井田智章

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/28 09:15
 
アバター
研究者氏名
井田智章
eメール
idatmed.tohoku.ac.jp
所属
東北大学大学院
部署
医学系研究科
科研費研究者番号
70570406

研究分野

 
 

経歴

 
2012年1月
 - 
2013年5月
熊本大学大学院 生命科学研究科 助教
 
2013年6月
 - 
現在
東北大学大学院 医学系研究科 助教
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
大阪府立大学大学院 理学系研究科 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
大阪府立大学大学院 理学系研究科 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
大阪府立大学 総合科学部 自然環境科学科
 

受賞

 
2018年
公益財団法人仙台微生物学研究所 石田・海老名記念「北斗医学賞」
 
2018年
分子環境予防医学研究会 若手優秀発表賞
 
2016年
日本酸化ストレス学会 学術奨励賞
 
2015年
日本生体防御学会学術総会 生体防御学会奨励賞
 
2012年
日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞
 

論文

 
Xian M, Yang CT, Wang Y, Marutani E, Ida T, Ni X, Xu S, Chen W, Zhang H, Akaike T, Ichinose F
Angewandte Chemie (International ed. in English)      2019年6月   [査読有り]
Akiyama M, Unoki T, Shinkai Y, Ishii I, Ida T, Akaike T, Yamamoto M, Kumagai Y
Environmental health perspectives   127(6) 67002   2019年6月   [査読有り]
Rudyk O, Rowan A, Prysyazhna O, Krasemann S, Hartmann K, Zhang M, Shah AM, Ruppert C, Weiss A, Schermuly RT, Ida T, Akaike T, Zhao L, Eaton P
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116(26) 13016-13025   2019年6月   [査読有り]
Lin J, Akiyama M, Bica I, Long FT, Henderson CF, Goddu RN, Suarez V, Baker B, Ida T, Shinkai Y, Nagy P, Akaike T, Fukuto JM, Kumagai Y
Chemical research in toxicology   32(3) 447-455   2019年3月   [査読有り]
Hamid HA, Tanaka A, Ida T, Nishimura A, Matsunaga T, Fujii S, Morita M, Sawa T, Fukuto JM, Nagy P, Tsutsumi R, Motohashi H, Ihara H, Akaike T
Redox biology   21 101096   2019年2月   [査読有り]
Khan S, Fujii S, Matsunaga T, Nishimura A, Ono K, Ida T, Ahmed KA, Okamoto T, Tsutsuki H, Sawa T, Akaike T
Cell chemical biology   25(11) 1403-1413.e4   2018年8月   [査読有り]
Bogdándi V, Ida T, Sutton TR, Bianco C, Ditrói T, Koster G, Henthorn HA, Minnion M, Toscano JP, van der Vliet A, Pluth MD, Feelisch M, Fukuto JM, Akaike T, Nagy P
British journal of pharmacology   176(4) 646-670   2018年6月   [査読有り]
Fukuto JM, Ignarro LJ, Nagy P, Wink DA, Kevil CG, Feelisch M, Cortese-Krott MM, Bianco CL, Kumagai Y, Hobbs AJ, Lin J, Ida T, Akaike T
FEBS letters   592(12) 2140-2152   2018年6月   [査読有り]
Bianco CL, Akaike T, Ida T, Nagy P, Bogdandi V, Toscano JP, Kumagai Y, Henderson CF, Goddu RN, Lin J, Fukuto JM
British journal of pharmacology   176(4) 671-683   2018年5月   [査読有り]
Heppner DE, Hristova M, Ida T, Mijuskovic A, Dustin CM, Bogdándi V, Fukuto JM, Dick TP, Nagy P, Li J, Akaike T, van der Vliet A
Redox biology   14 379-385   2018年4月   [査読有り]
Saito H, Godo S, Sato S, Ito A, Ikumi Y, Tanaka S, Ida T, Fujii S, Akaike T, Shimokawa H
Journal of cardiovascular pharmacology   71(2) 113-126   2018年2月   [査読有り]
Masuda K, Tsutsuki H, Kasamatsu S, Ida T, Takata T, Sugiura K, Nishida M, Watanabe Y, Sawa T, Akaike T, Ihara H
