MISC

1996年7月

「もんじゅ」ナトリウム漏えい事故の原因究明対策班作業関連資料流体力による温度計の振動について(中間報告I$\sim$IV)

PNC-TN9420 96-040
  • 岡林 邦夫
  • ,
  • 岩田 耕司
  • ,
  • 和田 雄作
  • ,
  • 森下 正樹
  • ,
  • 山口 彰
  • ,
  • 一宮 正和
  • ,
  • 家田 芳明

開始ページ
274
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

もんじゅ二次主冷却系ナトリウム漏洩事故原因究明作業の一環として行った,流体力による温度計の振動に関する検討の中間報告である。温度計は主配管の横腹の管台に溶接支持され,温度計ウェルが配管内に約185mm水平に突き出した構造になっている。振動解析によれば温度計ウェル先端の振幅は流れと直行方向で最大値約0.9mm,流れ方向の最大値約1.2mmである。2方向の振動数はいずれも約260Hzのウェル先端が振動するモードである。疲労損傷が生じる部位はウェル付根溶接部とウェル細管付根段付部が考えられるが,後者の部位の応力は前者より有意に大きいので,まずここから破損すると考えられる。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4035940

エクスポート
BibTeX RIS