Hirotaka Ueda

J-GLOBAL         Last updated: Sep 3, 2019 at 10:07
 
Avatar
Name
Hirotaka Ueda
Affiliation
Okayama University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Sep 2017
2016〜2017, Best researchoder award(Kagoshima University
 

Published Papers

 
Mitoh Y, Ueda H, Ichikawa H, Fujita M, Kobashi M, Matsuo R.
Autonomic Neuroscience   206 1-7   Sep 2017   [Refereed]
Ueda H, Suga M, Yagi T, Kusumoto-Yoshida I, Kashiwadani H, Kuwaki T, Miyawaki S
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   311(5) R964-R970   Nov 2016   [Refereed]
Mayu Suga, Hirotaka Ueda, Fumiaki Kitashima, Shouich Miyawaki
Orthodontic Waves   74 112-119   Dec 2015
© 2015 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.This article reports successful use of orthodontic anchoring screws to treat bimaxillary protrusion and mandibular inclined third molars in a 25-year-old woman with complaints of crowded ant...
Ueda H, Yagi T, Amitani H, Asakawa A, Ikeda S, Miyawaki S, Inui A.
Obesity Research & Clinical Practice (in press)   7(5) e321-9   Sep 2013   [Refereed]
Yagi T, Asakawa A, Ueda H, Miyawaki S, Inui A
International journal of molecular medicine   32(3) 523-531   Sep 2013   [Refereed]
The role of zinc in the treatment of taste disorders.
Yagi T, Asakawa A, Ueda H, Ikeda S, Miyawaki S, Inui A.
Recent Pat Food Nutr Agric.   5(1) 44-51   Apr 2013   [Refereed]
Hirotaka Ueda, Takakazu Yagi, Haruka Amitani, Akihiro Asakawa, Shouichi Miyawaki, Akio Inui
Current Nutrition and Food Science   8 188-195   Oct 2012
Ghrelin was recently identified as the first endogenous ligand for growth hormone secretagogue receptors (previously known as orphan receptors). Two major molecular forms of ghrelin are found in the stomach and plasma: acyl ghrelin with O-n-octano...
Yagi T, Ueda H, Amitani H, Asakawa A, Miyawaki S, Inui A.
Nutrients.   4(8) 967-989   Aug 2012   [Refereed]
Ueda H, Mitoh Y, Fujita M, Kobashi M, Yamashiro T, Sugimoto T, Ichikawa H, Matsuo R.
Neurosci Lett.   499(1) 42-46   Jun 2011   [Refereed]
白賀のり子, 上岡寛, 片岡伴記, 植田紘貴, 安藤涼子, 石原嘉人, 柳田剛志, 村上隆, 黒坂寛, 菅原康代, 本城正, 川邉紀章, 山城隆
岡山歯学会雑誌   28(2) 107-114   Dec 2009   [Refereed]
ラット上唾液核ニューロンにおけるセビメリンの興奮性作用に関する電気生理学的解析
植田 紘貴
岡山歯学会雑誌   28(1) 1-16   Jun 2009
ラットを使用し、顎下腺・舌下腺の唾液分泌の副交感神経の起始核である上唾液核ニューロンに対するセビメリンの影響を電気生理学的に検討した。さらに、免疫組織化学的実験により上唾液核ニューロンに存在するムスカリン様アセチルコリン受容体のサブタイプを検討した。セビメリンは上唾液核ニューロンの興奮性を促進した。全ての上唾液核ニューロンのシナプス後膜にムスカリン様アセチルコリン受容体が存在し、約60%のニューロンにおいては、シナプス前膜においてもムスカリン様アセチルコリン受容体が存在した。上唾液核ニュー...
Ueda H, Mitoh Y, Ichikawa H, Kobashi M, Yamashiro T, Matsuo R.
J Med Invest.   56(Supplement) 267-269   2009   [Refereed]
Ishihara Y, Kamioka H, Honjo T, Ueda H, Takano-Yamamoto T, Yamashiro T.
J Bone Miner Res.   23(3) 350-360   Apr 2008   [Refereed]