Biochemical and biophysical research communications   495(3) 2165-2170   2018年1月   [査読有り]
Sawa T, Ono K, Tsutsuki H, Zhang T, Ida T, Nishida M, Akaike T
Advances in microbial physiology   72 1-28   2018年   [査読有り]
Numakura T, Sugiura H, Akaike T, Ida T, Fujii S, Koarai A, Yamada M, Onodera K, Hashimoto Y, Tanaka R, Sato K, Shishikura Y, Hirano T, Yanagisawa S, Fujino N, Okazaki T, Tamada T, Hoshikawa Y, Okada Y, Ichinose M
Thorax   72(12) 1074-1083   2017年12月   [査読有り]
Saito H, Godo S, Sato S, Ito A, Ikumi Y, Tanaka S, Ida T, Fujii S, Akaike T, Shimokawa H
Journal of cardiovascular pharmacology      2017年10月   [査読有り]
Akaike T, Ida T, Wei FY, Nishida M, Kumagai Y, Alam MM, Ihara H, Sawa T, Matsunaga T, Kasamatsu S, Nishimura A, Morita M, Tomizawa K, Nishimura A, Watanabe S, Inaba K, Shima H, Tanuma N, Jung M, Fujii S, Watanabe Y, Ohmuraya M, Nagy P, Feelisch M, Fukuto JM, Motohashi H
Nature communications   8(1) 1177   2017年10月   [査読有り]
Ihara H, Kasamatsu S, Kitamura A, Nishimura A, Tsutsuki H, Ida T, Ishizaki K, Toyama T, Yoshida E, Abdul Hamid H, Jung M, Matsunaga T, Fujii S, Sawa T, Nishida M, Kumagai Y, Akaike T
Chemical research in toxicology   30(9) 1673-1684   2017年9月   [査読有り]
Hoshino M, Kaneko K, Miyamoto Y, Yoshimura K, Suzuki D, Akaike T, Sawa T, Ida T, Fujii S, Ihara H, Tanaka J, Tsukuura R, Chikazu D, Mishima K, Baba K, Kamijo R
Free radical biology & medicine   110 63-71   2017年9月   [査読有り]
Kikugawa M, Ida T, Ihara H, Sakamoto T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(8) 1607-1611   2017年8月   [査読有り]
Ahmed KA, Zhang T, Ono K, Tsutsuki H, Ida T, Akashi S, Miyata K, Oike Y, Akaike T, Sawa T
Biological & pharmaceutical bulletin   40(3) 365-374   2017年3月   [査読有り]
Ihara H, Kitamura A, Kasamatsu S, Ida T, Kakihana Y, Tsutsuki H, Sawa T, Watanabe Y, Akaike T
The Biochemical journal   474(7) 1149-1162   2017年3月   [査読有り]
Kunikata H, Ida T, Sato K, Aizawa N, Sawa T, Tawarayama H, Murayama N, Fujii S, Akaike T, Nakazawa T
Scientific reports   7 41984   2017年2月   [査読有り]
Jung M, Kasamatsu S, Matsunaga T, Akashi S, Ono K, Nishimura A, Morita M, Abdul Hamid H, Fujii S, Kitamura H, Sawa T, Ida T, Motohashi H, Akaike T
Biochemical and biophysical research communications   480(2) 180-186   2016年11月   [査読有り]
Yoshitake J, Soeda Y, Ida T, Sumioka A, Yoshikawa M, Matsushita K, Akaike T, Takashima A
The Journal of biological chemistry   291(43) 22714-22720   2016年10月   [査読有り]
Tsutsuki H, Jung M, Zhang T, Ono K, Ida T, Kunieda K, Ihara H, Akaike T, Sawa T
Biochemical and biophysical research communications   478(1) 7-11   2016年9月   [査読有り]
Fujii S, Sawa T, Nishida M, Ihara H, Ida T, Motohashi H, Akaike T
Archives of biochemistry and biophysics   595 140-146   2016年4月   [査読有り]
Akashi S, Ahmed KA, Sawa T, Ono K, Tsutsuki H, Burgoyne JR, Ida T, Horio E, Prysyazhna O, Oike Y, Rahaman MM, Eaton P, Fujii S, Akaike T
Biochemistry   55(5) 751-761   2016年2月   [査読有り]
