武井和人

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/12 02:18
 
アバター
研究者氏名
武井和人
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80154962
所属
埼玉大学
部署
人文社会科学研究科
職名
教授
科研費研究者番号
80154962

プロフィール

日本古典籍學を専攻してゐます。

研究分野

 
 
  • 文学 / 日本文学 / 古典籍学・書誌学・文献学

論文

 
東山御文庫藏『後成恩寺禪閤行跡』-略解題・釋文-
武井和人
研究と資料   (63) 35-39   2010年7月
遠忠歌の一背景-「寄櫨戀」題詠歌をめぐつて-
武井和人
研究と資料   (63) 41-50   2010年7月
冷泉家本『伊勢物語』は金澤文庫本か-金澤文庫本來歷臆斷-
武井和人
研究と資料   62 3-8   2009年12月
埼玉大學藏『義尚三十首和歌』(假題)-解題・影印・釋文-
武井和人・石澤一志
研究と資料   (62) 33-39   2009年12月
武井 和人
埼玉大学紀要. 教養学部   45(1)    2009年9月
武井和人
研究と資料   61 63-70   2009年7月
武井和人
研究と資料   60 37-43   2008年12月
武井和人
研究と資料   59 49-70   2008年7月
武井和人
研究と資料   58 13-25   2007年12月
武井和人
研究と資料   57 31-42   2007年7月

書籍等出版物

 
一条兼良自筆伊勢物語愚見抄 影印・翻刻・解題
武井和人・木下美佳
笠間書院   2011年1月   
日本古典くずし字読解演習
武井和人
笠間書院   2010年2月   
中世古典籍学序説
武井和人
和泉書院   2009年8月   
一条兼良の書誌的研究 増訂版
武井和人
おうふう   2000年11月   
中世古典学の書誌学的研究
武井和人
勉誠出版   1999年1月   
新古今集詞書論
武井和人
新典社   1993年6月   
中世和歌の文献学的研究
武井和人
笠間書院   1989年7月   
一条兼良の書誌的研究
武井和人
桜楓社   1987年4月   
十六夜日記・夜の鶴 注釈
武井和人・簗瀬一雄
和泉書院   1986年8月   
一条兼良全歌集 本文と各句索引
武井和人
笠間書院   1983年8月   

講演・口頭発表等

 
天文三年三月の遠忠-架藏遠忠自筆『春日社詠三十首和歌』の紹介をかねて-
武井和人
和歌文学会・東京例会   2010年5月   
『古今集童蒙抄』から『古今集秘抄』へ
武井和人
和歌文学会大会   1978年10月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 武井和人
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 武井和人
(1)研究会を3回実施した。
【第1回研究会】
平成19年6月22日・於:埼玉大学・教養学部・大学院演習室
大塚秀高「中国古代小説版本学とは」
【第2回研究会】
平成19年9月7日・於:埼玉大学・教養学部・大学院演習室
明星聖子「編集文献學とは何か-1970年代以降のドイツ文献學と英米書誌學の融合を中心に-」武井和人「池田文献學形成過程試論」
【第3回研究会】※本項は実施予定
平成20年3月28日・於:埼玉大学・教養学部・大学院演習室武井和人「冷泉家本『百人秀歌』誤爲私孜-孤本を遡る試みと...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 武井和人
(1)天理図書館蔵『兼右卿記』(吉田兼右自筆原本)の調査を実施した。(11月9日)※中條敦仁(研究協力者)による調査.後に,紙焼を入手。
(2)京都大学附属図書館『況斎雑記』の調査を実施した。(1月24日)※武井他1名による調査。国会図書館本と比校。
(3)研究会を1回実施した。【第1回研究会-禁裏本をめぐる諸問題-散文作品を中心に-】平成19年8月27日・於:埼玉大学・大宮ソニックシティカレッジ武井和人(埼玉大学・教養学部・教授)「禁裏本襟攷」新美哲彦(呉工業高等専門学校・講師)「『源氏...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 武井和人
(1)以下の機関・個人に所蔵される十市遠忠・実暁自筆古典籍の実地調査・写真撮影を行った。
財団法人前田育徳会尊経閣文庫蔵自筆詠草類(再調査)
東京大学史料編纂所蔵『一人三臣詠鈔』(天文8年遠忠書写奥書本ノ転写本)
国文学研究資料館蔵遠忠関連典籍マイクロフィルム(陽明文庫蔵『五社百首』他)
(2)報告書に翻刻を収載する予定の資料を選定し、担当者を決め、翻字作業に入った。
新たに翻刻する資料として、以下の典籍を定めた。
財団法人前田育徳会尊経閣文庫蔵『千首和歌』『三百六十首和歌』『五十番自歌合...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 武井和人
(1)初期一条兼良古典学の代表的著作であり、かっ、兼良の処女作と目される『公事根源』の伝本の悉皆調査を企図した。下記の文庫・図書館に所蔵される伝本を調査し、可能な限り紙焼本を作成した。
[平成12年度]
宮内庁書陵部/内閣文庫/静嘉堂文庫/尊経閣文庫/名古屋市蓬左文庫/旧東京教育大学附属図書館(調査済資料)/熊本大学附属図書館寄託北岡文庫蔵本(国文学研究資料館蔵マイクロフィルムによる調査)/上田市立図書館藤盧文庫蔵本(同前)/臼杵市立図書館蔵本(同前)/京都大学蔵本(各部局)/陽明文庫蔵本...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 武井和人
(1)国文学研究資料館所蔵のマイクロフィルム資料の内、古注釈書を網羅的に調査
前年度からの調査の継続。特に、尊経閣文庫蔵古注類を集中的に検討し、その古典籍蒐書の全体像が明らかになった。
(2)宗祇流古注の内、『文亀二年注』を中心に検討
学界未紹介である永青文庫本を調査し、既に知られている蓬左文庫本と比較の上、該注の宗祇流古注における位置を考究した。
その結果、常縁の勅撰集学が宗祇に流れ込んでいる実態が明らかになった。
(3)東山御文庫蔵古注類の網羅的調査(予備的研究)
宮内庁書陵部に所蔵さ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 武井和人
〔1〕東京大学史料編纂所所蔵一条家蔵書目録の翻刻
東京大学史料編纂所に所蔵される、明治初年頃の一条家蔵書目録(2種)の内、〔4100・105〕を、全文撮影の上翻刻することが出来た。掲載誌等は、裏面の「11.研究発表〔雑誌論文〕」を参照のこと。
なお、活字による発表にはいまだ至らないが、いま一つの蔵書目録の翻字はほぼ完了したので、機会を見て公表したい。またその後、両書を併せた書名索引を作成する予定であり、〔4100・105〕本については、デ-タ入力を行いつつある。
〔2〕尊経閣文庫蔵伝冬良書...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 武井和人
1.奥書・識語デ-タの蒐集状況
(1)公刊されている目録・書目等からのデ-タ蒐集・仮入力。主な対象は以下の通り。
『新修成簣堂文庫善本書目』『図書寮典籍解題 続文学篇・歴史篇』『柿衛文庫目録 書冊篇』『龍門文庫善本書目』
(2)公刊されているマイクロフィルムからのデ-タ蒐集・仮入力。主な対象は以下の通り。
静嘉堂文庫蔵歌書、大東急記念文庫蔵国文学関係書。
(3)原本の直接調査によるデ-タ蒐集・仮入力。
京都大学附属図書館中院文庫蔵国文学関連書(特に歌書が中心)。
2.汎用デ-タベ-スソフト...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1991年 - 1991年    代表者: 武井和人
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1983年 - 1983年    代表者: 武井和人