Wada Hisashi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 18, 2020 at 03:37
 
Avatar
Name
Wada Hisashi
Affiliation
Osaka University
Section
Graduate School of Medicine
Job title
Specially Appointed Professor
ORCID ID
0000-0002-5444-6193

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kanemura T, Miyata H, Makino T, Tanaka K, Sugimura K, Hamada-Uematsu M, Mizote Y, Uchida H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Wada H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Tahara H
Cancer Sci.   109(11) 3393-3402   Nov 2018   [Refereed]
Kato R, Yamasaki M, Urakawa S, Nishida K, Makino T, Morimoto-Okazawa A, Kawashima A, Iwahori K, Suzuki S, Ueda R, Mori M, Satoh T, Doki Y, Wada H.
Cancer Immunol Immunother.   67(11) 1673-1683   Nov 2018   [Refereed]
Tada Y, Togashi Y, Kotani D, Kuwata T, Sato E, Kawazoe A, Doi T, Wada H, Nishikawa H, Shitara K
Journal for immunotherapy of cancer   6(1) 106   Oct 2018   [Refereed]
Kawashima A, Kanazawa T, Goto K, Matsumoto M, Morimoto-Okazawa A, Iwahori K, Ujike T, Nagahara A, Fujita K, Uemura M, Nonomura N, Wada H.
Cancer Immunol Immunother.   67(1) 113-125   Jan 2018   [Refereed]
Takeoka T, Nagase H, Kurose K, Ohue Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Sato E, Isobe M, Kanazawa T, Matsumoto M, Iwahori K, Kawashima A, Morimoto-Okazawa A, Nishikawa H, Oka M, Pan L, Venhaus R, Nakayama E, Mori M, Doki Y, Wada H.
J Immunother.   40(4) 140-147   Mar 2017   [Refereed]
Nagase H, Takeoka T, Urakawa S, Morimoto-Okazawa A, Kawashima A, Iwahori K, Takiguchi S, Nishikawa H, Sato E, Sakaguchi S, Mori M, Doki Y, Wada H.
Int J Cancer   140(3) 686-695   Feb 2017   [Refereed]
Tanaka K, Miyata H, Sugimura K, Kanemura T, Hamada-Uematsu M, Mizote Y, Yamasaki M, Wada H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Tahara H.
Cancer Science   107(6) 726-733   Jun 2016   [Refereed]
Saito T, Nishikawa H, Wada H, Nagano Y, Sugiyama D, Atarashi K, Maeda Y, Hamaguchi M, Ohkura N, Sato E, Nagase H, Nishimura J, Yamamoto H, Takiguchi S, Tanoue T, Suda W, Morita H, Hattori M, Honda K, Mori M, Doki Y and Sakaguchi S
Nat Med   22(6) 679-684   Jun 2016   [Refereed]
Saito T, Wada H, Yamasaki M, Miyata H, Nishikawa H, Sato E, Kageyama S, Shiku H, Mori M, Doki Y.
Vaccine   32(45) 5901-5907   Jun 2016   [Refereed]
Tanaka K, Miyata H, Sugimura K, Fukuda S, Kanemura T, Yamashita K, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Wada H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y.
Carcinogenesis   36(8) 894-903   2015   [Refereed]
Kurose K, Ohue Y, Wada H, Iida S, Ishida T, Kojima T, Doi T, Suzuki S, Isobe M, Funakoshi T, Kakimi K, Nishikawa H, Udono H, Oka M, Ueda R, Nakayama E.
Clin Cancer Res   21(19) 4327-4336   2015   [Refereed]
Ohue Y, Wada H, Oka M, Nakayama E.
OncoImmunology   3(11) e970032-e970032   Dec 2014   [Refereed]
Mizote Y, Uenaka A, Isobe M, Wada H, Kakimi K, Saika T, Kita S, Koide Y, Oka M, Nakayama E.
Vaccine.   32(8) 957-964   Feb 2014   [Refereed]
Wada H, Isobe M, Kakimi K, Mizote Y, Eikawa S, Sato E, Takigawa N, Kiura K, Tsuji K, Iwatsuki K, Yamasaki M, Miyata H, Matsushita H, Udono H, Seto Y, Yamada K, Nishikawa H, Pan L, Venhaus R, Oka M, Doki Y, Nakayama E.
