佐々木 宏之

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/11 09:30
 
アバター
研究者氏名
佐々木 宏之
 
ササキ ヒロユキ
URL
http://www.irides-icdm.med.tohoku.ac.jp
所属
東北大学
部署
災害科学国際研究所 災害医療国際協力学分野
職名
准教授
学位
医学博士(東北大学)
その他の所属
東北大学病院総合外科
科研費研究者番号
90625097

プロフィール

医療機関における受援計画、BCPについて研究しています。
宮城県災害医療コーディネーター
日本災害医学会評議員
日本災害医学会「災害医学のあり方委員会」「社会医学系専門医検討委員会」委員
日本災害医学会セミナー インストラクター
日本災害医学会MCLS 世話人・インストラクター
日本災害医学会BHELP インストラクター
NDLS インストラクター
日本DMAT隊員(統括)
社会医学系専門医・指導医、外科専門医
大学病院災害管理技能者(UDME)
BCAO認定 事業継続管理者
JATECプロバイダー, JPTECプロバイダー
MCLS-CBRNEプロバイダー, MCLS大量殺傷型テロ対応セミナー受講修了
臨床研修指導医講習会受講済
第67回宮城県緩和ケア研修会修了
厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「地震、津波、洪水、土砂災害、噴火災害等の各災害に対応したBCP及び病院避難計画策定に関する研究」研究協力者
災害医療救護通信エキスパート育成協議会 基礎レベル通信エキスパート研修終了