Kikugawa M, Tsutsuki H, Ida T, Nakajima H, Ihara H, Sakamoto T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80(3) 547-553   2016年   [査読有り]
Marutani E, Yamada M, Ida T, Tokuda K, Ikeda K, Kai S, Shirozu K, Hayashida K, Kosugi S, Hanaoka K, Kaneki M, Akaike T, Ichinose F
Journal of the American Heart Association   4(11)    2015年11月   [査読有り]
Kunieda K, Tsutsuki H, Ida T, Kishimoto Y, Kasamatsu S, Sawa T, Goshima N, Itakura M, Takahashi M, Akaike T, Ihara H
ACS chemical neuroscience   6(10) 1715-1725   2015年10月   [査読有り]
Nakano S, Ishii I, Shinmura K, Tamaki K, Hishiki T, Akahoshi N, Ida T, Nakanishi T, Kamata S, Kumagai Y, Akaike T, Fukuda K, Sano M, Suematsu M
Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   93(8) 879-889   2015年8月   [査読有り]
Shinkai Y, Abiko Y, Ida T, Miura T, Kakehashi H, Ishii I, Nishida M, Sawa T, Akaike T, Kumagai Y
Chemical research in toxicology   28(5) 838-847   2015年5月   [査読有り]
Ida T, Sawa T, Ihara H, Tsuchiya Y, Watanabe Y, Kumagai Y, Suematsu M, Motohashi H, Fujii S, Matsunaga T, Yamamoto M, Ono K, Devarie-Baez NO, Xian M, Fukuto JM, Akaike T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(21) 7606-7611   2014年5月   [査読有り]
Khan S, Rahman HN, Okamoto T, Matsunaga T, Fujiwara Y, Sawa T, Yoshitake J, Ono K, Ahmed KA, Rahaman MM, Oyama K, Takeya M, Ida T, Kawamura Y, Fujii S, Akaike T
Scientific reports   4 4680   2014年4月   [査読有り]
Sawa T, Ihara H, Ida T, Fujii S, Nishida M, Akaike T
Nitric oxide : biology and chemistry   34 10-18   2013年11月   [査読有り]
Mori H, Tone Y, Shimizu K, Zikihara K, Tokutomi S, Ida T, Ihara H, Hara M
Materials science & engineering. C, Materials for biological applications   33(1) 174-181   2013年1月   [査読有り]
Yamamoto H, Ida T, Tsutsuki H, Mori M, Matsumoto T, Kohda T, Mukamoto M, Goshima N, Kozaki S, Ihara H
Microbiology and immunology   56(4) 245-253   2012年4月   [査読有り]
Ihara H, Yamamoto H, Ida T, Tsutsuki H, Sakamoto T, Fujita T, Okada T, Kozaki S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(10) 1843-1848   2012年   [査読有り]
Maeda R, Ida T, Ihara H, Sakamoto T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(5) 1032-1034   2012年   [査読有り]
Maeda R, Ida T, Ihara H, Sakamoto T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(3) 501-505   2012年   [査読有り]
Ihara H, Ahtesham AK, Ida T, Kasamatsu S, Kunieda K, Okamoto T, Sawa T, Akaike T
Nitric oxide : biology and chemistry   25(2) 169-175   2011年8月   [査読有り]
Fujii S, Sawa T, Ihara H, Tong KI, Ida T, Okamoto T, Ahtesham AK, Ishima Y, Motohashi H, Yamamoto M, Akaike T
The Journal of biological chemistry   285(31) 23970-23984   2010年7月   [査読有り]
Ida T, Hara M, Nakamura Y, Kozaki S, Tsunoda S, Ihara H
Neuroscience letters   432(3) 232-236   2008年2月   [査読有り]
Ihara H, Tsutsuki H, Ida T, Kozaki S, Tsuyama S, Moss J
Biochemical and biophysical research communications   363(1) 146-152   2007年11月   [査読有り]