J Immunother.   37(2) 84-92   Feb 2014   [Refereed]
Fujiwara S, Wada H, Kawada J, Kawabata R, Takahashi T, Fujita J, Hirao T, Shibata K, Makari Y, Iijima S, Nishikawa H, Jungbluth AA, Nakamura Y, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Nakayama E, Mori M, Doki Y.
Br J Cancer   108(5) 1119-1125   Mar 2013   [Refereed]
Wada H, Kageyama S, Muro K, Niwa Y, Ueda S, Miyata H, Takiguchi S, Sugino SH, Miyahara Y, Ikeda H, Imai N, Sato E, Yamada T, Osako M, Ohnishi M, Harada N, Hishida T, Doki Y, Shiku H.
J Transl Med.   11(11) 246-246   2013   [Refereed]
Fujiwara S, Wada H, Miyata H, Kawada J, Kawabata R, Nishikawa H, Gnjatic S, Sedrak C, Sato E, Nakamura Y, Sakakibara M, Kanto T, Shimosegawa E, Hatazawa J, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Nakayama E, Mori M, Doki Y.
J Immunother.   35(6) 513-521   Jul 2012   [Refereed]
Kakimi K, Isobe M, Uenaka A, Wada H, Sato E, Doki Y, Nakajima J, Seto Y, Yamatsuji T, Naomoto Y, Shiraishi K, Takigawa N, Kiura K, Tsuji K, Iwatsuki K, Oka M, Pan L, Hoffman EW, Old LJ, Nakayama E.
Int J Cancer.   129(12) 2836-2846   Dec 2011   [Refereed]
Mizote Y, Taniguchi T, Tanaka K, Isobe M, Wada H, Saika T, Kita S, Koide Y, Uenaka A, Nakayama E.
Vaccine.   28(32) 5338-5346   Jul 2010   [Refereed]
Aoki M, Ueda S, Nishikawa H, Kitano S, Hirayama M, Ikeda H, Toyoda H, Tanaka K, Kanai M, Takabayashi A, Imai H, Shiraishi T, Sato E, Wada H, Nakayama E, Takei Y, Katayama N, Shiku H, Kageyama S.
Vaccine   27(49) 6854-6861   Nov 2009   [Refereed]
Tahara H, Sato M, Thurin M, Wang E, Butterfield LH, Disis ML, Fox BA, Lee PP, Khleif SN, Wigginton JM, Ambs S, Akutsu Y, Chaussabel D, Doki Y, Eremin O, Fridman WH, Hirohashi Y, Imai K, Jacobson J, Jinushi M, Kanamoto A, Kashani-Sabet M, Kato K, Kawakami Y, Kirkwood JM, Kleen TO, Lehmann PV, Liotta L, Lotze MT, Maio M, Malyguine A, Masucci G, Matsubara H, Mayrand-Chung S, Nakamura K, Nishikawa H, Palucka AK, Petricoin EF, Pos Z, Ribas A, Rivoltini L, Sato N, Shiku H, Slingluff CL, Streicher H, Stroncek DF, Takeuchi H, Toyota M, Wada H, Wu X, Wulfkuhle J, Yaguchi T, Zeskind B, Zhao Y, Zocca MB, Marincola FM.
J Transl Med   7(45) 1-25   Jun 2009   [Refereed]
Domae S, Nakamura Y, Nakamura Y, Uenaka A, Wada H, Nakata M, Oka M, Kishimoto K, Tsukamoto G, Yoshihama Y, Matsuoka J, Gochi A, Kohno S, Saika T, Sasaki A, Nakayama E, Ono T.
Int J Cancer   124(10) 2347-2352   May 2009   [Refereed]
Toshiaki Ishida, Yuichi Obata, Nobuya Ohara, Hirokazu Matsushita, Shuichiro Sato, Akiko Uenaka, Takashi Saika, Takako Miyamura, Kosuke Chayama, Yurika Nakamura, Hisashi Wada, Toshiharu Yamashita, Tsuneo Morishima, Lloyd J.Old and Eiichi Nakayama.
Cancer Immun   8(15) 1-1   Nov 2008   [Refereed]
Wada H, Sato E, Uenaka A, Isobe M, Kawabata R, Nakamura Y, Iwae S, Yonezawa K, Yamasaki M, Miyata H, Doki Y, Shiku H, Jungbluth AA, Ritter G, Murphy R, Hoffman EW, Old LJ, Monden M, Nakayama E.
