津田 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/07 12:52
 
アバター
研究者氏名
津田 一郎
eメール
tsudaisc.chubu.ac.jp
URL
http://www.isc.chubu.ac.jp/tsuda/
所属
中部大学
部署
創発学術院
職名
教授
学位
理学博士(京都大学)
その他の所属
北海道大学国際理学連携教育センター・数理連携推進室

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
中部大学 創発学術院 教授
 
2015年10月
 - 
2017年3月
北海道大学 大学院理学研究院 数学部門 教授
 
2005年10月
 - 
2015年9月
北海道大学 電子科学研究所 教授
 
1995年4月
 - 
2005年9月
北海道大学 大学院理学研究科 数学専攻 教授
 
1993年10月
 - 
1995年3月
北海道大学 理学部 数学科 教授
 
1988年4月
 - 
1993年9月
九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科 助教授
 

受賞

 
2013年6月
The 4th International Conference on Cognitive Neurodynamics 2013 Merit Award
 
2010年4月
HFSP (Human Frontier Science Program) Organization HFSP Program Award Deliberative Decision Making in Rats
 

論文

 
Self-Organization with Constraints―A Mathematical Model for Functional Differentiation
Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti and Hiroshi Watanabe
Entropy   18(74)    2016年2月   [査読有り]
Mathematical Modeling for Evolution of Heterogeneous Modules in the Brain
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
Neural Networks   62 3-10   2015年2月   [査読有り]
A New Work Mechanism on Neuronal Activity
Rubin Wang, Ichiro Tsuda, Zhikang Zhang
International Journal of Neural Systems   25(03)    2015年   [査読有り]
Logic dynamics for deductive inference ― Its stability and neural basis
津田 一郎
Chaos, Information Processing and Paradoxical Games: The legacy of John S Nicolis (eds. G. Nicolis and V. Basions, World Scientific   355-373   2015年   [査読有り]
Computational model of visual hallucination in dementia with Lewy bodies
Hiromichi Tsukada, Hiroshi Fujii, Kazuyuki Aihara, Ichiro Tsuda
Neural Networks   62 73-82   2015年   [査読有り]
Chaotic itinerancy and its roles in cognitive neurodynamics
津田 一郎
Curr. Opin. Neur.   31 67-71   2015年   [査読有り]
Information flow in heterogeneously interacting systems
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda, Yoichiro Takahashi
Cognitive Neurodynamics   8(1) 17-26   2014年1月   [査読有り]
Reward inference by primate prefrontal and striatal neurons
Hiromichi Tsukada, Hiroshi Fujii, Kazuyuki Aihara, Ichiro Tsuda
The Journal of Neuroscience   34(4) 1380-1396   2014年1月   [査読有り]
Study of the neural dynamics for understanding communication in terms of complex hetero systems
Ichiro Tsuda, Yoko Yamaguchi, Takashi Hashimoto, Jiro Okuda, Masahiro Kawasaki, Yasuo Nagasaka
Neuroscience Research   90 51-55   2014年   [査読有り]
Transitory memory retrieval in a biologically plausible neural network model
Hiromichi Tsukada, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
Cognitive Neurodynamics   7(5) 409-416   2013年10月   [査読有り]
Two-dimensional representation of action and arm-use sequences in the presupplementary and supplementary motor areas
Toshi Nakajima, Ryosuke Hosaka, Ichiro Tsuda, Jun Tanji, Hajime Mushiake
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33(39) 15533-15544   2013年9月   [査読有り]
Novelty-induced memory transmission between two nonequilibrium neural networks
Yongtao Li and Ichiro Tsuda
Cognitive Neurodynamics   7(3) 225-236   2013年6月   [査読有り]
A Communicative Model: Can We Interpret Neural Dynamics of Understanding?
Yongtao Li, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yamaguchi,Yoko, Springer   551-558   2013年1月   [査読有り]
Inhibitory Network Dependency in Cantor Coding
Hiromichi Tsukada, Hiroshi Fujii, Kazuyuki Aihara, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yamaguchi,Yoko, Springer   635-640   2013年1月   [査読有り]
Chaotic itinerancy
津田 一郎
Chaotic itinerancy   8(1) 4459   2013年   [査読有り]
Towards Understanding of Neural Dynamics in Communicating Brains
Ichiro Tsuda
Towards Understanding of Neural Dynamics in Communicating Brains   415-420   2013年   [査読有り]
Attentional Cholinergic Projections May Induce Transitions of Attractor Landscape via Presynaptic Modulations of Connectivity
Hiroshi Fujii, Takashi Kanamaru, Kazuyuki Aihara, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yamaguchi,Yoko, Springer   97-103   2013年   [査読有り]
Dynamical analysis on duplicating-and-assimilating process: Toward the understanding of mirror-neuron systems
H. Kang and I. Tsuda
J. of Integrative Neuroscience   11(4) 363-384   2012年   [査読有り]
脳を創造する共創の場
津田 一郎
計測と制御   51(11) 1056-1058   2012年   [査読有り]
Y. Yamaguti, S. Kuroda, Y. Fukushima, M. Tsukada, and I. Tsuda
Neural Networks   24(1) 43-53   2011年   [査読有り]
