IMOTO, Ryo

J-GLOBAL         Last updated: Dec 16, 2019 at 13:05
 
Avatar
Name
IMOTO, Ryo
URL
https://www.researchgate.net/profile/Ryo_Imoto2
Affiliation
Fukushima University
Section
Faculty of Economics and Business Administration Department of International and Regional Economy
Job title
Professor
Degree
Ph.D(University of Tsukuba)

Profile

(1) Japanese linguistics: adverbial modification, resultative construction, degree expression, lexical semantics
(2) Japanese grammar for teaching Japanese as second language
(3) Teaching Japanese: Japanese for academic purpose, academic writing skills, good writing, oral communication skills

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2003
Graduate School, Division of Literature and Linguistics, University of Tsukuba
 

Published Papers

 
[Review]Murakami, Kae "On the usage of Emotional Adjectives: How Emotional Adjectives Are Used in Contemporary Japanese."
IMOTO, Ryo
Studies in the Japanese Language.   14(3) 126-133   Aug 2018   [Invited]
An constructional approach to adverbial modification of adjectives in Japanese.
IMOTO, Ryo
Papers from 18th National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association   18 466-472   May 2018
This paper argues the proper treatment of Adverbial Modification of Adjectives (henceforth AMA) in Japanese, such as “the boat rocks widely” (fune-ga ookiku yureru), or “to inflate a balloon big” (fuusen-o ookiku fukuramaseru). Its aims are to poi...
井本 亮
商学論集   84(3) 17-35   Mar 2016   [Refereed]
IMOTO, Ryo
Studies in Japanese Language and Japanese Language Teaching   (6) 63-78   May 2015   [Refereed]
This paper revealed the following: (i) the degree reading such as “okiku kawaru”(“change drastically”) had a significantly lower score than the other readings; (ii) the degree reading appears in the corpora most frequently. Little attention has be...
井本 亮
商学論集   82(1) 1-19   Jul 2013   [Refereed]
井本 亮
商学論集   79(4) 59-75   Mar 2011   [Refereed]
井本 亮
Journal of Japanese grammar   7(2) 137-153   Sep 2007   [Refereed]
井本 亮
Tsukuba Japanese linguistics   (8) 22-38   2003
本稿では、修飾をめぐる論点を整理するとともに、ひとつの言語現象を挙げ、その現象が提起する問題について考察する。近年の論考によって、従来の修飾の概念には統語・意味・機能の観点が混在していること、修飾限定が修飾対象に対する集合論的操作であることなどが指摘されている、しかし「ケーキを小さく切った」などの副詞的修飾関係は、従来の概念規定だけでは捉えきれない問題を示唆している、このことから、本稿では、修飾関係が修飾対象の意味的性質の更新を動機づける力を持つ、動詞文の意味に関する重要な役割を担う構文関...
Adverbial relations in Japanese.
IMOTO, Ryo
unpublished Ph.D. dissertation. Tsukuba University.      2003
IMOTO Ryo
Studies in language sciences   8 71-92   Mar 2002   [Refereed]
The aim of this paper is to give an account of the various "excessive sense" that Japanese V-V compound V-sugiru "over-V" provides. Based on Yumoto's description and generalization of the facts, I propose an alternative conceptual semantic analysi...
井本 亮
Tsukuba Japanese linguistics   (7) 32-47   2002
副詞的修飾研究における理論的側面は現象の記述的研究に比べて立ち遅れているが、先行研究の言説に重要な示唆が含まれていることも確かである。本稿では、先行研究の知見を集積し、副詞的修飾関係の成立に関わる修飾・被修飾成分間の意味的関連性、修飾限定における被修飾成分の素材概念の範疇性という性質を抽出し、このふたつの性質の概念規定を集合論の観点から再規定する。
井本 亮
筑波日本語研究   (6) 42-60   Aug 2001
従来、動詞文が表す動作・事態の終結に関する研究では、「限界性」の概念からの説明が行われ、大きな成果を上げてきた。しかし、動詞文の意味解釈には、限界性だけでは統一的な説明ができない現象が散見される。それは対象物の複数性などが事態の限界性解釈を含む文の文法性に深く関わる事例であるが、本来「数」の標示が義務的文法範疇ではない日本語においては、このような問題は捨象されてきた。本稿では、こうした事例を限界性という概念で説明することの問題を論じ、それにかわる概念として、動作の限界性、実態の複数性、経路...
井本 亮
筑波日本語研究   (5) 18-38   Aug 2000
「これほど・それほど・あれほど」は、指示機能を持つ副詞句として一律に扱われてきた。しかし、否定と共起した用例を調査すると、各句の用法には顕著な偏りが見られる。本稿では、こうした[指示詞+ほど]が否定と共起した際の用法について、用例調査をもとに考察し、各用法の分化が否定のスコープと指示対象の有無に対応していることを指摘する。また「それほど」だけが呼応副詞として機能することが、ソ系列指示詞の消極的な指示機能という性質によるものであることを指摘する。