Misc

 
植田紘貴, 迫口陽子, 宮脇正一
九州矯正歯科学会雑誌   11(1) 10‐16-16   Mar 2016
患者は初診時年齢21歳2ヵ月の女性で、前歯部が噛み合わないことを主訴に来院した。初診時に両側下顎頭の吸収が疑われたため、1年間の経過観察を行い、22歳2ヵ月時に下顎の位置が初診時と変化していないことを確認し、上顎前突を伴うアングルI級、骨格II級ハイアングル症例と診断した。クワドヘリックス装置による上顎の拡大と、バイヘリックスによる下顎の拡大後、歯科矯正用アンカースクリューによる上下顎大臼歯の圧下と上顎大臼歯の遠心移動を併用してマルチブラケット装置により前歯部被蓋を改善した。動的治療期間は...
福重雅美, 前田綾, 上原沢子, 植田紘貴, 帆北友紀, 中村典史, 宮脇正一
日本口蓋裂学会雑誌   40(1) 13-22   Apr 2015
本研究の目的は、矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態や関心事を明らかにすることである。鹿児島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科を受診した口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う未成年患者の保護者86名を対象とし、歯科衛生士による質問紙調査を行った。VAS法を用いた質問では、保護者を患者の発達段階により5群(幼児期、学童期・小学校低学年、学童期・小学校高学年、青年前期・中学生、青年中期以降)に分類し、VAS値の差を統計学的に検討した。質問紙調査の結果、矯正治療の必...
【酸蝕症を考える(1)総論編】 酸蝕症とブラキシズム
宮脇 正一, 植田 紘貴, 前田 綾
小児歯科臨床   19(5) 38-42   May 2014
UEDA Hirotaka
鹿児島大学歯学部紀要   34 133-135   2014
MIYAWAKI Shouichi, UEDA Hirotaka, MATSUYAMA Takashi, SATO Tsuyoshi, TOKUDA Masayuki, YAMANAKA Atsushi, MINE Kazuharu, OHNISHI Tomokazu, KAWADA-MATSUO Miki, YAMAGUCHI Taihei, IWASAKI Tomonori, SAKOGUCHI Kenji, KAMASHITA Yuji, NITTA Tetsuya, HIJIOKA hiroshi, KOHJITANI Atsushi, NISHIMURA Masahiro, KUKUCHI Masafumi, TAGUCHI Norihiro, SATO Tomoaki
鹿児島大学歯学部紀要   34 107-111   2014
八木孝和, 菅真有, 植田紘貴, 友成博, 大牟禮治人, 宮脇正一
九州矯正歯科学会雑誌   9(1) 1-16   Dec 2013
従来の固定式大臼歯遠心移動装置とスケレタルアンカレッジ装置の臼歯部と前歯部への治療効果について検討した。日英4つの電子的データベースを用いて、包含条件を含む文献を検索し、セファロメトリックな方法で調査された治療前後のデータを含む各排除項目を満たす文献に選別し、さらに9項目に及ぶ質的な条件を満たしたものをメタ・アナリシスに供した。スクリーニングで45件の文献を抽出し、さらに質的解析によって8文献を抽出した。大臼歯の遠心移動に対して、歯科矯正期アンカースクリューを用いたスケレタルアンカレッジ装...
【子どもの歯ぎしり】 睡眠時ブラキシズムに対する考え方
宮脇 正一, 永山 邦宏, 植田 紘貴, 大牟禮 治人, 坂口 勝義
小児歯科臨床   15(8) 12-26   Aug 2010
CEVIMELINE ENHANCES THE EXCITABILITY IN THE RAT SUPERIOR SALIVATORY NUCLEUS NEURONS
Ueda Hirotaka, Mitoh Yoshihiro, Ichikawa Hiroyuki, Kobashi Motoi, Yamashiro Takashi, Matsuo Ryuji
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59 142   2009   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
菅真有, 植田紘貴, 八木孝和, 宮脇正一
九州矯正歯科学会雑誌   31 Mar 2017   
植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇正一
日本生理学雑誌(Web)   Feb 2017   
植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Nov 2016   
植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇正一
日本再生歯科医学会シンポジウム要旨集   18 Jul 2016   
植田紘貴, 菅真有, 宮脇正一
日本顎変形症学会雑誌   25 May 2016   
植田紘貴, 菅真有, 北嶋文哲, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Nov 2015   
植田紘貴, 宮脇正一, 菅真有, 池森宇泰, 田口則宏
日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   Jul 2015   
植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 大賀泰彦, 宮脇正一
九州矯正歯科学会雑誌   31 Dec 2014   
八木孝和, 菅真有, 植田紘貴, 友成博, 大牟禮治人, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2014   
植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2014   
植田紘貴
日本顎変形症学会雑誌   15 May 2014   
菅真有, 植田紘貴, 八木孝和, 宮脇正一
九州矯正歯科学会雑誌   31 Dec 2013   
植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2013   
植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一
Journal of Oral Biosciences Supplement   Sep 2013   
福重雅美, 帆北友紀, 前田綾, 植田紘貴, 上原沢子, 下田平貴子, 宮脇正一
日本歯科衛生学会雑誌   10 Aug 2013   
植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一
九州矯正歯科学会雑誌   31 Dec 2012   
植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Sep 2012   
歯科矯正学に関する1回の講義が学生のボディーイメージに及ぼす影響について 理系学生と文系学生の比較
植田 紘貴, 宮脇 正一, 上原 沢子, 菅 真有, 池森 宇泰, 佐藤 友昭, 田口 則宏
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Sep 2012   
植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2011   
八木孝和, 前田綾, 植田紘貴, 菅真有, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2011   
坂口勝義, 兼松恭子, 齋藤陽子, 永山邦宏, 植田紘貴, 大牟禮治人, 宮脇正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Sep 2010   
植田紘貴, 美藤純弘, 市川博之, 小橋基, 山城隆, 松尾龍二
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Nov 2009   
植田紘貴, 美藤純弘, 市川博之, 小橋基, 山城隆, 松尾龍二
J Oral Biosci   10 Aug 2009   
Cevimeline enhances the excitability in the rat superior salivatory nucleus neurons
Hirotaka Ueda, Yoshihiro Mitoh, Hiroyuki Ichikawa, Motoi Kobashi1, Takashi Yamashiro, Ryuji Matsuo
The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences(IUPS2009)   Jul 2009   
Cevimeline enhances the excitability in the rat superior salivatory neurons
Hirotaka Ueda, Yoshihiro Mitoh, Hiroyuki Ichikawa, Motoi Kobashi, Takashi Yamashiro, Ryuji Matsuo
The 11th International Symposium on Exocrine Secretion   Jul 2009   
植田紘貴, 藤井昭仁, 美藤純弘, 兒玉直紀, 小橋基, 山城隆, 松尾龍二
J Oral Biosci   10 Sep 2008   
本城正, 植田紘貴, 上岡寛, 山城隆, 山本照子
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Sep 2007   
福永智広, 黒田晋吾, 植田紘貴, 山本照子
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Sep 2006