Transitory Behaviors in Diffusively Coupled Nonlinear Oscillators
S. Tadokoro, Y. Yamaguti, H. Fujii, and I. Tsuda,
Cognitive Neurodynamics   5(1) 1-12   2011年   [査読有り]
Information Theoretic Approach to Dynamical Systems of Heterogeneously Interacting Chaotic Oscillators
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda, and Yoichiro Takahashi
International Conference on Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011″, eds T. E. Simos et al., American Institute of Physics   1389 1361-1364   2011年   [査読有り]
Spatiotemporal Coding Mechanisms in the Hippocampal CA1
Minoru Tsukada, Yasuhiro Fukushima, Makoto Yoneyama, Takeshi Aihara, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
International Conference on Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011″, eds T. E. Simos et al., American Institute of Physics   1358-1360   2011年   [査読有り]
A New Role for Attentional Corticopetal Acetylcholine in Cortical Memory Dynamics
Hiroshi Fujii, Takashi Kanamaru, Kazuyuki Aihara, and Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yamaguchi,Yoko, Springer   1389 1340-1343   2011年   [査読有り]
Emergence of Iterated Function Systems in the Hippocampal CA1
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics ? 2009   103-106   2011年
Chaotic Dynamics, Episodic Memory, and Self-identity
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics ? 2009   11-18   2011年
Representation of Time-series by a Self-similar Set in a Model of Hippocampal CA1
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics ? 2009   97-101   2011年
Top-down Mechanism of Perception: A Scenario on the Role for Layer 1 and 2/3 Projections Viewed from Dynamical Systems Theory
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics ? 2009   79-84   2011年
津田一郎
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(383) 85-86   2009年11月
Kuroda S, Fukushima Y, Yamaguti Y, Tsukada M, Tsuda I
Cognitive neurodynamics   3 205-222   2009年9月   [査読有り]
Kang H, Tsuda I
Chaos (Woodbury, N.Y.)   19 033132   2009年9月   [査読有り]
Tsuda I
Chaos (Woodbury, N.Y.)   19 015113-015113-10   2009年3月   [査読有り]
Chaotic itinerancy reality in the dynamic brain - episodic memory formation
ICIAM 07: 6th International Congress on Industrial and Applied Mathematic   365-380   2009年
エピソード記憶:海馬のカオスモデル
津田 一郎
応用数理   18(3) 2-19   2008年9月   [査読有り]
[Mathematical structure of episodic memory]
Tsuda I
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   60 771-782   2008年7月   [査読有り]
Tsuda I
Integrative psychological & behavioral science   42 153-156   2008年6月   [査読有り]
Pan X, Sawa K, Tsuda I, Tsukada M, Sakagami M
Nature neuroscience   11(6) 703-712   2008年6月   [査読有り]
エピソード記憶の数学的構造
津田 一郎
BRAIN and NERVE   60(7) 771-782   2008年   [査読有り]
Fukushima Y, Tsukada M, Tsuda I, Yamaguti Y, Kuroda S
Cognitive neurodynamics   1 305-316   2007年12月   [査読有り]
Hatakeyama M, Tsuda I
Bio Systems   90 273-286   2007年7月   [査読有り]
Chaos reality in the brain.
Tsuda I, Fujii H
Journal of integrative neuroscience   6 309-326   2007年6月   [査読有り]
フィードバック結合を持つネットワークにおける入力シグナルの伝播と保持”、「生命リズムと振動子ネットワーク」
伊藤孝男、津田 一郎
物性研究   87(4) 598-599   2007年   [査読有り]
脳の数理-動的脳の側面から
津田 一郎
数学   58(2) 133-150   2006年   [査読有り]
Kawamura A, Horie T, Tsuda I, Abe Y, Yamada M, Egawa H, Iida J, Sakata H, Onodera K, Tamaki T, Furui H, Kukita K, Meguro J, Yonekawa M, Tanaka S
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   9(4) 226-233   2006年   [査読有り]
Prologue--The pioneering work of the late professor Gen Matsumoto.
Aihara K, Tsuda I, Fujii H
Journal of integrative neuroscience   3 111-113   2004年6月   [査読有り]
Chaotic itinerancy as a mechanism of irregular changes between synchronization and desynchronization in a neural network.
Tsuda I, Fujii H, Tadokoro S, Yasuoka T, Yamaguti Y
Journal of integrative neuroscience   3 159-182   2004年6月   [査読有り]
Functional relevance of 'excitatory' gaba actions in cortical interneurons: a dynamical systems approach.
Fujii H, Aihara K, Tsuda I
Journal of integrative neuroscience   3 183-205   2004年6月   [査読有り]
[Regeneration of ischemic limbs by implantation of peripheral blood stem cells]
Kawamura A, Horie T, Tsuda I, Kukita K, Yonekawa M
[Hokkaido igaku zasshi] The Hokkaido journal of medical science   79 9-13   2004年1月   [査読有り]
Kaneko K, Tsuda I
Chaos (Woodbury, N.Y.)   13 926-936   2003年9月   [査読有り]
Tsuda I, Umemura T
Chaos (Woodbury, N.Y.)   13 937-946   2003年9月   [査読有り]

