MISC

2014年2月

日本原子力研究開発機構における研究開発の現状

電気評論
  • 田島 保英
  • ,
  • 家田 芳明

99
2
開始ページ
46
終了ページ
61
記述言語
日本語
掲載種別

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、原子力による新しい科学技術や産業の創出を目指して基礎研究から応用研究に至るまで幅広い研究開発を行い、我が国唯一の原子力に関する総合的な研究機関として、原子力研究の中核的役割を担うとともに、東京電力福島第一原子力発電所事故からの復旧・復興に向けた取り組み、核燃料サイクル技術の確立を目指した研究開発、原子力安全研究、核融合研究開発等を重点的に実施すべき業務として進めてきた。本報では、原子力機構における平成25年度の研究開発の主な成果を中心に、現状と今後の動向を紹介する。

リンク情報
URL
http://ci.nii.ac.jp/naid/40019974857
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5045268
ID情報
  • ISSN : 0285-5860

エクスポート
BibTeX RIS