市川 寛子

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/11 13:42
 
アバター
研究者氏名
市川 寛子
URL
http://www.rs.tus.ac.jp/ichi/
所属
東京理科大学
部署
東京理科大学 理工学部 教養
職名
准教授
学位
博士(行動科学)(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年9月
 - 
2005年3月
独立行政法人 産業技術総合研究所 第二号非常勤職員
 
2003年8月
 - 
2003年11月
筑波大学 リサーチ・アシスタント
 
2004年4月
 - 
2005年3月
国立大学法人筑波大学 ティーチング・アシスタント
 
2005年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
江戸川大学 非常勤講師(心理学実験実習・演習)
 

受賞

 
2018年5月
公益財団法人NEC C&C財団2018年度前期国際会議論文発表者助成金
 
2011年9月
発達科学研究教育奨励賞
 

論文

 
chikawa, H.*, Nakato E.*, Igarashi, Y., Okada, M., Kanazawa, S., Yamaguchi, M. K., Kakigi, R. (*Joint first authors)
NEUROIMAGE   186 817-824   2019年2月   [査読有り]
ES-DoS: Exhaustive search and density-of-states estimation as a general framework for sparse variable selection.
Igarashi, Y., Ichikawa, H., Nakanishi-Ohno, Y., Takenaka, H., Kawabata, D., Eifuku, S., Tamura, R., Nagata, K., & Okada, M.
Journal of Physics: Conference Series   in press   2018年   [査読有り]
Correlation between Autistic Traits and Gait Characteristics while Two Persons Walk Toward Each Other
Masahiro Shigeta, Akira Sawatome, Hiroko Ichikawa, Hiroshi Takemura
Advanced Biomedical Engineering   (7) 55-62   2018年2月   [査読有り]
Ichikawa, H., Kanazawa, S., & Yamaguchi, M. K.
Visual Cognition   26(3) 156-165   2017年11月   [査読有り]
教師志望者におけるカウンセリングスキルとしての共感性の高さとまなざし課題遂行成績の関連
市川寛子,伊藤稔,竹村裕
東京理科大学教職教育研究   (2) 35-40   2017年7月   [査読有り]
K-スパース全状態探索法による識別問題における変数選択
市川寛子・川端大貴・五十嵐康彦・永田賢二・永福智志・田村了以・岡田真人
2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)大会論文集      2017年5月   [査読有り]
Geangu, E.*, Ichikawa, H.*, Lao, C.*, Kanazawa, S., Yamaguchi, M. K., Caldara, R.*, & Turati, C.* *Joint first and last authors
CURRENT BIOLOGY   26 R663-R664   2016年7月   [査読有り]
発達障害研究への応用―スパースモデリングによるNIRSを用いた脳活動計測におけるチャネル選択
市川寛子・仲渡江美・島村圭一・金沢創・山口真美・作田亮一・柿木隆介
電子情報通信学会誌   99(5) 428-433   2016年4月   [査読有り]
Otsuka, Y., Ichikawa, H., Clifford, C. W., Kanazawa, S., & Yamaguchi, M. K.
JOURNAL OF VISION   16(3)(4) 1-8   2016年2月   [査読有り]
Valenza, E., Otsuka, Y., Bulf, H., Ichikawa, H., Kanazawa S., Yamaguchi, M. K.
PLoS One   10(9) e0136965:1-e0136965:20   2015年9月   [査読有り]
Inoue, T., Sakuta, Y., Shimamura, K., Ichikawa, H., Kobayashi, M., Otani, R., Yamaguchi, M. K., Kanazawa, S., Kakigi, R., Sakuta, R.
PLoS One   10(7) e0132050:1-e0132050:12   2015年7月   [査読有り]
Ichikawa, H., Kanazawa, S., & Yamaguchi M.K.
Perception   40 500-502   2011年   [査読有り]
Ichikawa, H., Kanazawa, S., & Yamaguchi M.K.
Infant and Child Development   20(5) 464-474   2011年   [査読有り]
Ichikawa, H., Kanazawa, S., Yamaguchi, M.K., & Kakigi, R.
Neuroscience Letters   482 90-94   2010年   [査読有り]
Ichikawa, H., Tsuruhara, A., Kanazawa, S., & Yamaguchi M.K.
Japanese Psychological Research   55 254-263   2013年   [査読有り]
Ichikawa, H., Otsuka, Y., Kanazawa, S., Yamaguchi, M. K., & Kakigi, R.
Neuropsychologia   51(13) 2556-2561   2013年   [査読有り]
Ichikawa, H. & Yamaguchi M. K.
Japanese Psychological Research   56(1) 15-23   2014年   [査読有り]
Otsuka, Y., Ichikawa, H., Kanazawa, S., Yamaguchi M.K., & Spehar, B.
Journal of Experimental Psychology: Human perception & Performance   40(3) 995-1008   2014年   [査読有り]
Ichikawa, H., Kanazawa, S., & Yamaguchi, M. K.,
Perception   43 235-248   2014年   [査読有り]
Ichikawa, H., Kitazono, J., Nagata, K., Manda, A., Shimamura, K., Sakuta, R., Okada, M., Yamaguchi, M. K., Kanazawa, S., & Kakigi, R.
Frontiers in Human Neuroscience   4:480 1-10   2014年   [査読有り]
Ichikawa, H., Nakato, E., Kanazawa, S., Shimamura, K., Sakuta, Y., Sakuta, R., Yamaguchi, M.K., & Kakigi, R.
Neuropsychologia   63 51-58   2014年   [査読有り]
Function of a congruent facial response to smiling and frowning.
Ichikawa, H., & Makino, J.
Perceptual and Motor Skills   105 838-851   2007年   [査読有り]
刺激表情に対する観察者の同調的表情
市川寛子・牧野順四郎
心理学研究   75(2) 142-147   2004年6月   [査読有り]