Misc

 
津田一郎
応用数理   18(3) 176-193   2008年9月
海馬という大脳辺縁系に属する場所はエピソード記憶の形成に必須であると考えられてきた.また,海馬の萎縮がアルツハイマー病を導く可能性も指摘された.アルツハイマー病を起こさない,あるいはリハビリの過程で海馬における記憶形成の機構をシステムレベルで知ることは意義のあることだろう.講演では,海馬CA3の数理モデルが創発するカオス的なダイナミックスのもとで記憶の連続想起を説明することを示し,海馬CA1の数理モデルがCA3からの時系列出力をカントール集合上に表現することを示した.CA3のカオスダイナミ...
Number Created by the Interaction Between Consciousness and Memory: A Mathematical Basis for Preafference
Integrative Psychological and Behavioral Science   42(2) 153-156   2008年
Corticopetal acetylcholine: A role in attentional state transitions and the genesis of quasi-attractors during perception
Advances in Cognitive Neurodynamics: Proceedings of the International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2007   249-254   2008年
Physiological evidence for Cantor coding output in Hippocampal CA1
Advances in Cognitive Neurodynamics: Proceedings of the International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2007   43-46   2008年
福島康弘, 塚田稔, 津田一郎, 黒田茂, 山口裕
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   106(588) 1-4   2007年3月
海馬CA1野錐体細胞に対し、2つの独立経路から時空間的にランダムな電気刺激を行った際の膜電位応答を記録した。その結果、応答は、刺激のパターンや以前の刺激パターンによってクラスター化されていた。そのクラスター化の度合いは、刺激の強度に依存しており、閾値下の弱い刺激による応答に比べ閾値上の強い刺激による応答の方が、より以前のクラスターのパターンを内包していた。このクラスター化は、海馬の神経情報処理モデルとして、津田らによって提案されているカントールコーディングモデルに必要な条件の一つである。本...
Spatial clustering property and its self-similarity in membrane potentials of hippocampal CA1 pyramidal neurons for a spatio-temporal input sequence.
Cogn. Neurodyn   1 305-316   2007年
Chaos Reality in the Brain
J. of Integrative Neuroscience   6 309-326   2007年
津田 一郎
数学通信   11(1) 6-13   2006年5月
津田一郎
数学   58(2) 133-150   2006年4月
筆者は20年以上前に「脳の解釈学」を提案した。「解釈学」というのはさまざまな意味合いを持って議論されることがあるが、その基本は自然現象の認識とその認識を行なう人間の存在の関係にあるのだと理解している。「脳の解釈学」を平たく言えば、「脳の本質的な機能のひとつは外界の解釈である。ここで解釈することを外部刺激に直接反応することではなく、外部刺激に関する内部イメージに反応しそれに意味をつける過程であるとする。この解釈過程がわれわれが心と呼んでいるものに対応する。このような脳の機能を理解する方法自体...
Chaotic itinerancy in gap junction-coupled class I* neurons
Abstracts: The 8th RIES-Hokudai International Symposium on [bi]   112-113   2006年
Controlling engine data: Nonperiodic fluctuations in a spark ignition engine of motorcycle and its stabilization
Abstracts: The 8th RIES-Hokudai International Symposium on [bi]   110-111   2006年
A mathematical model for the hippocampus: Toward the understanding of episodic memory
Abstracts: The 8th RIES-Hokudai International Symposium on [bi]   108-109   2006年
Iterated function systems in the hippocampal CA1
Cognitive Neurodynamics   3(3) 205-222   2006年
Hans H. Diebner and Ichiro Tsuda, 'Fundamental Interfaciology: Indistinguishability and Time's arrow', MDPI (2005).*
   2005年
H. Fujii and I. Tsuda, Interneurons: their cognitive roles - A perspective from dynamical systems view, ICDL2005 - The Fourth IEEE International Conference in Development and Learning - from Interaction to Cognition.*
   2005年
Itinerant Dynamics of Class I* Neurons Coupled by Gap Junctions
Lecture Notes in Computer Science   3146 140-160   2004年
A Complex Systems Approach to an Interpretation of Dynamic Brain Activity II: Does Cantor coding provide a dynamic model for the formation of episodic memory?
Lecture Notes in Computer Science   3146 129-139   2004年
A Complex Systems Approach to an Interpretation of Dynamic Brain Activity I: Chaotic itinerancy can provide a mathematical basis for information processing in cortical transitory and nonstationary dynamics
Lecture Notes in Computer Science   3146 109-128   2004年
Neocortical gap junction-coupled interneuron systems may induce chaotic behavior itinerant among quasi-attractors exhibiting transient synchrony
Neurocomputing   58-60 151-157   2004年
