,1組).(2018年1月8日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(平成28年度群馬県介護支援専門員実務研修,2組).(2018年1月9日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「認知症を知ろう」(品川総合福祉センター八潮在宅サービスセンター介護者教室)(2018年1月20日,八潮在宅サービスセンター)
荒井浩道(2018)「ダイアローグ(対話)研修―「対話」の世界を体験してみませんか(第1回)」(平成29年度公益財団法人老年病研究所地域医療介護総合確保基金事業[認知症ケアを支える人材育成事業])(2018年1月21日,HOTEL1-2-3前橋マーキュリー)
荒井浩道(2018)「ダイアローグ(対話)研修―「対話」の世界を体験してみませんか(第2回)」(平成29年度公益財団法人老年病研究所地域医療介護総合確保基金事業[認知症ケアを支える人材育成事業])(2018年2月17日,HOTEL1-2-3前橋マーキュリー)
荒井浩道(2018)「困難事例解決のための面接技法―ナラティヴ・アプローチ」(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会かなふくセミナー)(2018年2月19日,かながわ福祉サービス振興会)
荒井浩道(2018)「家族介護者のサポートをするって?―プロじゃない私たちにできること」(狛江市介護者サポーターフォローアップ講座)(2018年2月22日,狛江市防災センター)
荒井浩道(2018)「多職種連携研修」(平成29年度公益財団法人老年病研究所地域医療介護総合確保基金事業[認知症ケアを支える人材育成事業])(2018年3月3日,HOTEL1-2-3前橋マーキュリー)
荒井浩道(2018)「質的研究方法②―ナラティヴ・アプローチ,テキストマイニング(アドバイザー)」(2017年度一般社団法人日本社会福祉学会関東地域ブロック研究大会オープニングワークショップ)(2018年3月4日,明治学院大学白金キャンパス)
荒井浩道(企画・司会)・やまだようこ(シンポジスト)・堀有伸(シンポジスト)・角田泰隆(シンポジスト)・野村直樹(シンポジスト)(2018)「第6回ナラティヴ・コロキウム―シンポジウム:ナラティヴと時間」(2018年3月11日,駒澤大学深沢キャンパス)
荒井浩道(2018)「ケアマネジャーのためのナラティヴ・アプローチ」(横浜市港南区ケアマネジメント講座)(2018年3月22日,横浜市港南区役所)
荒井浩道(2018)「認知症の人の語りと支援―ナラティヴ・アプローチ」(日本認知症ケア学会関東2地域部会ワークショップ)(2018年5月12日,スタンダード会議室虎ノ門ヒルズFRONT店)
荒井浩道(2018)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―認知症に関する事例」(平成30年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2018年5月15日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―家族への支援の視点が必要な事例」(平成30年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2018年5月16日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「認知症の人の語りと支援―ナラティヴ・アプローチ」(日本認知症ケア学会関東2地域部会ワークショップ)(2018年5月27日,スタンダード会議室虎ノ門ヒルズFRONT店)
荒井浩道(2018)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(1日目)」(平成30年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2018年6月11日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(2日目)」(平成30年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2018年6月12日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「対人援助者監督指導(スーパービジョン)(3日目)」(平成30年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2018年6月13日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「地域援助技術(コミュニティソーシャルワーク)」(平成30年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2018年6月20日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道「『不登校』の理解と支援」(練馬区立大泉第四小学校教職員研修)(練馬区立大泉第四小学校,平成30年7月30日)