Int J Cancer.   123(10) 2362-2369   Nov 2008   [Refereed]
Tsuji K, Hamada T, Uenaka A, Wada H, Sato E, Isobe M, Asagoe K, Yamasaki O, Shiku H, Ritter G, Murphy R, Hoffman EW, Old LJ, Nakayama E, Iwatsuki K.
Cancer Immunol Immunother   57(10) 1429-1437   Oct 2008   [Refereed]
Kawabata R, Wada H, Isobe M, Saika T, Sato S, Uenaka A, Miyata H, Yasuda T, Doki Y, Noguchi Y, Kumon H, Tsuji K, Iwatsuki K, Shiku H, Ritter G, Murphy R, Hoffman E, Old LJ, Monden M, Nakayama E.
Int J Cancer   120(10) 2178-2184   May 2007   [Refereed]
Wada H, Uenaka A, Isobe M, Saika T, Tsuji K, Sato E, Sato S, Noguchi Y, Kawabata R, Yasuda T, Doki Y, Kumon H, Iwatsuki K, Shiku H, Monden M, Jungbluth AA, Ritter G, Murphy R, Hoffman E, Old LJ, Nakayama E.
Cancer Immun.   7(9) 1-1   Apr 2007   [Refereed]
Sato S, Noguchi Y, Wada H, Fujita S, Nakamura S, Tanaka R, Nakada T, Hasegawa K, Nakagawa K, Koizumi F, Ono T, Nouso K, Jungbluth A, Chen YT, Old LJ, Shiratori Y, Nakayama E.
Int J Oncol.   26(1) 57-63   Jan 2005   [Refereed]
Yamamoto T, Nagano H, Sakon M, Wada H, Eguchi H, Kondo M, Damdinsuren B, Ota H, Nakamura M, Wada H, Marubashi S, Miyamoto A, Dono K, Umeshita K, Nakamori S, Yagita H, Monden M.
Clin Cancer Res   10(23) 7884-7895   Dec 2004   [Refereed]
Fujita S, Wada H, Jungbluth AA, Sato S, Nakata T, Noguchi Y, Doki Y, Yasui M, Sugita Y, Yasuda T, Yano M, Ono T, Chen YT, Higashiyama M, Gnjatic S, Old LJ, Nakayama E, Monden M.
Clin Cancer Res   10(19) 6551-6558   Oct 2004   [Refereed]
Sugita Y, Wada H, Fujita S, Nakata T, Sato S, Noguchi Y, Jungbluth AA, Yamaguchi M, Chen YT, Stockert E, Gnjatic S, Williamson B, Scanlan MJ, Ono T, Sakita I, Yasui M, Miyoshi Y, Tamaki Y, Matsuura N, Noguchi S, Old LJ, Nakayama E, Monden M.
Cancer Res.   64(6) 2199-2204   Mar 2004   [Refereed]
Murata M, Miyoshi Y, Iwao K, Wada H, Shibata K, Tateishi H, Shimano T, Ohasawa M, Imai Y, Nishikawa M, Kobayashi T, Nakamura Y.
Hepatol Res.   21(3) 220-227   Nov 2001   [Refereed]
Ono T, Kurashige T, Harada N, Noguchi Y, Saika T, Niikawa N, Aoe M, Nakamura S, Higashi T, Hiraki A, Wada H, Kumon H, Old LJ, Nakayama E.
Proc Natl Acad Sci U S A.   98(6) 3282-3287   Mar 2001   [Refereed]
Uenaka A, Hata H, Win S, Ono T, Wada H, Nakayama E.
Cancer Immun   1(1) 8-8   Jan 2001   [Refereed]
Fujita J, Marino MW, Wada H, Jungbluth AA, Mackrell PJ, Rivadeneira DE, Stapleton PP, Daly JM.
Surgery.   129(1) 48-54   Jan 2001   [Refereed]
Murata M, Iwao K, Miyoshi Y, Nagasawa Y, Yabu M, Himeno S, Imanishi K, Ohsawa M, Wada H, Tominaga S, Shimano T, Kobayashi T, Nakamura Y.