Functional Relevance of 'Excitatory' GABA Actions in Cortical Interneurons: a Dynamical Systems Approach
J. of Integrative Neuroscience   3 183-205   2004年
Prologue - The Work of the Late Professor Gen Matsumoto
J. of Integrative Neuroscience   3 111-113   2004年
Chaotic Itinerancy as a Mechanism of Irregular Changes between Synchronization and Desynchronization in a Neural Network
J. of Integrative Neuroscience   3 159-182   2004年
Chaotic itinerancy is a key to mental diversity. Response paper to Continuing Commentary by G. Kampis, "Complexity is a cue to the mind"
Behavioral and Brain Sciences   27 793-810   2004年
北大高校生講座 数学の並木道<北大数学 編,分担執筆>
日本評論社      2004年
藤井宏, 津田一郎
物性研究   80(6) 817-823   2003年9月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
小池能宣, 本多昌平, 津田一郎, 中川智徳, 伊藤美夫, 宇根良衛, 今井敦, 大西新介
日本小児外科学会雑誌   39(4)    2003年6月
Chaotic itinerancy generated by coupling of Milnor attractors
Chaos   13(3) 937-946   2003年
Chaotic Itinerancy
Chaos:Focus Issue on Chaotic Itinerancy,Chaos   13(3) 926-936   2003年
津田一郎
物性研究   78(6) 677-680   2002年9月
今回この研究会の中で「力学系」の部分に割り当てられたので、その観点から特に脳の情報に関して考えてきたことを簡単に話した。
近藤正男, 佐藤裕二, 高橋周作, 篠原敏樹, 津田一郎, 山下健一郎, 藤堂省
日本消化器外科学会雑誌   35(9)    2002年9月
近藤正男, 大久保尚, 篠原敏樹, 津田一郎, 佐藤裕二, 藤堂省
日本外科学会雑誌   103    2002年3月
神山俊哉, 松下通明, 倉内宣明, 蒲池浩文, 深井原, 津田一郎, 濱口純, 大浦哲, 清水隆文, 嶋村剛, 古川博之, 藤堂省
日本外科学会雑誌   103    2002年3月
倉内宣明, 津田一郎, 神山俊哉, 伊藤東一, 蒲池浩文, 深井原, 濱口純, 大浦哲, 清水隆文, 小野寺祐也, 南部敏和, 松下通明, 藤堂省
日本外科学会雑誌   103    2002年3月
片山知也, 神山俊哉, 松下通明, 倉内宣明, 津田一郎, 深井原, 濱口純, 大浦哲, 蒲池浩文, 藤堂省
日本外科学会雑誌   103    2002年3月
Hermeneutic approach to the brain: Process versus device
Theoria et Historia Scientiarum   VI(2) 307-321   2002年
複雑系脳理論−「動的脳観」による脳の理解
サイエンス社      2002年
ダイナミックな脳
岩波書店      2002年
Toward an interpretation of dynamic neural activity in terms of chaotic dynamical systems
Behavioral and Brain Sciences   24(5) 793-847   2001年
Making sense of internal logic
In: The Sciences of Interface   131-135   2001年
Fractal encoding in a chaotic neural network
Physical Review E   64 046202:1-046202:6   2001年
Cantor coding in the hippocampus
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   18(2) 249-258   2001年
津田 一郎
数学通信   5(2) 4-18   2000年8月
津田一郎
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   7(1) 1-2   2000年3月
津田一郎
数学   51(1) 91-97   1999年12月
Mathematical description of brain dynamics in perception and action
J. of Consciousness Studies   6 215-228   1999年
佐々木文章, 大川由美, 竹原めぐみ, 佐々木伸, 越前谷勇人, 津田一郎, 山本浩史, 藤堂省, 斉藤伸治
日本小児外科学会雑誌   34(5) 935-939   1998年8月
佐治裕, 赤羽弘充, 津田一郎, 北河徳彦, 上井直樹, 数井啓蔵, 倉内宣明, 藤堂省
日本外科学会雑誌   99    1998年3月
赤羽弘充, 佐治裕, 木村純, 上井直樹, 津田一郎, 北河徳彦, 数井啓蔵, 高橋雅俊, 宇根良衛, 藤堂省
日本消化器外科学会雑誌   30(12)    1997年
津田一郎, 佐治裕, 倉内宣明, 木村純, 上井直樹, 赤羽弘充, 北河徳彦, 宇根良衛, 藤堂省, 川村明夫, 米川元樹, 伊藤美夫
日本消化器外科学会雑誌   30(12)    1997年
数井啓蔵, 佐治裕, 井上直樹, 津田一郎, 赤羽弘充, 北河徳彦, 倉内宣明, 高田譲二, 山賀昭二, 広瀬邦弘, 有里仁志
日本消化器外科学会雑誌   30(2)    1997年
津田 一郎
物性研究   68(5)    1997年8月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
On the complexity of logic-dynamics in brain
Complexity and Diversity   37-45   1997年
A logic-based dynamical theory for a genesis of biological threshold
BioSystems   42 45-64   1997年
『カオス』<津田一郎>
青土社      1997年
数井啓蔵, 佐治裕, 木村純, 上井直樹, 広瀬邦弘, 津田一郎, 生田圭司, 赤羽弘充, 山賀昭二, 高田譲二, 倉内宣明, 有里仁志, 片山富美夫, 高橋雅俊, 内野純一
日本消化器外科学会雑誌   29(12)    1996年
数井啓蔵, 佐治裕, 倉内宣明, 上井直樹, 山賀昭二, 広瀬邦弘, 高田譲二, 中山雅人, 津田一郎, 有里仁志, 木村純
胆道 = Journal of Japan Biliary Association   10(5) 353-359   1996年
広瀬邦弘, 佐治裕, 木村純, 数井圭蔵, 津田一郎, 中村貴久, 久次米城司, 井上直樹, 倉内宣明, 有里仁志, 片山冨美夫, 内野純一
日本消化器外科学会雑誌   29(2)    1996年
数井啓蔵, 佐治裕, 木村純, 有里仁志, 片山富美夫, 倉内宣明, 上井直樹, 広瀬邦弘, 中村貴久, 津田一郎, 山賀昭二, 久次米城司, 内野純一, 藤岡保範, 長嶋和郎
日本消化器外科学会雑誌   29(2)    1996年
津田一郎
数理解析研究所講究録   938 108-113   1996年
