Uchijima Hideki

J-GLOBAL         Last updated: Jan 15, 2019 at 23:05
 
Avatar
Name
Uchijima Hideki
Nickname
huchijima
E-mail
huchijimkansaigaidai.ac.jp
Affiliation
Kansai Gaidai University
Section
College of Foreign Studies
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-0078-1105

Misc

 
内島 秀樹
図書館雑誌   107(9) 571-573   Sep 2013
Uchijima Hideki, Sugita Shigeki, Suzuki Masako, Nishizono Yui, Tsuchide Ikuko
Journal of college and university libraries   98 40-50   Aug 2013
<p>デジタルリポジトリ連合(Digital Repository Federation, DRF)は国立情報学研究所のCSI事業による財政支援等により,機関リポジトリに関する国際的な連携活動を行ってきた。本稿では,これらの活動の内,機関リポジトリ関連の国際会議に数年にわたり継続的に参加した経験を踏まえて,国際会議での口頭発表,ポスターセッション,海外のオープンアクセスジャーナルへの投稿等の実際とノウハウについて報告する</p>
内島 秀樹, 真中 孝行
専門図書館   (256) 14-18   2012
Uchijima Hideki
Journal of college and university libraries   90 10-23   Dec 2010
<p>機関リポジトリはオープンアクセスに関する3つの宣言と2つのリポジトリ擁護論を契機に欧米を中心に発展してきた。イギリスでは,合同情報システム委員会 (JISC)がリポジトリのプロジェクトを助成し,国内のリポジトリ振興に当たってきた。ヨーロッパ大陸では,オランダのSURFと大学の連携によるプロジェクトDAREをモデルとして,DRIVERなどのリポジトリプロジェクトがECの助成によりリポジトリ推進を横断的に進めた。アメリカはヨーロッパのような行政による目立った支援はなく,NIHなどの義務化...
TAKATA Yoshihiro, KASAHARA Yoshiya, NISHIZAWA Shigeto, MORI Masahide, UCHIJIMA Hideki
Joho Chishiki Gakkaishi   20(3) 329-336   Oct 2010
我々は,大学内に蓄積している学術情報の内,その公開が進んでいない非文献コンテンツに焦点をあて,それらを学内外に公開するための指針となるべく,既存情報インフラ上で運用可能な公開手法を考案し,共通プラットフォームとして提供することを目指している.その一環として,本研究では,非文献コンテンツをリポジトリ化する場合の問題点を整理し,その解決のため,メタデータの互換性,異種コンテンツの共存,大規模コンテンツの管理,コンテンツに関する位置情報を用いた可視化などを考案した.そして,既存リポジトリプラット...

Conference Activities & Talks

 
Institutional Repository and Copyright Issues in Japan [Invited]
Uchijima Hideki
Open Access Korea Conference   27 Oct 2015   
A usage-cengtered approach to the promotion of Institutional Repository
Uchijima Hideki
SPARC Digital Repository Meeting   17 Nov 2008