Cancer Lett   159(1) 73-78   Oct 2000   [Refereed]
Murata M, Iwao K, Miyoshi Y, Nagasawa Y, Ohta T, Shibata K, Oda K, Wada H, Tominaga S, Matsuda Y, Ohsawa M, Nakamura Y, Shimano T.
Am J Gastroenterol   95(6) 1576-1580   Jun 2000   [Refereed]
Jager E, Nagata Y, Gnjatic S, Wada H, Stockert E, Karbach J, Dunbar PR, Lee SY, Jungbluth A, Jager D, Arand M, Ritter G, Cerundolo V, Dupont B, Chen YT, Old LJ, Knuth A.
Proc Natl Acad Sci U S A.   97(9) 4760-4765   Apr 2000   [Refereed]
Matsuo M, Wada H, Honda S, Tawara I, Uenaka A, Kanematsu T, Nakayama E.
J Immunol   162(11) 6420-6425   Jun 1999   [Refereed]
Noguchi Y, Wada H, Marino MW, Old LJ.
Eur J Immunol.   28(12) 3980-3988   Dec 1998   [Refereed]
Jager E, Chen YT, Drijfhout JW, Karbach J, Ringhoffer M, Jager D, Arand M, Wada H, Noguchi Y, Stockert E, Old LJ, Knuth A
J Exp Med   187(2) 265-270   Jan 1998   [Refereed]
Wada H, Noguchi Y, Marino MW, Dunn AR, Old LJ.
Proc Natl Acad Sci U S A.   94(23) 12557-12561   Nov 1997   [Refereed]
Marino MW, Dunn A, Grail D, Inglese M, Noguchi Y, Richards E, Jungbluth A, Wada H, Moore M, Williamson B, Basu S, Old LJ.
Proc Natl Acad Sci U S A.   94(15) 8093-8098   Jul 1997   [Refereed]
Chen BG, Wada H, Matsutake T, Uenaka A, Obata Y, Nakayama E.
Transpl Immunol   4(2) 158-162   Jun 1996   [Refereed]
Wada H, Ono T, Uenaka A, Monden M, Nakayama E.
Immunology.   84(4) 633-637   Apr 1995   [Refereed]
Uenaka A, Ono T, Akisawa T, Wada H, Yasuda T, Nakayama E.
J Exp Med   180(5) 1599-1607   Nov 1994   [Refereed]

Misc

 
[Re-Analysis of Cancer Vaccine Patients with Immune-Related Clinical Response Criteria(irRC)].
Nishida K, Saito T, Urakawa S, Mori M, Kakimi K, Doki Y, Wada H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(10) 1466-1468   Oct 2018   [Refereed]
先人の足跡(第3回) 「魔弾の射手」エールリッヒは「医学界のマスター」
和田 尚, 中山 睿一
がん免疫療法   2(1) 74-75   Apr 2018
【腫瘍制御にかかわる各種細胞群】 制御性T細胞と腫瘍制御
浦川 真哉, 和田 尚
炎症と免疫   26(2) 110-114   Feb 2018
制御性T細胞(regulatory T cell:Treg)は、CD4T細胞のサブセットの一つであり、自己反応性のT細胞を制御する。その機能異常は自己免疫性疾患につながるため、Tregは生命の恒常性維持に必要不可欠である。一方、抗腫瘍免疫を抑制するという一面もあり、Tregを標的とした免疫療法は、がん治療において有効と考える。効率的に抗腫瘍免疫を惹起するために腫瘍組織内の活性化したTregを同定し標的とすること、また既存の治療との併用療法が今後の課題である。(著者抄録)
先人の足跡(第2回) グランビーのマウス・ウーマン、ラスロップ
和田 尚, 中山 睿一
がん免疫療法   1(2) 152-153   Sep 2017