津田 一郎
物性研究   66(5)    1996年8月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
津田一郎, 伊藤毅, 宇根良衛, 波江野力, 小池雅彦, 生田圭司, 内野純一
日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society   57(6) 1425-1428   1996年6月
越前谷勇人, 津田一郎, 山本浩史, 佐々木伸, 高橋弘昌, 佐々木文章, 内野純一, 目黒貞雄, 斉木功, 斉藤功, 長佐古良英
日本小児外科学会雑誌   32(4) 748-749   1996年6月
Linear Demon
in the Proc. of the 4th Int. Conf. on Soft Computing   13-14   1996年
The form of chaos in noisy brain can manifest function
Behav. and Brain Science   19 309   1996年
TSUDA I
Int. J of Neural Systems   7(4) 451-459   1996年
『複雑系のカオス的シナリオ』
朝倉書店      1996年
『ソフトコンピューティング用語集』<坂和正敏, 五百旗頭 正, 石淵久生, 乾口雅弘, 西崎一郎, 林  勲, 古橋 武, 合原一幸, 池田建司, 石井博昭, 馬野元秀, 大里有生, 酒井英昭, 坂口文則, 柴田崇徳, 新 誠一, 田中英夫, 田中雅博, 野村淳二, 福田敏男, 藤田博之, 向殿政男, 湯浅秀男>
朝倉書店      1996年
ROSSLER O E, KNUDSEN C, HUDSON J L, TSUDA I
Int. J. of Intelligent Systems   10(1) 15-23   1995年
Some function of chaos in the cortex
in the Proc. of the 3rd International Conference on Fuzzy Logic,Neural Nets and Soft Computing   1   1994年
OKUDA H, TSUDA I
Intl. J. of Bifurcation and Chaos   4(4) 1011-1022   1994年
From micro-chaos to macro-chaos:chaos can survive even in macroscopic states of neural activities
PSYCOLOQUY   5 12   1994年
TSUDA I
Physica D   75(1月3日) 165-178   1994年
KANEKO K, TSUDA I
Physica D   75(1月3日) 1-10   1994年
津田 一郎
システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌 = Systems, control and information   37(11) 641-646   1993年11月
津田 一郎
物性研究   60(5) 562-575   1993年8月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
津田 一郎
物性研究   59(4) 534-535   1993年1月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
How can chaos be a cognitive processor?
Towards the Harnessing of chaos   47-61   1993年
BARNA G, TSUDA I
Physics Letters A   175(6) 421-427   1993年
Dynamic binding theory is not plausible without chaotic oscillations
Behavioral and Brain Sciences   6(3) 475-476   1993年
三澤一仁, 内野純一, 宇根良衛, 中島保明, 佐藤直樹, 松岡伸一, 神山俊哉, 嶋村剛, 川村秀樹, 今裕史, 津田一郎
日本消化器外科学会雑誌   25(2)    1992年
津田 一郎
日本音響学会誌   49(1) 45-50   1992年12月
津田 一郎
物性研究   59(3) 338-339   1992年12月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
嶋村剛, 中島保明, 佐藤直樹, 松岡伸一, 三澤一仁, 神山俊哉, 長淵英介, 今裕史, 川村秀樹, 津田一郎, 宇根良衛, 内野純一
日本消化器外科学会雑誌   25(11) 2828-2832   1992年10月
門脈本幹に腫瘍塞栓を合併する肝細胞癌3例において, 腫瘍塞栓に対し放射線照射を施行し, 腫瘍塞栓の縮小後に肝切除を行った. 症例は39歳の女性, 57歳の男性, 38歳の男性で, 術前に腫瘍塞栓に対し 30.0&acd;34.5Gy の放射線照射を施行した. 全例で腫瘍塞栓の門脈1次分枝までの退縮を認め, おのおの右3区域切除, 拡大右葉切除, 右葉切除を定型的に行った. 病理組織学的変化では, 全例に腫瘍塞栓の変性, 壊死が高度に認められ, 術中操作による経門脈性播種の危険性を低下させる...
津田 一郎, 奥田 裕也
年会講演予稿集   47(3)    1992年3月
奥田 裕也, 津田 一郎
年会講演予稿集   47(3)    1992年3月
Nonlinear Dynamical Systems Theory and Engineering Neural Network: Can Each Afford Plausible Interpretation of 'How' and 'What'?
Behavioral and Brain sciences ( Open Peer Commentary on Robinson's Paper)   15 802-803   1992年
TSUDA I
Neural Networks   5(2) 313-326   1992年
TSUDA I, TAHARA T, IWANAGA H
International J. of Bifurcation and Chaos   2(2) 313-324   1992年
Measuring Complexity
International Journal of Modern Physics   3 447-458   1992年
Chaotic Hermeneutics for understanding the Brain
Proc. of the International Symposium on Endophysics   1   1992年
津田 一郎
年会講演予稿集   46(3)    1991年9月
津田 一郎, 田原 孝, 岩永 浩明
物性研究   56(2) 225-226   1991年5月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
Chaotic itinerancy as a dynamical basis of Hermeneutics in brain and mind
World Futures   32 167-184   1991年
Dynamic inhibitory masking by means of compensation learning in neural networks
Neurocomputers and Attention   309-317   1991年
Chaotic Neural Networks and Thesaurus
Neurocomputers and Attention   405-424   1991年
津田 一郎
秋の分科会講演予稿集   1990(3)    1990年10月
津田 一郎
秋の分科会講演予稿集   1990(3)    1990年10月