Misc

 
【レドックス疾患学 酸素・窒素・硫黄活性種はどう作用するのか、どこまで健康・疾患と関わるのか?】 (第3章)レドックスの検出手法、応用など 活性イオウメタボローム イオウ代謝物とレドックスバイオマーカー
井田 智章, 西村 明, 守田 匡伸
実験医学   36(5) 865-873   2018年3月
活性イオウ分子は通常のチオール基に複数のイオウ原子が付加したポリスルフィド構造を有している化合物であり、通常のチオール化合物に比較すると多彩なレドックス活性を有している。このため、活性イオウ分子は生体内でさまざまな役割を担っており、種々のレドックス疾患に対するバイオマーカー(レドックスバイオマーカー)として期待されている。しかしながら、これまでに報告されているイオウ代謝物の分析法では活性イオウ分子を高感度で特異的に定量できず、新たな分析法の確立が望まれていた。本稿では、われわれがこれまで構...
井田 智章, 松永 哲郎, 藤井 重元, 澤 智裕, 赤池 孝章
日本薬理学雑誌   147(5) 278-284   2016年5月
感染や炎症に伴い生成される活性酸素(ROS)は、酸化ストレスをもたらす組織傷害因子となる一方、細胞内レドックスシグナルのメディエーターとして機能していることがわかってきた。著者らは、生体内でROSと一酸化窒素の二次メッセンジャーである親電子物質8-ニトロ-cGMPの代謝にcystathionine β-synthase(CBS)、cystathionine γ-lyase(CSE)が深く関わることを報告した。しかしながら、その代謝機構については未だ不明な点が多く残っていた。そこで、8-ニト...
【活性イオウ分子種の生理機能に迫る チオールバイオロジーの新たなステージ】 RSSによる抗酸化・レドックスシグナル制御
井田 智章, 藤井 重元, 赤池 孝章
細胞工学   34(4) 354-357   2015年3月
【炎症-全体像を知り慢性疾患を制御する 炎症シグナル、免疫細胞のダイナミズムからがん・糖尿病などの発症機序と治療標的まで】 (第3章)炎症の慢性化と収束を制御するメディエーター フリーラジカル制御系 硫化水素・活性イオウ分子と炎症
藤井 重元, 井田 智章, 澤 智裕, 赤池 孝章
実験医学   32(17) 2803-2809   2014年11月
炎症反応に伴い生成する活性酸素種(ROS)・フリーラジカルは、細胞内のセンサー分子により精密に受容され、制御された伝達経路を経て、細胞内レドックスシグナルのメディエーターとして機能していることが明らかになってきた。さらに最近、システインパースルフィドなどの活性イオウ分子種(RSS)の生合成系と酸化ストレス制御因子としての機能が明らかになりつつあり、注目されている。ROSがかかわるシグナル伝達と生命現象は多岐にわたっており、炎症がかかわる病態を理解するうえで、ROSのシグナル機能の解明は重要...
活性酸素と炎症
井田 智章, 赤池 孝章, 澤 智裕, 藤井 重元
感染・炎症・免疫   44(2) 104-109   2014年7月
炎症反応に伴い生成する活性酸素は、組織傷害をもたらす毒性因子と考えられてきた。しかしながら、最近の研究の進展により、活性酸素が細胞内のセンサー分子により精密に受容され、制御された伝達経路を経て、細胞内レドックスシグナルのメディエーターとして機能していることが明らかになってきた。活性酸素が関わるシグナル伝達と生命現象は多岐にわたっており、炎症が関わる病態を理解する上で、活性酸素のシグナル機能の解明は重要な課題であると認識されている。本稿では、活性酸素とNOの共通したセカンドメッセンジャーとし...

競争的資金等の研究課題

 
病原細菌における新規活性イオウ分子産生系の発見と病原性発現機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 藤井重元
タンパク質ポリスルフィドの生体内生成動態と構造・機能制御メカニズムの解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 井田智章
ポリサルファ代謝系を介する新しい抗酸化ストレス制御機構の解明
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 赤池孝章
翻訳に共役したポリサルファ化タンパク質生合成機構の解明
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 赤池孝章
活性イオウ分子種と8-ニトロ-cGMPによる新規酸化ストレス応答機構
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 井田智章
細菌の新しいストレス制御シグナル経路とオートファジー誘導に関する研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 赤池孝章
活性イオウ分子による生体内システイン-ポリスルフィド形成と活性酸素シグナル
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2015年5月    代表者: 赤池孝章
タンパク質ポリチオール化の制御機構の解明
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 澤 智裕
眼内抗酸化物質の解析と新規眼内灌流液の開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 中澤 徹
新規環状ヌクレオチド8-SH-cGMPの生体内動態とその細胞内シグナル機能の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 井田智章