がんワクチンについて教えてください
岡澤 晶子, 和田 尚
がん免疫療法   1(2) 108-109   Sep 2017
【免疫療法の進歩と問題点】 Tregを標的としたがん免疫治療
浦川 真哉, 土岐 祐一郎, 小島 隆嗣, 鈴木 進, 石田 高司, 西川 博嘉, 垣見 和宏, 飯田 真介, 岡 三喜男, 中山 睿一, 上田 龍三, 和田 尚
腫瘍内科   20(2) 137-142   Aug 2017
【がん免疫療法-What's now and what's next?-】 (第2章)最近のがん免疫療法開発の臨床的成果と位置づけ がんワクチン タンパクおよび長鎖ペプチドによるワクチン
岡澤 晶子, 和田 尚
遺伝子医学MOOK   (31) 117-122   Jul 2017
腫瘍細胞に限局しているがん抗原はがん免疫療法における治療ターゲットとなり、その同定が進められている。現在がんワクチンは、腫瘍抗原として短鎖ペプチドのみならず、全長タンパクや、複数のエピトープペプチドをもち抗原タンパクの全長を補うように合成された複合長鎖ペプチドも用いられ、臨床試験が行われている。ここではこれらのワクチンの現状をまとめ、今後の発展性に関して議論したい。(著者抄録)
先人の足跡(第1回) ウイリアム・コーリー
和田 尚, 中山 睿一
がん免疫療法   1(1) 62-63   Apr 2017
【がん免疫療法の最新動向-免疫チェックポイント阻害剤の将来展望】 免疫チェックポイント阻害療法における制御性T細胞の役割
岩堀 幸太, 和田 尚
カレントテラピー   35(2) 120-124   Feb 2017
岩堀 幸太, 和田 尚
ファルマシア   53(1) 45-48   Jan 2017
アジュバント入りがんワクチンの開発
岩堀幸太, 和田尚
バイオインダストリー   34(9) 53-58   2017
【がん免疫療法 腫瘍免疫学の最新知見から治療法のアップデートまで 免疫学の基礎知識と、免疫チェックポイント阻害薬、T細胞療法、個別化・複合免疫療法、臨床開発の最前線】 Overview 腫瘍免疫学とがん免疫療法の歴史
和田 尚, 中山 睿一
実験医学   34(12) 1872-1877   Aug 2016
がん免疫療法の歴史は1800年代末の"コーリートキシン"の開発にはじまる。1970年代以降の免疫学の進歩により、T細胞の抗原認識機構が分子レベルで解明された。この基盤の上に、1990年代に入りがん抗原が発見され、さらに、がんワクチンなど能動免疫療法が試みられた。そして1990年代には、免疫チェックポイント分子や制御性T細胞など免疫抑制の機構も明らかになった。2000年以降これらの知見の臨床応用が可能となり、がん免疫療法は新たな展開を迎えた。その成果には目を見張るものがある。今後は複合的な免...
【新たな免疫制御抗体療法】 抗CCR4抗体を用いた制御性T細胞除去がん免疫療法
武岡 奉均, 和田 尚
臨床免疫・アレルギー科   65(6) 545-549   Jun 2016
【がん薬物療法医が知っておくべき免疫療法】 がん免疫療法とは? がん免疫療法の考え方
岩堀 幸太, 和田 尚
臨床腫瘍プラクティス   11(4) 273-276   Nov 2015
<View Points!>がん抗原の同定が、がん免疫学の研究および臨床応用の発展への大きな転換点となった。体の中で発生したがん細胞は、自然免疫系および獲得免疫系からなる免疫監視機構により認識され排除されている。臨床で観察されるがんは、免疫逃避機序を利用した結果大きくなっている可能性がある。自然免疫系、獲得免疫系および免疫逃避機序それぞれの仕組みに基づいたがん免疫療法の開発が進んでいる。(著者抄録)
【免疫チェックポイントの基礎と臨床】 臨床 抗PD-1抗体の泌尿器科疾患、消化器疾患への応用
和田 尚
最新医学   70(3) 421-427   Mar 2015
抗PD-1抗体の抗腫瘍効果は,悪性黒色腫や肺がんに続いて腎がん,そして胃がんにおいても有効性が観察されるようになり,これらがん種を主要標的臓器とした多くの臨床試験が世界各地で実施されている.世界で先行するニボルマブ(MDX-1106,ONO-4538)と,ペンブロリズマブ(MK-3475)やピジリズマブ(CT-011)の開発競争が行われている.(著者抄録)
実験講座 抑制性T細胞の同定と機能評価
長瀬 博次, 西塔 拓郎, 和田 尚, 西川 博嘉
Surgery Frontier   21(3) 302-307   Sep 2014
免疫は自己と非自己を識別し、自己に対しては反応を起こさないが(免疫自己寛容)、病原体などの非自己に対しては攻撃し排除する巧妙な生体システムである。しかし免疫応答が過剰となり、免疫自己寛容が破綻すると自己免疫などを引き起こし、人体に対し負に働く。制御性T細胞(Treg)は過剰な免疫反応を抑制することにより、免疫自己寛容を維持することで生体恒常性に重要な役割を果たしている。2003年に転写因子Forkhead boxP3(Foxp3)がTregsのマスター遺伝子として同定され、Treg特異的に...