荒井浩道(2018)「さらに深めよう対人援助技術」(平成30年度あしかが介護支援専門員連絡会研修会).( 2018年8月24日,足利市民プラザ)
荒井浩道(2018)「ファシリテーション技術を学ぶ(1日目)」(平成30年度群馬県介護支援専門員法定研修に係るファシリテータースキルアップ研修).(2018年8月25日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「ファシリテーション技術を学ぶ(2日目)」(平成30年度群馬県介護支援専門員法定研修に係るファシリテータースキルアップ研修).(2018年8月26日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「リフレクティングによる対話的読書会」(第3回ナラティヴ・アプローチ研究会)(2018年9月1日,武蔵野プレイス)
荒井浩道(2018)「民生委員・児童委員のための相談援助研修」(平成30年度民生委員・児童委員相談援助研修会).(2018年9月12日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「認知症の本人と家族の理解と支援」(品川区八潮自治会連合会高齢福祉事業部会講演会).(2018年9月16日,品川区立区民活動交流施設)
荒井浩道(2018)「地域アセスメントを実践するために―KJ法,テキストマイニング」(平成30年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会現任者研修).(2018年9月26日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2018)「ナラティヴ・ソーシャルワーク①」(聖学院大学大学院人間福祉学研究科「対人援助論―ナラティヴ・ソーシャルワーク」).(2019年10月15日,聖学院大学)
荒井浩道(2018)「ナラティヴ的面接技法」(第4回ナラティヴ・アプローチ研究会)(2018年10月20日,武蔵野プレイス)
荒井浩道(2018)「ナラティヴ・ソーシャルワーク②」(聖学院大学大学院人間福祉学研究科「対人援助論―ナラティヴ・ソーシャルワーク」).(2019年10月22日,聖学院大学)
荒井浩道(2018)「利用者・家族,訪問介護員他,多職種との連携におけるコミュニケーション技術について」(平成30年度群馬県ホームヘルパー協議会サービス提供責任者養成研修会).(2018年12月15日,群馬県公社総合ビル)
荒井浩道(2018)「相談援助技術研修―社協職員に求められる相談援助の視点と技法」(平成30年度群馬県内社協職員連絡協議会パワーアップ研修会).(2018年12月25,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2018)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法」(平成30年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会).(2018年12月26日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(平成30年度群馬県介護支援専門員実務研修).(2019年1月8日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「利用者・家族,訪問介護員他,多職種との連携におけるコミュニケーション技術について」(平成30年度群馬県ホームヘルパー協議会サービス提供責任者現任研修会).(2019年1月12日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「ダイアローグ(対話)・アプローチ―ナラティヴ・アプローチの進化系」(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会かなふくセミナー).(2019年2月14日,かながわ福祉サービス振興会)
荒井浩道(2019)「多職種連携のコツ―チームビルディングを体験してみよう!(第1回)」(公益財団法人老人病気病院多職種協学交流ワークショプ).(2019年2月17日,HOTEL1-2-3前橋マーキュリー)
荒井浩道(2019)「多職種連携のコツ―チームビルディングを体験してみよう!(第2回)」(公益財団法人老人病気病院多職種協学交流ワークショプ).(2019年3月3日,HOTEL1-2-3前橋マーキュリー)
荒井浩道(2019)「介護者教室―認知症との向き合い方」(品川総合福祉センター八潮在宅サービスセンター).(2019年3月9日,八潮在宅サービスセンター)
荒井浩道(2019)「リフレクティングによる対話的事例検討会(第1回)」(日本認知症ケア学会関東2地域部会Ⅰ事例検討会).(2019年4月13日,CIVI研修センター秋葉原)