Misc

 
中川 祐治, 井本 亮, 半沢 康
福島大学地域創造   27(2) 8224-8233   Feb 2016

Books etc

 
The Typology of Resultative Constructions. (Naoyuki ONO ed.)
Hituzi shobo   2009   ISBN:978-4-89476-469-9
Aspectual Structures of Events. (Enoch IWAMOTO ed.)
2008   2008   ISBN:978-4-7589-2140-4
Kaitakusya: Tokyo
Studies in Modern Japanese Grammar: Interaction between Theory and Data (YAZAWA, Makoto and Osamu HASHIMOTO (eds.))
Hituzi Syobo: Tokyo   2006   ISBN:4-89476-277-3

Conference Activities & Talks

 
On Degree Modifications: the Case of Futsuu-ni ‘ordinary’.
8th Annual Meeting of Society of Modern Japanese Grammar, at. Daito Bunka University.   2010   
On the Interface with Aspectual Structures and Pragmatics: Event Structures Denoting “Expected Point” in V-sugiru (over-V) construction.
138th Meeting of the Linguistic Society of Japan, at Kanda University of International Studies.   2009   
A Tentative Analysis on the Adverbial Modification of Material Property.
7th Annual Meeting of Society of Modern Japanese Grammar, at University of Tsukuba.   2009   
Semantic Coercion in Japanese Resultative.
Imoto, Ryo
6th Annual Meeting of Society of Modern Japanese Grammar, at University of Tsukuba.   Aug 2008   
On Japanese deadjectival verbs "-maru/meru": its telicity and gradability.
90th meeting of Kanto Japanese Forum, at Gakusyuin Women university.   2007   
On Japanese degree achievement.
4th meeting of the society of modern Japanese grammar, at Tsukuba university.   2006   
Verb Meanings and Adverbial Modifications.
70th Meeting of Korean Association of Japanology, at Korea University, Korea.   2005   
On Resultative Modifying Relation: Interpretations of Adverbials and Verbs’ Semantic Structures.
1st of Annual Meeting of Society of Japanese Grammar, at Kyoto University of Education.   2001   
On Readings of VV Compound -sugiru.
121st of Meeting of the Linguistic Society of Japan, at Nagoya Gakuin University.   2000   
On Quantifier-like Property of hodo: the Cases of V2-hodo V1.
Spring Meeting of Japanese Linguistic Society 1999, at Dooshisha University.   1999   
情態と程度の接近をめぐって
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第13回大会   
教育文法のすきまを探り文法研究の論点を掘り起こす―形容詞連用修飾の“程度的”用法をめぐって―
Imoto, Ryo
日本語文法学会第18回大会パネルセッション「日本語教育文法研究のすすめ―文法研究の活性化とキャリアパスを見据えて―」   
形容詞連用修飾関係の構文ネットワーク分析
Imoto, Ryo
日本認知言語学会第18回全国大会   
量形容詞「深い」の意味拡張と程度修飾
Imoto, Ryo
第149回関東日本語談話会   
量形容詞の意味拡張とスキーマ
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第13回大会   