【最新胃癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 胃癌に対する免疫療法
和田 尚, 土岐 祐一郎
日本臨床   72(増刊1 最新胃癌学) 735-739   Jan 2014
【腫瘍免疫学とがん免疫療法 がんの進展・排除を司る免疫システムと逃避するがん-その制御による新たながん治療】 (第II部)がん免疫療法の開発と臨床試験 (第4章)臨床試験実施における重要点 免疫バイオマーカーと抗腫瘍効果
和田 尚, 中山 睿一
実験医学   31(12) 2028-2032   Aug 2013
がんの自然経過に影響を与える因子として免疫の重要性が明らかにされ、バイオマーカーとしての有用性が示唆されている。これらの免疫因子は、免疫療法における抗腫瘍効果の予測にも用いることができると考えられる。末梢血やがん組織を用いて、個々の標的について解析する従来の方法に加え、網羅的遺伝子解析などの新しい手法による解析も威力を発揮している。われわれは、NY-ESO-1がんワクチン症例における抗原特異的液性免疫応答の解析により、抗体反応の臨床的・基礎的有用性に着目している。(著者抄録)
【がんの免疫制御-研究と臨床の最前線】 がん患者の免疫評価 癌患者における免疫モニタリング 評価法と国際標準化
和田 尚, 中山 睿一
医学のあゆみ   244(9) 871-877   Mar 2013
抗腫瘍免疫反応の評価には、特異抗体および反応性CD4+、CD8+T細胞を正確に検出することが必要である。しかし、反応T細胞はその頻度が低く検出は容易ではない。検出方法としてはElispot法、Tetramer法、サイトカイン捕捉法、ICS法が開発されているが、免疫評価の再現性には問題があり、国際的に標準化の試みがなされている。一方、腫瘍局所の免疫評価には組織学的解析が有用である。免疫染色法によりCD8+T細胞とCD45RO+T細胞を解析し、腫瘍を"immune score"により分類する試...
腫瘍による制御性T細胞の浸潤誘導
和田 尚, 中山 睿一
臨床免疫・アレルギー科   59(2) 253-258   Feb 2013
【固形がんの免疫・抗体療法-基礎研究の進歩と臨床応用-】 免疫増強・制御モニタリングとがんワクチン
和田 尚, 土岐 祐一郎, 中山 睿一
日本臨床   70(12) 2183-2188   Dec 2012
腫瘍をめぐるQ&A(Question 50) T細胞依存性癌免疫制御の機構
和田 尚, 土岐 祐一郎, 森 正樹
Surgery Frontier   19(4) 460-461   Dec 2012
腫瘍をめぐるQ&A(Question 36) 制御性T細胞について教えてください
藤原 進一, 和田 尚, 森 正樹, 土岐 祐一郎
Surgery Frontier   18(3) 320-322   Sep 2011
【がんペプチドワクチンの実用化に向けて】 NY-ESO-1長鎖ペプチドワクチン
和田 尚, 垣見 和宏, 中山 睿一
細胞   43(3) 96-99   Mar 2011
NY-ESO-1は癌精巣抗原の一つで、その免疫原性の強さから、我々は癌ワクチンの標的として以前から用いている。総蛋白をワクチンとして用いた臨床試験のNY-ESO-1特異的免疫モニタリングにより、抗体およびCD4、CD8T細胞が反応する種々のエピトープを含む高免疫反応領域を同定した。一般に、長鎖ペプチドを用いたワクチンは総蛋白ワクチンの有用性を引き継ぐとともに、製造・精製の容易さを併せ持ち、将来有望である。これらより、NY-ESO-1高免疫反応領域を含むようにNY-ESO-1f長鎖ペプチドと...