荒井浩道(2019)「リフレクティングによる対話的事例検討会(第2回)」(日本認知症ケア学会関東2地域部会Ⅱ事例検討会).(2019年4月14日,CIVI研修センター秋葉原)
荒井浩道(2019)「“余白”づくりのナラティヴ的対人援助技術」(第7回ナラティヴ・アプローチ研究会)(2019年4月20日,武蔵野プレイス)
荒井浩道(2019)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―認知症に関する事例」(平成31年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2019年5月15日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―家族への支援の視点が必要な事例」(平成31年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2019年5月15日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),1日目」(令和元年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2019年6月10日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),2日目」(令和元年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2019年6月11日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),3日目」(令和元度群馬県主任介護支援専門員研修).(2019年6月12日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「地域援助技術(コミュニティソーシャルワーク)」(令和元年度群馬県主任介護支援専門員研修).(2019年6月19日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「ナラティヴ・アプローチ」(日本社会事業大学特別講義,社会福祉原論Ⅱ,社会福祉援助技術論Ⅳ),(2019年7月15日,日本社会事業大学)
荒井浩道(2019)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法」(令和元年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会初任者研修会[群馬県委託事業])(2019年7月30日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「ナラティヴ・アプローチ入門」(一般社団法人日本産業カウンセラー協会東京支部)(2019年8月25日,日本産業カウンセラー協会東京支部代々木教室)
荒井浩道(2019)「ダイアローグ・アプローチ」(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団福祉施設職員研修)(2019年9月9日,特別養護老人ホーム風かおる里)
荒井浩道(2019)「地域アセスメントを実践するために―KJ法,テキストマイニング」(令和元年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会現任者研修会[群馬県委託事業])(2019年9月12日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2019)「相談支援の基本姿勢」(世田谷区相談支援従事者初任者研修[基本相談研修],1日目)(2019年10月18日,東京リハビリテーションセンター世田谷)
荒井浩道(2019)「ケアマネジメント概論,ケアマネジメントの実践に関する講義」(世田谷区相談支援従事者初任者研修[基本相談研修],2日目)(2019年10月21日,東京リハビリテーションセンター世田谷)
荒井浩道(2019)「ケアマネジメントの実践に関する講義(チームアプローチ,連携・協働)」(世田谷区相談支援従事者初任者研修[基本相談研修],3日目)(2019年10月22日,東京リハビリテーションセンター世田谷)
荒井浩道(2019)「ナラティヴ・アプローチ入門―クライエント支援から後輩指導への活用術」(九州医療ソーシャルワーカー協議会中堅者研修)(2019年11月22日,桜の馬場城彩苑多目的交流施設)
荒井浩道(2019)「面接演習をとおして相談援助技術の向上を目指す!」(令和元年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会面接技術のフォローアップ研修会)(2019年12月25日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2020)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(令和元年度群馬県介護支援専門員実務研修)(2020年1月7日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2020)「困難事例解決のための面接技法―ナラティヴ・アプローチ」(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会かなふく人材センターかなふくセミナー)(2020年1月29日,かながわ福祉サービス振興会)