書籍等出版物

 
心はすべて数学である
津田 一郎
㈱文芸春秋   2015年   
Cognitive Phase Transitions in the Cerebral Cortex-Enhancing the Neuron Doctrine by Modeling Neural Fields
津田 一郎
2015年   
脳はいかにして心を創るのか-神経回路網のカオスが生み出す志向性・意味・自由意志
ウォルター・J・フリーマン著 浅野孝雄訳 津田一郎校閲
産業図書   2011年   
自己組織化ハンドブック
津田 一郎 (担当:分担執筆, 範囲:「保存系・散逸系」担当 pp17-18)
NTS   2009年   
カオス 第3巻 - 力学系入門
シュプリンガー・ジャパン株式会社   2007年   
カオス-力学系入門 第3巻
アリグッド、サウアー、ヨーク著
シュプリンガー東京   2007年   
カオス 第2巻 - 力学系入門
シュプリンガー・ジャパン株式会社   2006年   
カオス 第1巻 - 力学系入門
シュプリンガー・ジャパン株式会社   2006年   
水滴系のカオス(ロブ・ショー著)
株式会社岩波書店   2006年   
水滴系のカオス
ロブ・ショー (担当:共訳, 範囲:p.1-p.102)
岩波書店   2006年   
カオス-力学系入門 第1巻
アリグッド、サウアー、ヨーク著
シュプリンガー東京   2006年   
カオス-力学系入門 第2巻
アリグッド、サウアー、ヨーク著
シュプリンガー東京   2006年   
Complex Systems: Chaos and Beyond -- A Constructive Approach with Applications in Life Sciences
Springer-Verlag Berlin   2001年   
科学技術のニューフロンティア(1), 岩波講座 科学/技術と人間4 (佐藤文隆 他 編)
岩波書店   1999年   
講座「生命」'97 vol.2(中村雄二郎, 木村敏 編)
哲学書房   1997年   
分裂病論の現在 (花村誠一, 加藤敏 編)
弘文社   1996年   
現代の思想と人間現代の思想と人間 (久保田勉,稲垣良典 編)
名古屋大学出版会   1995年   
ニューロコンピューティング--基礎と応用(松岡清利 編)
朝倉書店   1992年   
カオス的脳観
サイエンス社   1990年   
解釈の冒険 (清水博, 松岡正剛 編,)
NTT出版   1988年   