NY-ESO-1f-ペプチドワクチン投与肺がん患者におけるCD8T細胞の免疫応答
榮川 伸吾, 大植 祥弘, 磯辺 みどり, 池内 一廣, 上中 明子, 和田 尚, 垣見 和宏, 岡 三喜男, 中山 睿一
肺癌   50(5) 521-521   Oct 2010
【細胞死をめぐる最近のトピックス】 細胞死の特徴 免疫療法後の細胞死
和田 尚, 川田 純司, 藤原 進一, 宮田 博志, 山崎 誠, 森 正樹, 土岐 祐一郎
Surgery Frontier   16(4) 438-442   Dec 2009
細胞傷害性T細胞(CTL)はパーフォリンやグランザイム、Fas経路を介して標的細胞の細胞死を引き起こす。免疫療法の中でも癌ワクチン療法は、抗原特異的CTLを誘導することにより抗腫瘍効果を期待する。われわれは癌精巣抗原NY-ESO-1を用いた癌ワクチン臨床試験を行い、限定的ではあるが一部に良好な臨床効果を得た。ほとんどの症例で末梢血中にNY-ESO-1特異的反応性T細胞の誘導を確認し、食道癌症例では組織学的に腫瘍細胞の変性を認めた。悪性黒色腫の一例では、ワクチン投与により皮膚転移部に炎症反応...
【がんワクチンの展望】 多価性がんタンパク質ワクチン
中山 睿一, 和田 尚
最新医学   64(11) 2355-2360   Nov 2009
SEREX法により同定されたがん抗原NY-ESO-1はがん精巣抗原の1つで,種々のがんに発現するが,正常組織では精巣以外には発現しない.我々は,コレステリル疎水化プルラン(CHP)とNY-ESO-1タンパク質の複合体(CHP-NY-ESO-1)を用いて,がんワクチン臨床試験を行った.安全性および特異的免疫反応の誘導を第1目的とし,臨床効果の評価を第2目的とした.タンパク質は多価性がんワクチンとして,種々のHLAを持つあらゆる患者に投与可能である.食道がん,前立腺がん,悪性黒色腫患者13症例...
中山 睿一, 和田 尚
Skin Cancer   24(2) 145-152   Oct 2009
SEREX法により同定されたがん抗原NY-ESO-1は、がん・精巣抗原の一つで、種々のがんに発現するが正常組織では精巣以外には発現しない。NY-ESO-1抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法は、欧米のいつくかの施設で臨床試験が行われ解析が進んでいる。我々は、ペプチドにかわり、コレステリル疎水化プルラン(CHP)とNY-ESO-1タンパクの複合体(CHP-NY-ESO-1)を用いて、がんワクチン臨床試験を行った。安全性および特異的免疫反応の誘導を第一目的とし、臨床効果の評価を第二目的とした。...
【ワクチン 課題解決と新規品への期待】 新規ワクチンの開発状況と期待 癌ワクチン
和田 尚, 土岐 祐一郎, 中山 睿一
日本臨床   66(10) 2004-2007   Oct 2008
【外科に応用可能な免疫学的戦略】 食道癌に対するNY-ESO-1癌ワクチン療法第I相臨床試験
和田 尚, 土岐 祐一郎, 門田 守人, 上中 明子, 中山 睿一
Biotherapy   22(1) 41-45   Jan 2008
SEREX法により同定された癌抗原NY-ESO-1は、種々の癌に発現するが正常組織では精巣以外には発現しない。いわゆる癌・精巣抗原の一つである。NY-ESO-1抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法は、欧米のいくつかの施設で臨床試験が行われ解析が進んでいる。現在われわれは、ペプチドに代わりNY-ESO-1蛋白を用いたCHP-NY-ESO-1癌ワクチンの臨床試験を進めている。NY-ESO-1蛋白の使用は、種々のHLAをもつあらゆる患者に適応し、CD8 CTLのみならずCD4ヘルパーの活性化も期待...
【がん免疫療法の現状と課題】 NY-ESO-1蛋白を用いたがんワクチン療法第一相臨床試験
和田 尚, 土岐 祐一郎, 門田 守人, 上中 明子, 中山 睿一
細胞   39(6) 244-247   Jun 2007
SEREX法により同定されたがん抗原NY-ESO-1は、種々のがんに発現するが正常組織では精巣以外には発現しない。いわゆるがん・精巣抗原の一つである。NY-ESO-1抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法は、欧米のいくつかの施設で臨床試験が行われ解析が進んでいる。現在、我々は、ペプチドにかわり、NY-ESO-1蛋白を用いたCHP-NY-ESO-1がんワクチンの臨床試験を進めている。NY-ESO-1蛋白の使用は、種々のHLAを持つあらゆる患者に適応し、CD8 CTLのみならずCD4ヘルパーの活...