荒井浩道(2020)「ケアマネジャーのための対話的面接技術」(みどり市ケアマネジャーのための講演会)(2020年1月30日,みどり市笠懸公民館)
荒井浩道(2020)「相談業務を行う上で必要な面接技術のスキルアップを目指す」(令和元年度群馬県ふくし総合相談支援事業なんでも福祉相談員研修会Ⅲ[継続編③])(2020年2月19日,群馬県生涯学習センター)
荒井浩道(2020)「大四小特別支援研修」(支援員を対象とした特別支援に関する校内研修)(2020年3月10日,練馬区立大泉第四小学校)
荒井浩道(2020)「ピアサポートの内容とその意義」(公益社団法人認知症の人と家族の会群馬県支部「認知症の人と家族のための電話相談」相談員研修会)
荒井浩道(2020)「面接技術のスキルアップ―傾聴の技法」(令和2年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会初任者研修会・第1日[群馬県委託事業])(2020年7月13日,群馬県市町村会館)
荒井浩道(2020)「ナラティヴ・アプローチ入門」(一般社団法人日本産業カウンセラー協会東京支部)(2020年8月22日,日本産業カウンセラー協会東京支部代々木教室)
荒井浩道(2020)「“上から目線”にならないスーパービジョン」(世田谷区障害者相談支援人材育成研修,テーマ別研修2「技術の習得」)(2020年8月26日,東京リハビリテーションセンター世田谷)
荒井浩道(2020)「地域アセスメントを実践するために―KJ法,テキストマイニング」(令和元年度群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会現任者研修会[群馬県委託事業])(2020年9月25日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2020)「リフレクティングによる対話的事例検討会(第1回)」(日本認知症ケア学会関東2地域部会Ⅴ事例検討会).(2020年9月19日,Web開催)
荒井浩道(2020)「リフレクティングによる対話的事例検討会(第2回)」(日本認知症ケア学会関東2地域部会Ⅵ事例検討会).(2020年9月20日,Web開催)
荒井浩道(2020)「相談支援におけるケアマネジメントの手法とプロセス」(令和2年度世田谷区相談支援従事者初任者研修)(2020年10月23日,動画配信)
荒井浩道・田原雄二(2020)「相談支援の実際―ケアマネジメント手法を用いた相談支援プロセスの具体的理解」(令和2年度世田谷区相談支援従事者初任者研修)(2020年10月29-30日,東京リハビリテーションセンター世田谷)
荒井浩道(2020)「排除をつくらない相談支援体制づくりの構築」(日本社会福祉士会「2020年度地域共生社会の実現に向けたソーシャルワーク実践力養成研修(試行研修)」)(2020年11月23日,オンライン開催)
荒井浩道(2020)「ナラティヴ・アプローチ」(品川学校支援チームHEARTS研修会)(2020年12月21日,品川区立教育総合支援センター)
荒井浩道(2021)「①相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎,②利用者,多くの種類の専門職等への説明及び合意,③受付及び相談並びに契約(ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術)」(令和2年度群馬県介護支援専門員実務研修)(2021年1月7日,講義:動画配信,演習:群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2021)「相談業務における信頼関係(ラポール)形成のための面接技術」(令和2年度群馬県ふくし総合相談支援事業なんでも福祉相談員研修会Ⅲ)(2021年3月17日,オンライン)
荒井浩道(2021)「ナラティヴ的連携・協働の技法」(品川学校支援チームHEARTS研修会)(2021年5月17日,品川区立教育総合支援センター)
荒井浩道(2021)「主任介護支援専門員としての実践の振り返りと指導及び支援の実践(スーパービジョン)―家族への支援の視点が必要な事例」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員更新研修).(2021年5月25日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),1日目」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員研修,令和2年度申込者).(2021年6月7日,群馬県社会福祉総合センター)