連用・構文・修飾をめぐって?論点の整理?
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第12回大会   
「ケーキを大きく切った」をめぐって:一体性変化を表す動詞文
Imoto, Ryo
第132回関東日本語談話会   
副詞的修飾の“すきま”をめぐって:意味的アプローチの論点と課題
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第10回大会   
修飾限定からみた日本語結果構文
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第9回大会   
日本語の「結果構文」の位置づけと連用修飾文:形式と意味における「ずれ」
Imoto, Ryo
第84回日本英文学会シンポジアム   
「普通に」のケースを通して程度修飾について考える
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第8回大会   
なぜ「赤く」は「塗る」を修飾できるのか試論
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第7回大会   
語用論との接点:期待値を表示する構造―「Vすぎる」の事象投射構造―
Imoto, Ryo
第138回日本言語学会ワークショップ『概念構造と他領域との接点―事象投射理論の可能性―   
大学と行政の連携について:福島県国際交流協会と福島大学の取り組み
Imoto, Ryo
日本語学習支援ネットワーク会議08 in AKITA   
情態修飾関係の分類について
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第5回大会   
限界性と段階性:形容詞派生動詞「〜める.〜まる」をめぐって
Imoto, Ryo
第90回関東日本語談話会   
日本語のdegree achievementについて
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第4回大会   
状態変化の進展と時間
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第3回大会   
動詞の意味と副詞的修飾関係
Imoto, Ryo
韓国日本学会第70回大会   
状態記述の副詞的成分と空間概念
Imoto, Ryo
第77回関東日本語談話会   
空間的変化と空間的状態―「さかさまに置いた」再訪―
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第2回大会   
状態変化事態と副詞的修飾
Imoto, Ryo
現代日本語文法研究会第1回大会   
<向き・方向>に関わる副詞的修飾関係をめぐって
Imoto, Ryo
第60回関東日本語談話会   
結果の修飾関係について――位置変化動詞と共起する副詞句の解釈と動詞の意味構造――
Imoto, Ryo
日本語文法学会第1回(設立記念)大会   
複合動詞「過ぎる」の意味解釈について
Imoto, Ryo
日本言語学会第121回大会   
「ほど」の数量詞的機能 ―「VするほどVした」構文の意味解釈から―
Imoto, Ryo
平成11年度国語学会春季大会   

Research Grants & Projects

 
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): IMOTO, Ryo
連用修飾における形容詞の意味拡張と動詞の相互作用
Fukushima University: Competitive study fund 2017 (Fukushima University)
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018    Investigator(s): IMOTO, Ryo
連用修飾関係の多様性に関する記述的研究と日本語教育文法への接続
Fukushima University: Competitive study fund 2016 (Fukushima University)
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): IMOTO, Ryo
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): IMOTO, Ryo
科学研究費補助金
Project Year: 2008 - 2009    Investigator(s): IMOTO, Ryo
副詞的修飾関係は動詞句の語彙的意味には還元できない意味解釈を生むことがある。それは語彙間の意味的不整合を解消するために導入される「強制(coercion)」による意味操作によるものである。このような現象はいわゆる結果構文でも生じていると考えられる。 本研究では、特に副詞的修飾関係によって生じる強制の現象を記述し、動詞述語文における意味計算のメカニズムを明らかにしようとするものである。
科学研究費補助金
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): IMOTO, Ryo
副詞的修飾成分と動詞句との意味計算の記述と素性分析による情態修飾関係の分類を提示し、言語情報処理・日本語教育文法に寄与する情態修飾関係の体系的記述を行う。
科学研究費補助金
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): IMOTO, Ryo