Masakazu Miyajima

J-GLOBAL         Last updated: Jun 11, 2019 at 11:46
 
Avatar
Name
Masakazu Miyajima
Nickname
水頭症博士
E-mail
mmasakajuntendo.ac.jp
Research funding number
60200177

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Professor, Neurosurgery, Juntendo Tokyo Koto Geriatric Medical Center
 

Education

 
Mar 1984
 - 
Today
Juntendo University
 

Published Papers

 
Nakajima Madoka, Miyajima Masakazu, Akiba Chihiro, Ogino Ikuko, Kawamura Kaito, Sugano Hidenori, Hara Takeshi, Tange Yuichi, Fusegi Keiko, Karagiozov Kostadin, Arai Hajime
OPERATIVE NEUROSURGERY   16(1) E29-E31   Jan 2019   [Refereed]
Saito A, Kamagata K, Ueda R, Nakazawa M, Andica C, Irie R, Nakajima M, Miyajima M, Hori M, Tanaka F, Arai H, Aoki S
Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie      Apr 2019   [Refereed]
Senda Daiki, Orgun Doruk, Shimizu Azusa, Shimoji Kazuaki, Miyajima Masakazu, Arai Hajime, Mizuno Hiroshi, Komuro Yuzo
JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   30(1) 23-27   Jan 2019   [Refereed]
Nakajima M, Hara T, Miyajima M, Akiba C, Kawamura K, Sugano H, Tange Y, Shimoji K, Karagiozov K, Arai H
World neurosurgery      Mar 2019   [Refereed]
Nakajima Madoka, Miyajima Masakazu, Akiba Chihiro, Ogino Ikuko, Kawamura Kaito, Sugano Hidenori, Hara Takeshi, Tange Yuichi, Fusegi Keiko, Karagiozov Kostadin, Arai Hajime
OPERATIVE NEUROSURGERY   15(6) 634-642   Dec 2018   [Refereed]

Misc

 
iNPH Diagnostic imaging 特発性正常圧水頭症(iNPH)の概要
宮嶋 雅一, 萬代 秀樹, 伊藤 敬孝
Rad Fan   17(4) 2-4   Mar 2019
特発性正常圧水頭症のシャント手術におけるmodified Rankin Scale非改善例の背景因子
栗山 長門, 宮嶋 雅一, 中島 円, 徳田 隆彦, 渡邊 能行, 黒沢 美智子, 森 悦朗, 加藤 丈夫, 新井 一
臨床神経学   58(Suppl.) S214-S214   Dec 2018
脳脊髄液減少症における髄液バイオマーカー
橋本 康弘, 村上 友太, 星 京香, 伊藤 浩美, 齋藤 清, 宮嶋 雅一, 新井 一, 光藤 尚, 荒木 信夫, 高橋 浩一, 美馬 達夫
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   71回 58-58   Oct 2018
【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 疾患・病態別の診断・治療 腰椎 脊髄係留症候群による腰下肢痛
原 毅, 岩室 宏一, 下地 一彰, 尾原 裕康, 宮嶋 雅一, 新井 一
別冊整形外科   (74) 136-140   Oct 2018
当院で1994〜2017年に係留解除術を施行した成人発症脊髄係留症候群30例について術前後の臨床症状を中心に検討した。また、2010〜2017年に当院で手術を施行した小児二分脊椎64例のうち、脊髄係留症候群により係留解除術を施行した21例について同様の検討を行った。結果、成人例で係留解除術後に何らかの症状の改善が認められたのは23例(77%)であった。成人例で術前に腰下肢痛を自覚していた17例中、術後に疼痛が改善しなかったものが4例(24%)存在したが、4例とも脊髄症状の進行は停止し、新た...
特発性正常圧水頭症患者の初期髄液中p-Tauはシャント術後3年後の認知機能を予測した
中島 円, 秋葉 ちひろ, 宮嶋 雅一
Dementia Japan   32(3) 447-447   Sep 2018