荒井浩道(2021)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),2日目」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員研修,令和2年度申込者).(2021年6月8日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),3日目」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員研修,令和2年度申込者).(2021年6月9日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「地域援助技術(コミュニティソーシャルワーク)」(令和3年群馬県主任介護支援専門員研修,令和2年度申込者).(2021年6月18日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),1日目」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員研修,令和3年度申込者).(2021年7月13日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),2日目」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員研修,令和3年度申込者).(2021年7月16日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「対人援助者監督指導(スーパービジョン),3日目」(令和3年度群馬県主任介護支援専門員研修,令和3年度申込者).(2021年19月20日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)
荒井浩道(2021)「地域援助技術(コミュニティソーシャルワーク)」(令和3年群馬県主任介護支援専門員研修,令和3年度申込者).(2021年7月20日,群馬県社会福祉総合センター+動画配信)

(競争的資金)
平成14年度早稲田大学特定課題研究助成費(新任)「家族介護者による『老い』の意味づけに関する実証研究」(研究代表者:荒井浩道,助成額:200,000円)
平成15年度~平成17年度文部科学省科学研究費補助金「痴呆介護における家族支援に関する実証研究―セルフヘルプ・グループ活動を中心に」(研究課題番号:15730267,研究種目:若手研究(B),配分区分:補助金,研究分野:社会福祉学,研究機関:高崎芸術短期大学(2003),創造学園大学(2004-2005),研究代表者:荒井浩道,配分額:2,200,000円,直接経費:2,200,000円)
平成15年度~平成16年度日本学術振興会科学研究費補助金「東・東南アジア地域における高齢化とリビング・アレンジメントに関する比較研究」(研究課題番号:15402039,研究種目:基盤研究(B),配分区分:補助金,応募区分:海外学術,研究分野:社会学,研究機関:早稲田大学,研究代表者:嵯峨座晴夫,研究分担者:店田廣文,宮内孝知,臼井恒夫,村田久,鶴若麻理,荒井浩道,辻明子,配分額:10,000,000円,直接経費:10,000,000円)
平成16年度日本興亜福祉財団ジェロントロジー研究助成金「痴呆性高齢者を介護する家族への援助実践に関する実証的研究―セルフヘルプ・グループにおけるピア・カウンセリング機能を中心に」(研究代表者:荒井浩道,助成額:390,000円)
平成19年度~平成22年度文部科学省科学研究費補助金「認知症介護家族への支援におけるナラティブ・アプローチに関する研究」(研究課題番号:19730369,研究種目:若手研究(B),配分区分:補助金,研究分野:社会福祉学,研究機関:駒澤大学,研究代表者:荒井浩道,配分額:3,760,000円,直接経費:3,100,000円,間接経費:660,000円)
平成19年度~平成22年度日本学術振興会科学研究費補助金「現代社会における対人援助に関する社会学的総合研究」(研究課題番号:19330111,研究種目:基盤研究(B),配分区分:補助金,応募区分:一般,研究分野:社会学,研究機関:桜美林大学,研究代表者:佐藤恵,研究分担者:伊藤智樹,崎山治男,三井さよ,荒井浩道,井口高志,連携研究者:荒井浩道,井口高志,水津嘉克,配分額:18,980,000円,直接経費:14,600,000円、間接経費:4,380,000円)
平成20年度大川情報通信基金研究助成「高齢社会における高齢者のIT利用とQOL(生活の質)の向上」(研究代表者:袖井孝子,共同研究者:荒井浩道,澤岡詩野,森やす子,助成額:1,000,000円)
平成22年度倶進会一般助成(研究・一般)「ICT利用が高齢者の社会的孤立の防止に与える効果に関する基礎的研究」(一般社団法人シニア社会学会,代表:袖井孝子,研究担当責任者:荒井浩道,委員:澤岡詩野・鈴木昭男・森やす子,助成額:500,000円)
平成22年度ユニベール財団研究助成「ICTを活用した都市高齢者の社会的孤立防止に関する調査研究」(研究代表者:荒井浩道,共同研究者:袖井孝子,澤岡詩野,森やす子,鈴木昭男,助成額:1,000,000円)
