MISC

2011年5月

日本におけるナトリウム高速炉開発の現状

Proceedings of Jahrestagung Kerntechnik Annual Meeting on Nuclear Technology 2011 (DVD-ROM)
  • 家田 芳明
  • ,
  • 近澤 佳隆
  • ,
  • 小竹 庄司*

開始ページ
11
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

国際的な高速炉開発が停滞するなか、われわれは研究開発を継続してきた。その結果、開発目標を満足し得る日本の実用高速炉概念(JSFR)を提示した。もんじゅは2010年5月に運転再開を果たし、40\%プラント出力試験を目指して炉内中継装置を回収する予定である。FaCTプロジェクトは、国・電力・メーカと原子力機構が協力し、高速炉サイクルの2050年頃からの実用化を目指して進められている。フェーズIでJSFRの枢要技術の評価を完了し、現在はフェーズIIへの移行を待っている状況である。しかし、原子力の必要性は変わらない。今後の原子力開発において、福島第一原子力発電所事故に学び、その経験を次世代の高速炉システムの安全設計クライテリアに反映する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5030625

エクスポート
BibTeX RIS