講演・口頭発表等

 
複数の周波数帯域の振動を用いた記憶想起の神経回路モデル
塚田 啓道、 津田 一郎
第38回日本神経科学大会   2015年7月28日   
自己組織化再考 [招待有り]
津田 一郎
第14回現象数理学コロキアム   2015年7月3日   
第二種自己組織化:脳の機能分化とアプリオリな時間空間概念 [招待有り]
津田 一郎
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)   2015年5月30日   
Self-organization of a second kind: a mathematical model for functional differentiation in the brain [招待有り]
津田 一郎
Toward a New Paradim for Self-Organization   2015年5月19日   
Chaos and Fractal in Memory Dynamics [招待有り]
津田 一郎
137th Soongsil Mathematical Colloquium   2015年4月14日   
第二種自己組織化について [招待有り]
津田 一郎
複雑系研究会「内と外の動的双対性、その向こう側   2015年3月24日   
脳神経系の数理モデルの諸相:ダイナミクスの観点から [招待有り]
津田 一郎
北陸応用数理研究会2015   2015年2月20日   
Mathematical modeling of rat’s internal activity: iterated function system with dynamic selection probability
Yutaka Yamaguti, Hiroshi Nishida, Muneyoshi Takahashi, Johan Lauwereyns, Ichiro Tsuda
The 15th RIES-Hokudai International Symposium [Hibiki]   2014年12月16日   
動的な選択確率を持つIterated Function System による課題遂行中のラット海馬神経活動の数理モデル
山口裕、西田洋司、高橋宗良、ローレンス・ヨハン、津田 一郎
2014年度包括脳ネットワーク冬のシンポジウム   2014年12月11日   
Evolution of Heterogeneous Modules via Maximization of Bi-directional Information Transmission
4th Symposium on Artificial Life and Biomimetic Functional Materials   2014年11月28日   
情報伝達最大化原理に基づくネットワークの分化
山口 裕、 津田 一郎
第2回アライアンス若手研究交流会~モノを創る、観る、識る~   2014年11月26日   
The Second Kind of Self-Organization [招待有り]
津田 一郎
Waseda AICS Symposium and the 14th Slovenia-Japan Seminar “New Challenges in Complex Systems Science   2014年10月24日   
脳の数理モデルについて [招待有り]
津田 一郎
物質・デバイス領域共同研究拠点事業『ABE2 空間における次世代デバイス・システムの展望 ~高効率太陽電池の展開、並びに清浄環境の未来』研究会   2014年9月5日   
数理モデリングから見た神経振動現象の多様性と普遍性 [招待有り]
津田 一郎
神経オシレーションカンファレンス2014   2014年7月17日   
情報伝達最大化原理に基づくネットワークの進化
山口裕 渡部大志 津田一郎
附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト 平成25年度成果報告会   2014年5月30日   
A predictive model of theta phase shift during fixation in the hippocampus
西田洋司、高橋宗良、山口裕、津田一郎、ローレンス・ヨハン
第30回日本脳電磁図トポグラフィ研究会   2014年1月11日   
Gamma波の伝搬に対する抑制性細胞の役割
田島実香 山口裕 津田一郎
脳と心のメカニズム 第14回 冬のワークショップ   2014年1月8日   
社会を変える数学 [招待有り]
津田 一郎
第14回九大・北大合同フロンティア・ セミナー   2013年11月21日   
コミュニケーションする脳!? [招待有り]
津田 一郎
第22 回先端科学移動大 学2 0 1 3   2013年11月16日   
脳の中のカオス̶―数学、物理学、情報学、生物学が交差す る サイエンス [招待有り]
津田 一郎
第22 回先端科学移動大学2 0 1 3   2013年11月15日   
カオス脳理論からコミュニケーション神経情報学へ向けて [招待有り]
津田 一郎
第26回情報伝送と信号処理ワークショップ(CSWS)   2013年11月13日   
Modeling the Genesis of Functional Elements in the Networks of Interacting Units [招待有り]
津田 一郎
The 3rd International Symposium on Innovative Mathematical Modeling   2013年11月12日   
Evolution of Heterogeneous Modules via Maximization of Bi-directional Information Transmission
山口裕 津田一郎
2013年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ   2013年8月29日   
