Hiroshi Takigawa

J-GLOBAL         Last updated: Dec 4, 2018 at 13:49
 
Avatar
Name
Hiroshi Takigawa
Affiliation
Tottori University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Yuan JH, Hashiguchi A, Okamoto Y, Yoshimura A, Ando M, Shiomi K, Saito K, Takahashi M, Ichinose K, Ohmichi T, Ichikawa K, Tadashi A, Takigawa H, Shibayama H, Takashima H
Journal of human genetics   63(3) 281-287   Mar 2018   [Refereed]
Adachi T, Takigawa H, Nomura T, Watanabe Y, Kowa H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(1) 97-99   Jan 2018   [Refereed]
Serum Interleukin-6 and Interleukin-18 levels in migraineurs
Takigawa Hiroshi, Kowa Hisanori, Nakano Toshiya, Nakashima Kenji
CEPHALALGIA   37 184   Sep 2017   [Refereed]
Value of neutrophil-lymphocyte ratio and platelet-lymphocyte ratio in migraineur
Kowa Hisanori, Takigawa Hiroshi, Nakano Toshiya, Nakashima Kenji
CEPHALALGIA   37 241-242   Sep 2017   [Refereed]
Takigawa H, Kowa H, Nakashima K
Acta neurologica Scandinavica   135(2) 225-230   Feb 2017   [Refereed]
Takigawa H, Kitayama M, Wada-Isoe K, Kowa H, Nakashima K
Brain and behavior   6(12) e00557   Dec 2016   [Refereed]
Kashihara K, Nomura T, Maeda T, Tsuboi Y, Mishima T, Takigawa H, Nakashima K
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(3) 231-236   2016   [Refereed]
Kowa H, Takigawa H, Nakashima K
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   54(12) 1006-1008   2014   [Refereed]
Nomura T, Inoue Y, Takigawa H, Nakashima K
Parkinsonism & related disorders   18(4) 394-396   May 2012   [Refereed]

Misc

 
難病患者および介護者の就労に関する患者ADLの影響についての検討 平成26年度鳥取県特定疾患医療受給者就労実態調査より
伊藤 悟, 佐々木 貴史, 原田 孝弘, 林 幸子, 瀧川 洋史, 中島 健二, 古和 久典, 花島 律子
労働科学   94(1) 1-11   Feb 2018
アンケートにて鳥取県における難病患者の就労状況を調査した。平成26年度に、特定疾患治療研究事業対象56疾患、4,388名を対象に調査し、2,364人から回答を得た。平均年齢は62.3歳で、男女比1:1.38であった。modified Rankin Scale(mRS)を用いたADL評価では、介助不要のmRS0〜1が51.1%、介助を要するmRS2以上が43.5%だった。全体の40.3%が就業中で、21.0%は病気を理由に失業していた。患者ADLがmRS2以上になると患者の就業率が有意に低下...
片頭痛症例における生体組成に関する検討
瀧川 洋史, 亀川 祥子, 花島 律子
日本静脈経腸栄養学会雑誌   33(Suppl.) 338-338   Jan 2018
【頭痛診療-基礎・臨床の最新情報-】 基礎研究 頭痛性疾患の遺伝子研究
古和 久典, 瀧川 洋史, 中野 俊也
日本臨床   75(6) 855-860   Jun 2017
ビタミンB12欠乏を背景とし発症初期より急性増悪を認めたレビー小体病の一例
青笹 有紀, 山本 幹枝, 阪田 良一, 瀧川 洋史, 渡辺 保裕, 古和 久典
臨床神経学   57(5) 246-246   May 2017
脳炎症状が先行したSOX1抗体を伴った自己免疫性辺縁系脳炎の一例
瀧川 洋史, 阪田 良一, 岸 真文, 田尻 佑喜, 中下 聡子, 渡辺 保裕, 古和 久典
臨床神経学   57(5) 253-253   May 2017
瀧川 洋史
神経治療学   34(3) 278-282   May 2017
【PSPとCBD-その共通点と相違点】 進行性核上性麻痺(PSP) 疫学と予後
中島 健二, 瀧川 洋史
Clinical Neuroscience   35(3) 275-276   Mar 2017
胃瘻と経管栄養による管理について再び考える 進行性核上性麻痺における自然史と経腸栄養に関する検討
瀧川 洋史, 古和 久典
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(Suppl.) 364-364   Jan 2017
進行性核上性麻痺の自然史と経腸栄養による治療介入についての検討
瀧川 洋史, 古和 久典, 中島 健二
臨床神経学   56(Suppl.) S318-S318   Dec 2016
【よくみる頭痛診療のコツ】 頭痛診療の実際 群発頭痛
古和 久典, 瀧川 洋史, 中野 俊也, 中島 健二
臨牀と研究   93(10) 1311-1315   Oct 2016
パーキンソン病の臨床像を呈しながらDAT-scanでは異常を示さなかったSWEDDsと考えられた1症例
瀧川 洋史, 阪田 良一, 岸 真文, 中下 聡子, 渡辺 保裕, 中島 健二
日本老年医学会雑誌   53(4) 461-461   Oct 2016
視神経炎で初発し、MRI画像陰性の片麻痺症状を繰り返した抗MOG抗体関連疾患の一例
田尻 佑喜, 伊藤 悟, 中下 聡子, 瀧川 洋史, 渡辺 裕保, 中島 健二, 高橋 利幸, 金子 仁彦, 中島 一郎
臨床神経学   56(10) 716-716   Oct 2016
慢性頭痛患者における白血球分画の検討
瀧川 洋史, 古和 久典, 中野 俊也, 中島 健二
神経治療学   33(5) S204-S204   Oct 2016
Barthel IndexならびにPSPRS-Jによる進行性核上性麻痺症例のADL評価に関する検討
瀧川 洋史, 池内 健, 森田 光哉, 饗場 郁子, 小野寺 理, 下畑 享良, 徳田 隆彦, 村山 繁雄, 中島 健二, JALPAC研究グループ
神経治療学   33(5) S229-S229   Oct 2016
脳卒中症例に対する反復性軽頭蓋磁気刺激による眼窩前頭皮質領域の賦活化に関する検討
近藤 隆博, 山田 尚基, 瀧川 洋史, 提嶋 正
神経治療学   33(5) S240-S240   Oct 2016
遺伝子研究で片頭痛の病態の何が分かったか
古和 久典, 瀧川 洋史, 中島 健二
日本頭痛学会誌   43(1) 58-60   Jul 2016
Vim-DBS後にGPi-DBS追加が有効であった進行期パーキンソン病の1例
瀧川 洋史, 上利 崇, 近藤 慎二, 山本 幹枝, 河瀬 真也, 田頭 秀悟, 渡辺 保裕, 古和 久典, 中島 健二
臨床神経学   56(3) 230-230   Mar 2016
Groove膵炎に続発した消化管通過障害に伴う痙性四肢麻痺の1症例
瀧川 洋史, 池淵 雄一郎, 尾崎 知博, 古和 久典, 中島 健二
日本静脈経腸栄養学会雑誌   31(1) 438-438   Jan 2016
三叉神経血管説の妥当性と非妥当性
古和 久典, 瀧川 洋史, 中島 健二
臨床神経学   55(Suppl.) S145-S145   Dec 2015