寺島 裕貴

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/22 21:40
 
アバター
研究者氏名
寺島 裕貴
ハンドル
hterashima
URL
http://www.brl.ntt.co.jp/people/terashima.hiroki/index-ja.html
所属
NTT コミュニケーション科学基礎研究所
部署
人間情報研究部 感覚共鳴研究グループ
学位
博士(科学)(東京大学), 修士(科学)(東京大学), 学士(情報科学)(東京大学)
Twitter ID
terashimahiroki

プロフィール

コンピュータを使って神経科学に貢献する方法を考え中。特に高等哺乳類大脳皮質の一次聴覚野や一次視覚野に注目しています。

異なるモダリティ(聴覚, 視覚, etc)の感覚野には、似ている特徴もあれば、全く異なるように見える特徴もあります。その裏には何があるのか、つまり何が共通で何が異なるのか、謎だらけというのが実情です。膨大な生理学の知見を尊重した上でのシミュレーションによるアイデア提供が、脳理解への一助となればと思っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
NTT コミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 感覚共鳴研究グループ 研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 博士課程 岡田研究室
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学 理学部 情報科学科 細谷研究室
 
2003年9月
 - 
2004年6月
エディンバラ大学 コンピュータ科学科 Visiting Student
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 教養学部 理科I類
 

受賞

 
2013年6月
人工知能学会 人工知能学会全国大会学生奨励賞
 
2012年2月
脳科学若手の会東北部会 東北脳科学ウィンタースクール優秀ポスター賞
 
2011年12月
日本神経回路学会 大会奨励賞
 
2011年6月
人工知能学会 人工知能学会全国大会優秀賞(口頭発表部門)
 
2011年3月
SNSS2011 Data Analysis Challenge Award
 
2010年7月
Organization for Computational Neuroscience Student Travel Award
 

論文

 
Computational Model for Auditory Cortex: An Analogy to Visual Cortex
Hiroki Terashima
東京大学      2014年3月   [査読有り]
Hiroki Terashima, Haruo Hosoya, Toshiki Tani, Noritaka Ichinohe, Masato Okada
Neurocomputing   103 14-21   2013年3月   [査読有り]
Hiroki Terashima, Masato Okada
Advances in Neural Information Processing Systems (NIPS2012)   25 2321-2329   2012年12月   [査読有り]
A1の乱雑なトノトピーとピッチ選択性の計算論
寺島裕貴, 岡田真人
日本音響学会聴覚研究会資料   42(8) 689-693   2012年11月
自然刺激への適応から見る一次聴覚野と一次視覚野の相似と相異
寺島裕貴, 岡田真人
日本音響学会聴覚研究会資料   41(7) H-2011-94   2011年10月
大脳皮質一次聴覚野と聴覚刺激統計性の関係:一次視覚野との対照
寺島 裕貴
東京大学      2011年3月   [査読有り]
一次聴覚野トノトピーの滑らかさと音刺激統計性の関係
寺島裕貴, 岡田真人
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   110(461) 325-330   2011年3月
Hiroki Terashima, Haruo Hosoya
Network: Computation in Neural Systems   20(4) 253-267   2009年12月   [査読有り]
Harmonic relations in modulatory peaks of auditory neurons emerge from a frequency-domain sparse code of harmonic sounds
Hiroki Terashima, Haruo Hosoya
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(480) 147-152   2009年3月