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年2月
 - 
現在
日本集団災害医学会  評議員
 
2015年12月
 - 
現在
日本集団災害医学会  災害医学のあり方委員会
 

論文

 
Agent-Based Modeling and Simulation of Nosocomial Infection among Healthcare Workers during Ebola Virus Disease Outbreak in Sierra Leone
Tohoku J Exp Med.   245(4) 231-238   2018年8月   [査読有り]
Murakami A, Sasaki H, Pascapurnama DN, Egawa S
Disaster medicine and public health preparedness   1-12   2017年10月   [査読有り]
Jones-Konneh TEC, Murakami A, Sasaki H, Egawa S
The Tohoku journal of experimental medicine   243(2) 101-105   2017年10月   [査読有り]
Egawa S, Suda T, Jones-Konneh TEC, Murakami A, Sasaki H
The Tohoku journal of experimental medicine   243(1) 1-9   2017年9月   [査読有り]
Yamanouchi S, Sasaki H, Kondo H, Mase T, Otomo Y, Koido Y, Kushimoto S
Prehospital and disaster medicine   32(5) 1-8   2017年5月   [査読有り]
Matsuda Y, Miura K, Yamane J, Shima H, Fujibuchi W, Ishida K, Fujishima F, Ohnuma S, Sasaki H, Nagao M, Tanaka N, Satoh K, Naitoh T, Unno M
Cancer science   107(5) 628-628   2016年5月   [査読有り]
【膵外分泌機能不全と膵酵素補充療法の進歩】 慢性膵炎のFrey術後の栄養状態の変化
江川 新一, 佐々木 宏之, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   37(2) 185-189   2016年2月
背景と目的:Frey手術は切除術に比較して低侵襲で疼痛除去効果が高く、進行した慢性膵炎に対するすぐれた術式である。当科症例に基づくFrey手術後の栄養状態の変化と管理のあり方を検討する。対象と方法:当科でFrey手術を施行され1年以上経過し、かつ栄養指標と膵酵素製剤の投与状況が判明している35例。栄養指標の時間的推移を検討した。結果:血清中の蛋白質は術後3ヵ月で回復するが、長期間後に低蛋白血症で重篤な病態を呈する症例もあった。脂肪の異常値は術後長期に出現することが多かった。膵性糖尿病に対す...
Pascapurnama DN, Murakami A, Chagan-Yasutan H, Hattori T, Sasaki H, Egawa S
The Tohoku journal of experimental medicine   238(3) 219-227   2016年3月   [査読有り]
Someya S, Nagao M, Shibata C, Tanaka N, Sasaki H, Kikuchi D, Miyachi T, Naitoh T, Unno M
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   19(7) 1342-1349   2015年7月   [査読有り]
Yamanouchi S, Sasaki H, Tsuruwa M, Ueki Y, Kohayagawa Y, Kondo H, Otomo Y, Koido Y, Kushimoto S
Prehospital and disaster medicine   30(2) 145-151   2015年4月   [査読有り]
東日本大震災被災地医療機関における「受援計画」に関するアンケート調査結果報告
佐々木 宏之, 山内 聡, 江川 新一
Japanese Journal of Disaster Medicine   20(1) 40-50   2015年6月
【背景】東日本大震災時に被災地医療機関では支援の受け入れ準備が整っておらず、支援力を有効に活用できなかった。【目的】震災の経験から「次」の災害に備え医療機関が受援計画として整備すべき項目を抽出し、提言およびチェックリストとしてまとめる。【方法】東日本大震災被災地の892医療機関に受援計画に関するアンケート調査票を郵送し、受援計画の整備状況、受援計画として整備すべき項目を解析した。【結果】223医療機関が回答。受援計画は42災害拠点病院中6病院(14%)、181非災害拠点踏院中6病院(3%)...
Toshima M, Miura K, Ishida K, Mizoi T, Naitoh T, Ogawa H, Ohnuma S, Sasaki H, Watanabe K, Haneda S, Sase T, Kajiwara T, Matsuda Y, Shibata C, Sasaki I
Surgery today   43(3) 329-334   2013年3月   [査読有り]
Kinouchi M, Miura K, Mizoi T, Ishida K, Fujibuchi W, Sasaki H, Ohnuma S, Saito K, Katayose Y, Naitoh T, Motoi F, Shiiba K, Egawa S, Shibata C, Unno M
Hepato-gastroenterology   60(122) 83-88   2013年1月   [査読有り]
Miyachi T, Tanaka N, Endo K, Fujishima F, Sasaki H, Nagao M, Morikawa T, Naitoh T, Miura K, Shibata C, Shimosegawa T, Unno M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   110(6) 1014-1021   2013年6月   [査読有り]
症例は20歳代女性.Peutz-Jeghers症候群と診断され,10歳代に小腸ポリープによる腸重積に対し,2度の小腸切除術を受けている.今回,腸重積を再発し,開腹下に重積腸管を整復した後,小腸に小切開をおき,内視鏡を挿入,十二指腸から上行結腸までの10mm大以上のポリープ21個をすべて切除した.腸重積手術時の内視鏡的ポリープ切除は,腸管を温存しつつ多数のポリープ切除が可能な,有効な治療法である.
[Therapeutic strategy for neuroendocrine tumor of the rectum].
Ohnuma S, Naitoh T, Haneda S, Kudoh K, Kohyama A, Nagao M, Tanaka N, Sasaki H, Aoki T, Abe T, Musha H, Morikawa T, Yoshida H, Motoi F, Katayose Y, Shibata C, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 2077-2079   2013年11月   [査読有り]
Sase T, Suzuki T, Miura K, Shiiba K, Sato I, Nakamura Y, Takagi K, Onodera Y, Miki Y, Watanabe M, Ishida K, Ohnuma S, Sasaki H, Sato R, Karasawa H, Shibata C, Unno M, Sasaki I, Sasano H
International journal of cancer. Journal international du cancer   131(10) 2284-2293   2012年11月   [査読有り]
Kaneko N, Miura K, Gu Z, Karasawa H, Ohnuma S, Sasaki H, Tsukamoto N, Yokoyama S, Yamamura A, Nagase H, Shibata C, Sasaki I, Horii A
Biochemical and biophysical research communications   390(4) 1235-1240   2009年12月   [査読有り]
Ogawa H, Haneda S, Watanabe K, Suzuki H, Miura K, Ohnuma S, Sasaki H, Shibata C, Unno M
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   16(8) 1581-1584   2012年8月   [査読有り]
Takahashi K, Funayama Y, Tokumura H, Tanda S, Maekawa H, Chiba T, Toshima T, Fukuyama S, Musha H, Matsumura N, Sasaki H, Yasumoto A
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   107(2) 233-240   2010年2月   [査読有り]
Sasaki H, Miura K, Horii A, Kaneko N, Fujibuchi W, Kiseleva L, Gu Z, Murata Y, Karasawa H, Mizoi T, Kobayashi T, Kinouchi M, Ohnuma S, Yazaki N, Unno M, Sasaki I
Cancer science   99(4) 711-719   2008年4月   [査読有り]
Suzuki H, Ogawa H, Miura K, Haneda S, Watanabe K, Ohnuma S, Sasaki H, Sase T, Kimura S, Kajiwara T, Komura T, Toshima M, Matsuda Y, Shibata C, Sasaki I
Oncology letters   4(2) 199-204   2012年8月   [査読有り]
Karasawa H, Miura K, Fujibuchi W, Ishida K, Kaneko N, Kinouchi M, Okabe M, Ando T, Murata Y, Sasaki H, Takami K, Yamamura A, Shibata C, Sasaki I
Cancer science   100(5) 903-913   2009年5月   [査読有り]
Matsumura N, Tokumura H, Yasumoto A, Sasaki H, Yamasaki M, Musya H, Fukuyama S, Takahashi K, Toshima T, Funayama Y
Surgery today   39(3) 252-255   2009年   [査読有り]
Ohnuma S, Miura K, Horii A, Fujibuchi W, Kaneko N, Gotoh O, Nagasaki H, Mizoi T, Tsukamoto N, Kobayashi T, Kinouchi M, Okabe M, Sasaki H, Shiiba K, Miyagawa K, Sasaki I
Surgery   145(1) 57-68   2009年1月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
東日本大震災での医療の役割 Build Back Better 東日本大震災の教訓を仙台防災枠組に
江川 新一, 佐々木 宏之
日本職業・災害医学会会誌   2016年9月   
南海トラフ関連地震を俯瞰する 病院受援力を向上させ災害に強い地域医療体制を目指す 西日本医療機関における受援計画アンケート調査報告
佐々木 宏之, 高田 洋介, 山内 聡, 村上 綾, 江川 新一
Japanese Journal of Disaster Medicine   2016年2月   
多剤耐性ABCトランスポーターに対する天然化合物の直接抑制効果
大沼 忍, 小林 実, 石田 晶玄, 工藤 克昌, 唐澤 秀明, 佐々木 宏之, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, Ambudkar Suresh, Limtrakul Porngarm, 海野 倫明
日本癌学会総会記事   2015年10月   
上手に助けてもらうために「受援力」の向上を 東日本大震災被災地域における病院機能・規模別にみた病院受援計画の現状
佐々木 宏之, 児玉 光也, 村上 綾, 江川 新一
日本集団災害医学会誌   2014年12月   
兵庫行動枠組み(HFA)1から2へ 世界の潮流から 健康を中心にした災害リスク軽減の行動枠組みへ
江川 新一, 佐々木 宏之
日本集団災害医学会誌   2014年12月