【メラノーマ】 がん・精巣抗原NY-ESO-1を用いたがんワクチン第一相臨床試験
和田 尚, 門田 守人, 中山 睿一
細胞   38(14) 553-556   Dec 2006
SEREX法により同定されたがん抗原NY-ESO-1は、種々のがんに発現するが正常組織では精巣以外には発現しない。いわゆるがん・精巣抗原に属する抗原である。NY-ESO-1抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法は、欧米のいくつかの施設で臨床試験が行われ解析が進んでいる。NY-ESO-1特異的CD8およびCD4 T細胞の誘導がしばしば認められ、抗腫瘍効果の明らかな症例も見られた。現在、我々は、ペプチドのかわりにNY-ESO-1蛋白を用いたCHP-NY-ESO-1がんワクチンの臨床試験を進めてい...
基礎医学から がんワクチン療法 最近の知見
和田 尚, 門田 守人, 中山 睿一
日本医事新報   (4304) 57-59   Oct 2006
【癌ワクチン療法の現状と展望】 がん・精巣抗原NY-ESO-1蛋白・癌ワクチン
和田 尚, 土岐 祐一郎, 門田 守人, 珠玖 洋, 上中 明子, 中山 睿一
Surgery Frontier   13(3) 261-265   Sep 2006
SEREX法により同定された腫瘍特異抗原NY-ESO-1は、種々の癌腫に発現するが正常組織では精巣以外には発現しない癌精巣抗原に属する抗原である。NY-ESO-1抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法は、欧米のいくつかの施設で臨床試験が行われ、解析が進んでいる。NY-ESO-1特異的CD8およびCD4 T細胞の誘導がしばしば認められ、抗腫瘍効果の明らかな症例もみられた。しかし、効果は十分とはいえず、NY-ESO-1抗原による癌ワクチン療法は、依然、効率のよりよい方法が模索されている。そこで、わ...
【わかりやすい免疫疾患】 免疫の基礎 腫瘍と免疫 癌抗原 最近の知見
和田 尚, 中山 睿一
日本医師会雑誌   134(特別1) S82-S83   Jun 2005
和田 尚, 中山 睿一
検査と技術   31(1) 83-85   Jan 2003
肝細胞癌に対するIFN-α/5-FU併用療法におけるTRAILの関与の検討
山本 為義, 永野 浩昭, 左近 賢人, 新井 勲, 森本 修邦, 太田 英夫, 和田 尚, 堂野 恵三, 梅下 浩司, 中森 正二, 門田 守人
肝臓   43(Suppl.2) A357-A357   Sep 2002
【遺伝子治療 臨床応用とその限界】 肝・胆疾患に対する遺伝子治療
岡見 次郎, 和田 尚, 中森 正二, 永野 浩昭, 堂野 恵三, 梅下 浩司, 左近 賢人, 門田 守人
外科   63(13) 1714-1719   Dec 2001
肝・胆疾患における遺伝子治療について,主に動物モデルにおける最近の報告を中心に紹介した.肝細胞癌に対しては,AFPを標的とした免疫遺伝子治療が臨床研究に達しているほか,自殺遺伝子治療・p53遺伝子導入等の方法が研究されている.肝線維化においては,分子メカニズムに基づいてTGF-βやHGFをターゲットとした遺伝子治療の試みが動物モデルにおいて成果を上げている.また胆道系疾患に対しては,経胆道的に胆道上皮への選択的遺伝子導入法が研究されている
【乳癌の診断と治療】 進行・再発乳癌の治療 新しい機序の薬物療法 腫瘍ワクチン
和田 尚
日本臨床   58(増刊 乳癌の診断と治療) 352-356   Apr 2000
Negative selectionのメカニズム
和田 尚, 中山 睿一
免疫Immunology Frontier   3(6) 327-331   Dec 1993
和田 尚, 辻仲 利政, 辛川 克
日本臨床外科医学会雑誌   49(7) 1235-1240   Jul 1988