Misc

 
寺島 裕貴
映像情報メディア学会誌   68(12) 897-901   2014年12月   [依頼有り]
「脳と心のメカニズム」第12回夏のワークショップ参加助成報告(1)
寺島裕貴
日本神経回路学会誌   18(4) 224-225   2011年12月   [依頼有り]
ASCONE2009体験記
寺島裕貴
日本神経回路学会誌   17(1) 48-49   2010年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
最適化問題としてのキャリア選択 [招待有り]
寺島 裕貴
脳科学若手の会第14回談話会「キャリアパスセミナー」   2014年10月   
自然刺激統計性と感覚野:計算論的領野比較の一例として [招待有り]
寺島 裕貴
神経科学と統計科学の対話4   2014年3月   
V1モデルに音を学習させる:視覚野から始まる計算論的領野比較 [招待有り]
寺島 裕貴
立命館大学視覚科学統合研究センターシンポジウム「視覚情報処理の新展開―局所回路から認知へ」   2014年3月   
Comparative computational modelling for neocortical areas: a case of V1 and A1
Hiroki Terashima, Masato Okada
The 14th Winter Workshop on the Mechanism of Brain and Mind   2014年1月   
Hiroki Terashima, Masato Okada
The 10th IEEE Tokyo Young Researchers Workshop   2013年12月   
Pitch cells as a computational analogue to complex cells of visual cortex
Hiroki Terashima, Masato Okada
The 18th Auditory Research Forum (ARF2013)   2013年12月   
Auditory Pitch Cells Can Emerge from Natural Sound Statistics: An Analogy with Visual Complex Cells
Hiroki Terashima
StatPhysHK Conference   2013年7月   
Using a V1 model to model A1: Emergence of maps and "complex cells" from natural sound statistics [招待有り]
Hiroki Terashima, Masato Okada
Modeling Neural Activity: Statistics, Dynamical Systems, and Networks (MONA)   2013年6月   
A possible analogy between complex cells in visual cortex and pitch cells in auditory cortex
Hiroki Terashima, Masato Okada
Neuro2013   2013年6月   
大脳皮質聴覚野における「複雑細胞」の一検討
寺島裕貴, 岡田真人
第27回人工知能学会全国大会 (JSAI2013)   2013年6月   
大脳皮質聴覚野ピッチ細胞は視覚野複雑細胞と計算論的に相同か?
寺島裕貴, 岡田真人
情報処理学会 音楽情報科学研究会 第99回研究発表会 (音学シンポジウム)   2013年5月   
On naturalness of natural sounds and ``complex cells'' of auditory cortex
Hiroki Terashima, Masato Okada
脳と心のメカニズム第13回冬のワークショップ   2013年1月   
The topographic unsupervised learning of natural sounds in the auditory cortex
Hiroki Terashima, Masato Okada
Neural Information Processing System 2012 (NIPS 2012)   2012年12月   
A1の乱雑なトノトピーとピッチ選択性の計算論
寺島裕貴, 岡田真人
日本音響学会聴覚研究会   2012年11月   
Hiroki Terashima
Workshop on statistical aspects of neural coding   2012年11月   
Both ordered retinotopy and disordered tonotopy emerge from natural stimulus statistics
Hiroki Terashima, Masato Okada
Sensory Coding & Natural Environment 2012   2012年9月   
Understanding disordered topography of auditory cortex through natural sound statistics
Hiroki Terashima, Masato Okada
The 10th International Neural Coding Workshop   2012年9月   
A computational model of the disordered tonotopy in A1
Hiroki Terashima, Masato Okada
The 4th international conference on Auditory Cortex   2012年8月   
自然刺激への適応を通じた大脳皮質視覚野・聴覚野の統一的理解 [招待有り]
寺島 裕貴
第10回身体性認知科学と実世界応用に関する若手研究会(ECSRA)   2012年8月   
V1との計算論的相同性をA1のトポグラフィとピッチ選択性に見出す
寺島裕貴, 岡田真人
脳と心のメカニズム第13回夏のワークショップ   2012年7月26日   
視覚野と聴覚野の異なる地図構造を生む共通則
寺島裕貴, 岡田真人
日本物理学会第67回年次大会   2012年3月   
V1 and A1 maps: different topographies, a common organizing principle
Hiroki Terashima, Masato Okada
The 9th Computational and Systems Neuroscience meeting (Cosyne) 2012   2012年2月   
マーモセット一次聴覚野におけるハーモニックな鳴き声のスパースコーディング
寺島裕貴, 細谷晴夫, 谷利樹, 一戸紀孝, 岡田真人
脳と心のメカニズム第12回冬のワークショップ   2012年1月   
自然音の疎表現と聴覚皮質の関係を紐解く
寺島裕貴
神経科学と統計科学の対話2   2011年12月   
Modelling disordered A1 map and ordered V1 map
寺島裕貴, 岡田真人
日本神経回路学会第21回全国大会 (JNNS2011)   2011年12月   
A possible source of map disorder in primary auditory cortex: Statistics of natural auditory stimuli
Hiroki Terashima, Masato Okada
Neuroscience 2011   2011年11月   
自然刺激への適応から見る一次聴覚野と一次視覚野の相似と相異
寺島裕貴, 岡田真人
日本音響学会聴覚研究会   2011年10月   
A1地図がV1のように滑らかでないのは何故か?
寺島裕貴, 岡田真人
第12回冬のワークショップ, 脳と心のメカニズム   2011年8月   
視覚野・聴覚野地図の同一適応アルゴリズムによる解釈
寺島裕貴, 岡田真人
第25回人工知能学会全国大会 (JSAI2011)   2011年6月   
一次聴覚野トノトピーの滑らかさと音刺激統計性の関係
寺島裕貴, 岡田真人
電子情報通信学会NC研究会   2011年3月   
Sparse codes of harmonic sound and their interaction explain harmony-related response of auditory cortex
Hiroki Terashima, Haruo Hosoya
19th Annual Computational Neuroscience Meeting (CNS*2010)   2010年7月   
ハーモニーのスパースコーディングとその相互作用
寺島裕貴, 細谷晴夫
第19回日本神経回路学会全国大会 (JNNS2009)   2009年9月   
Harmonic relations in modulatory peaks of auditory neurons emerge from a frequency-domain sparse code of harmonic sounds
寺島裕貴, 細谷晴夫
電子情報通信学会NC研究会   2009年3月   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 寺島裕貴