Hidenori Yamasue

J-GLOBAL         Last updated: Jul 8, 2019 at 17:54
 
Avatar
Name
Hidenori Yamasue
Affiliation
Hamamatsu University School of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Yamasue H, Aran A, Berry-Kravis E
Current opinion in neurology   32(4) 635-640   Aug 2019   [Refereed]
Yassin W, Kojima M, Owada K, Kuwabara H, Gonoi W, Aoki Y, Takao H, Natsubori T, Iwashiro N, Kasai K, Kano Y, Abe O, Yamasue H
Psychiatry and clinical neurosciences      Jul 2019   [Refereed]
Wakuda T, Suzuki A, Hasegawa M, Ichikawa D, Yamasue H
The Australian and New Zealand journal of psychiatry   53(6) 586-587   Jun 2019   [Refereed]
Owada K, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Kawano N, Eriguchi Y, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, Kosaka H, Yamasue H
Brain : a journal of neurology      May 2019   [Refereed]
Higashida H, Munesue T, Kosaka H, Yamasue H, Yokoyama S, Kikuchi M
Diseases (Basel, Switzerland)   7(1)    Feb 2019   [Refereed]

Misc

 
【精神医学とテクノロジー】 社会的コミュニケーションの障害の客観定量化
山末 英典
分子精神医学   19(2) 54-58   Apr 2019
精神症状評価の際には、熟練した臨床家によって表情、視線、発話の形式などの振る舞いを観察することが重要で、こうした観察に基づいて症状評価やそれに基づく状態像診断そして疾患診断がなされる。しかし、評価法の訓練は量的にも質的にも施設間差も個人差も大きく、さらには個人の素養や認知機能の差も症状評価に影響しているのが現状である。こうした状況は、精神科診断の再現性の乏しさ、新薬開発における有効性検証の困難さ、精神症状の脳神経基盤同定の困難さにも結びついている。本稿では、診察場面における動画記録から表情...
社会行動の障害に対するオキシトシンを用いた治療薬開発
山末 英典
日本内分泌学会雑誌   95(1) 322-322   Apr 2019
臨床開発におけるレギュラトリーサイエンス、そして薬事的課題-革新的医薬品の創出に向けて- 社会的コミュニケーションの障害に対する革新的な治療薬開発 アカデミアの視点から
山末 英典
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 103-103   Nov 2018
青年期・若年成人期のADHDとASDの薬物療法 ASD治療の近未来 オキシトシンの可能性
山末 英典
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 127-127   Nov 2018
ASDモデルマウスに対するオキシトシン投与効果の評価を目的とした表現型解析プラットフォームの開発 既存モデルマウスを用いた検証
古瀬 民生, 山田 郁子, 串田 知子, 綾部 信哉, 吉木 淳, 山末 英典, 若菜 茂晴
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 219-219   Nov 2018