MISC

2020年

UV-B蛍光ランプによる紫外線照射がトマト 'ハウス桃太郎' および'レッドオーレ' の生育,収量および果実品質に及ぼす影響

園芸学研究
  • 渡邉 圭太
  • ,
  • 西野 勝
  • ,
  • 神頭 武嗣
  • ,
  • 内橋 嘉一
  • ,
  • 佐藤 文生
  • ,
  • 有井 雅幸

19
1
開始ページ
7
終了ページ
12
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.2503/hrj.19.7
出版者・発行元
一般社団法人 園芸学会

<p>促成作型トマト'ハウス桃太郎'および'レッドオーレ'の病害抵抗性誘導と生育収量の確保を目的にUV-Bを2.30~12.56 μW・cm–2の放射照度で毎日23時から2時まで連続照射した.その結果,両品種とも植物体に縮葉症状を呈し,茎葉における乾物率の増加および日焼け果の発生が認められたが,開花,着果および収量への影響は認められなかった.またUV-B照射により果実の糖度が上昇し,酸度が低下することが明らかとなった.果実の着色およびリコピン含有量にはUV-B照射の影響は認められなかった.</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2503/hrj.19.7
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007822935
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11608561
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/030220151

エクスポート
BibTeX RIS