MISC

2012年3月

日本におけるナトリウム冷却高速炉開発の現状

ATW; International Journal for Nuclear Power
  • 家田 芳明
  • ,
  • 近澤 佳隆
  • ,
  • 小竹 庄司*

57
3
開始ページ
163
終了ページ
168
記述言語
英語
掲載種別

日本における高速炉開発の経験と現状が要約されている。実施中のFaCTプロジェクトは高速炉サイクルを2050年頃に実用化する計画であり、文部科学省, 経済産業省, 電力, メーカーと原子力機構の共同で推進されている。FaCTフェーズ1の成果として、JSFRのキー技術の成立性が確認されたが、東北沖で発生した大地震の影響で、フェーズ2の開始を待つ状態にある。日本の原子力研究開発政策は、東北沖地震と津波の影響を受けるかもしれないが、原子力エネルギーの重要性は変わりない。ここでは、東電福島第一原子力発電所事故から学んだ教訓、もんじゅの安全性向上への反映、次世代高速炉システムの安全設計基準への反映に焦点を当てて述べる。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5035036
ID情報
  • ISSN : 1431-5254

エクスポート
BibTeX RIS