平成22年度福祉医療機構社会福祉振興助成事業(先進的・独創的活動支援事業)「ICTによる高齢者孤立防止モデル開発事業」(一般社団法人シニア社会学会,代表:袖井孝子,委員:荒井浩道,澤岡詩野,鈴木昭男,森やす子,助成額:4,815,000円)
平成22年度福祉医療機構社会福祉振興助成事業(先進的・独創的活動支援事業)「限界集落・自治体の地域コミュニティ再生事業」(福祉デザイン研究所,代表:川村匡由,委員:荒井浩道,石川陽一,小野篤司,島津淳,豊田保,助成額:1,847,000円)
平成23年度~平成24年度日本証券奨学財団研究調査助成(社会学)「セルフヘルプ・グループ/ピア・サポートを対象とした『支援』実践に関する物語論的アプローチによる質的研究」(研究代表者:水津嘉克,共同研究者:荒井浩道,伊藤智樹,崎山治男,佐藤恵,三井さよ,助成額:1,000,000)
平成23年度福祉医療機構社会福祉振興助成事業(全国的・広域的ネットワーク活動支援事業)「ICTによる高齢者孤立防止モデル普及事業」(一般社団法人シニア社会学会,代表:袖井孝子,委員:荒井浩道,澤岡詩野,鈴木昭男,森やす子,助成額:6,379,000円)
平成24年度~平成28年度日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)「ピアサポート機能に注目した認知症家族会の運営マニュアルの開発と評価に関する研究」(研究課題番号:24730471,研究種目:若手研究(B),配分区分:基金,研究分野:社会福祉学,研究機関:駒澤大学,研究代表者:荒井浩道,配分額:4,290,000円,直接経費:3,300,000円,間接経費:990,000円)
平成25年度~平成27年度みずほ教育福祉財団高齢者福祉研究助成「80歳代高齢者の生きがいの持続的促進と社会的対応」(研究代表者:川村匡由,研究主任:荒井浩道,事務主任:野上隆憲,研究員:島津淳,豊田保,小野篤司,藤森洵子,石川陽一,助成額:4,500,000円)
平成25年度駒澤大学特別研究助成(出版助成)「ナラティヴ・ソーシャルワーク―“〈支援〉しない支援”の方法(平成26年2月出版)」(研究代表者:荒井浩道,助成額:800,000円)
平成25年度日本ソーシャルワーカー協会社会福祉情報発信事業・活動助成金(岡本民生基金)「ソーシャルワークの普及啓発を目指したSNSへの自動投稿システムの作成」(研究代表者:荒井浩道,助成額:360,000円)
平成26年度福祉医療機構社会福祉振興助成事業(地域連携活動支援事業)「聞き書きで創る高齢者が孤立しない未来事業報告書」(特定非営利活動法人シニアSOHO普及サロン三鷹,代表:久保律子,委員:柳本文貴・加藤充良・有馬将由・花崎良政・荒井浩道・阿部忠光,助成額:6,520,000円)
平成27年度~平成30年度日本学術振興会科学研究費助成事業(科学研究費補助金)「ピアサポートの意義および効果に関する包括的研究」(研究課題番号:15H03432,研究種目:基盤研究(B),配分区分:補助金,応募区分:一般,研究分野:社会福祉学,研究機関:聖学院大学,研究代表者:相川章子,研究分担者:荒井浩道,山口創生,濱田由紀,種田綾乃,研究協力者:水野雅之,御薗恵将,澤田宇多子,安井直子,配分額:15,470,000円,直接経費:11,900,000円,間接経費:3,570,000円)
2016年度特定非営利活動法人非営利・協同総合研究所いのちとくらし研究助成(共同)「精神保健福祉領域におけるピアサポートの普及啓発およびピアスタッフ養成に関する研修プログラムの開発」(研究代表者:相川章子,共同研究者:荒井浩道,濱田由紀,種田綾乃,Mark Salzer,安井直子,研究期間:2017年4月~2019年3月,助成額:900,000円)
2019年度公益財団法人ひと・健康・未来研究財団研究助成「精神保健福祉領域のピアサポートによる福祉的予防に関する探索的研究」(公募テーマ:福祉,研究代表者:相川章子,共同研究者:荒井浩道,濱田由紀,種田綾乃,研究期間:2019年9月~2020年8月,助成額:1,000,000円)
令和2年度厚生労働省社会福祉推進事業「地域共生社会の実現に向けた現任社会福祉士の研修プログラムの開発とスーパービジョンの実態把握に関する調査研究事業」(公益社団法人日本社会福祉士会,現任研修見直し委員会,委員長:中田雅章,委員:荒井浩道・逸持治典子・加山弾・高良麻子・高山由美子・中島康晴,研究期間:2020年8月~2021年3月,補助額(内示額):15,000,000円)
令和3年度~令和6年度(予定)日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)「誰も排除しないナラティヴ・アプローチ教育プログラムの開発と評価」(研究課題番号:21K01956,研究種目:基盤研究(C),応募区分:一般,審査区分:社会福祉学関連,研究機関:駒澤大学,研究代表者:荒井浩道,配分額:3,900,000円,直接経費:3,000.000円,間接経費:900,000円)


書籍等出版物

  5

学歴

  4

主要な委員歴

  16