Misc

 
L1ロジスティック回帰を用いた視覚皮質神経細胞集団の物体表面画像に対する識別性能の評価
小谷梨奈・市川寛子・五十嵐康彦・本武陽一・岡田真人・田村弘
電子情報通信学会技術研究報告   118(470) 145-150   2019年3月
関連諸領域研究から見る学校カウンセリング―理論・方法の応用・発展可能性―
竹尾和子・市川寛子・藤尾未由希・渡辺忠温
東京理科大学紀要(教養篇)   50 333-348   2018年3月
SVM全状態探索法(ES-SVM)によるスパース変数選択
川端大貴・市川寛子・五十嵐康彦・永田賢二・永福智志・田村了以・岡田真人
電子情報通信学会技術研究報告 情報論的学習理論と機械学習   116(300) 361-368   2016年11月
ASDと社会性の障害
市川寛子
発達教育   34(5) 18-19   2015年6月
ADHDと社会性の障害
市川寛子
発達教育   34(5) 18-19   2015年5月

書籍等出版物

 
竹尾和子・井藤元 編著(編著)ワークで学ぶ学校カウンセリング
市川 寛子 (担当:共著, 範囲:第17章 あなたの悩みの原因はたんなる「思い込み」かもしれない)
ナカニシヤ出版   2019年7月   ISBN:9784779513916
教育・学校心理学(小山望編著)第3章「児童・生徒の発達的理解と脳科学―思春期の発達心理学」, 第6章「学習理論と動機づけ」
小山望・飯高晶子・市川寛子・古池若葉・小泉晋一・鈴木弘充・高村和代 (担当:共著)
建帛社   2019年3月   ISBN:978-4-7679-2117-4
「乳幼児・幼児期・学童期の心理と人間関係の発達」人間関係ハンドブック
市川寛子ほか40名 (担当:共著)
福村出版株式会社   2017年3月   ISBN:978-4-571-20084-7
改訂版 乳幼児心理学
山口真美,金沢創,板倉昭二,麦谷綾子,市川寛子 (担当:共著)
一般財団法人 放送大学教育振興会   2016年3月   ISBN:978-4-595-31599-2
ゼロからはじめる心理学・入門
金沢創・市川寛子・作田由衣子 (担当:共著)
有斐閣   2015年9月   ISBN:978-4-641-15022-5

講演・口頭発表等

 
Correlation between gait perception and autistic traits in the general population: A study on event-related evoked potentials
41st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2019)   2019年7月   
正面から接近する歩行者を観察時の事象関連電位とその個人差
市川寛子・浦川智和・市川太一・重田将宏・澤留朗・田中元善・栗田佑騎・荒木修・竹村裕
第37回日本生理心理学会大会   2019年5月   
L1ロジスティック回帰を用いた視覚皮質神経細胞集団の物体表面画像に対する識別性能の評価
小谷梨奈・市川寛子・五十嵐康彦・本武陽一・岡田真人・田村弘
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会(NC)MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)   2019年3月5日   
Correlation between Autistic Traits and Gait Characteristics while Walking against Each Other
[38] Masahiro Shigeta, Akira Sawatome, Hiroko Ichikawa, Hiroshi Takemura
生体医工学シンポジウム2017   2017年9月15日   
一般学童における対人応答性尺度(SRS)と子どもの強さと困難さアンケート(SDQ)の正準相関
市川寛子・岡田真人・山口真美・金沢創・神尾陽子
日本心理学会第81回大会   2017年9月20日   

学歴

 
 
 - 
2001年
筑波大学 第二学群 人間学類
 
 
 - 
2008年
筑波大学 人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻
 

委員歴

 
2016年2月
 - 
2020年2月
日本基礎心理学会  若手研究者特別委員会
 
2015年10月
 - 
2016年6月
日本人間関係学会  副事務局長
 
2013年1月
 - 
2015年3月
日本赤ちゃん学会  若手部会