A Plausible Model of Hippocampal-VTA Microcircuits
李永涛 津田一郎
2013年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ   2013年8月29日   
A Neurodynamical Account for Visual Hallucinations in Dementia with Lewy Bodies (DLB) with a Conceptual Model
塚田啓道、藤井宏、津田一郎、合原一幸
2013年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ   2013年8月29日   
脳ダイナミクスの数理構造と医療
津田 一郎
北大-理研ジョイントシンポジ ウム「未来医療を拓く生体予測シミュレーション」   2013年8月1日   
ヘテロ結合カオス振動子における情報伝達方向の間欠的遷移
山口裕,津田一郎,高橋陽一郎
日本物理学会 第67回年次大会   2012年3月24日   
ヘテロ相互作用系における情報伝達構造
山口裕 津田一郎 高橋陽一郎
国際高等研究所 研究プロジェクト「諸科学の共通言語としての数学の発掘と数理科学への展開」2011年度第2回研究会   2011年10月14日   
コミュニケーションにおける意味創造:記憶、学習、ミラーシステム、判断の素過程
津田 一郎
国際高等研究所 研究プロジェクト「諸科学の共通言語としての数学の発掘と数理科学への展開」 2011年度第1回研究会   2011年7月1日   
コミュニケーションする脳?-そのヘテロ複雑システム的理解- [招待有り]
津田 一郎
非線形科学コロキウム   2011年5月24日   
脳における伝達創成機構解明のための数理的アプローチ [招待有り]
津田 一郎
ダイナミック・ブレイン研究会-New Trends of Dynamic Brain Research-   2011年4月29日   
ヘテロ相互作用系における情報伝達構造
山口裕、津田一郎
第23回自律分散システムシンポジウム   2011年1月29日   
数学でニューロンをつくる
渡部大志、伊藤孝男、津田一郎
脳と心のメカニズム 第11回冬のワークショップ   2011年1月11日   
ヘテロ相互作用系における情報伝達構造の切り替わり
山口裕 津田一郎
脳と心のメカニズム 第11回冬のワークショップ   2011年1月11日   
Transitory memory-retrieval in the neural networks composed of Pinsky-Rinzel model neurons
塚田啓道、山口裕、津田一郎
第13回スロベニア日本非線形科学セミナー   2010年11月4日   
脳・神経科学における数学的アプローチ
津田 一郎
国際高等研究所 研究プロジェクト「諸科学の共通言語としての数学の発掘と数理科学への展開」 2010年度第2回研究会   2010年10月20日   
数学でニューロンをつくる
渡部大志、伊藤孝男、津田一郎
日本数理生物学会大会20回大会   2010年9月13日   
コミュニケーション脳理解に対する数学的試み [招待有り]
津田 一郎
応用数学連携フォーラム第13回ワークショップ   2010年8月2日   
動的脳の情報創成とカオス的遍歴の役割
津田 一郎
包括脳ネットワーク 夏の ワークショップ(新学術領域:ヘテロ複雑システムによるコミュニケーション理解のための神経機構の解明   2010年7月27日   
脳神経科学周辺からの課題
津田 一郎
国際高等研究所 研究プロジェクト「諸科学の共通言語としての数学の発掘と数理科学への展開」 2010年度第1回研究会   2010年6月11日   
Cantor Coding in a model of hippocampal CA1
第32回日本神経科学大会   2009年9月16日   
海馬におけるカオスとフラクタルのデュアルな関係―エピソード記憶の神経機構に関する数理モデル:予言と実証 [招待有り]
津田 一郎
Dynamics of complex systems 2009 — 複雑系解析における未解決問題への新しい挑戦 —   2009年8月31日   
エピソード記憶と推論からみた脳の数理:カオス的遍歴の役割 [招待有り]
津田 一郎
生物物理夏の学校   2009年7月31日   
エピソード記憶の神経機構に関する数理モデル:予言と実証
津田 一郎
応用数学連携フォーラム 第8回ワークショップ「数学と脳科学   2009年5月22日   
Chaotic itinerancy in the hippocampal CA3 and contractive affine transformations in CA1 provide a dynamical interpretation of complex memory [招待有り]
津田 一郎
ニューロコンピューティング研究会   2009年1月19日   
海馬の数学モデル:エピソード記憶の理解に向けて [招待有り]
津田 一郎
Motor Controlの会、日本ベーリンガーインゲルハイム主催   2008年11月28日   
脳神経系における測定の理論 [招待有り]
津田 一郎
Dynamics of Complex Systems   2008年9月1日   
海馬の数学モデルについて [招待有り]
津田 一郎
セミナー「意識と認知の複雑系的解釈」   2008年8月6日   
脳における時間のメタモルフォーシス
津田 一郎
数学教室大談話会   2008年7月17日   
海馬CA1野錐体細胞の閾値上応答におけるカントール性
福島康弘、塚田稔、津田一郎、山口裕、黒田茂
第31回神経科学大会   2008年7月9日   

学歴

 
1979年4月
 - 
1982年3月
京都大学  大学院理学研究科物理学第一専攻 博士課程修了