MISC

1996年1月

None

Journal of Hydlaulic Research
  • 家田 芳明
  • ,
  • 小林 順
  • ,
  • 上出 英樹

34
3
開始ページ
317
終了ページ
347
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.1080/00221689609498483

高速炉の熱流動の分野においてベンチマーク実験を行い、これに対する多次元熱流動解析コードの国際ベンチマークを実施した。合計12種類の熱流動解析手法が、浮力による潜り込み現象並びに温度成層化現象を対象とするベンチマークに適用された。解析手法として有限差分法、有限要素法、及びその乱流モデル、対流項の高次差分解法の現象に対する適用性を検討した、有限差分法では乱流モデルと高次差分法を組み合わせた手法が高い適用性を示した。また、有限要素法についても乱流モデルの重要性が明らかとなった。解析手法の検討を通して潜り込み現象、温度成層化現象を解析する上で、低乱流状態で浮力の影響を受ける混合対流条件下の流れに対する乱流モデルの開発が重要であることが示された。なお、本ベンチマークは国際水理学会(IAHR)の第7回新型理熱流動ワークンググループの会合(1992年

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1080/00221689609498483
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4052810
ID情報
  • DOI : 10.1080/00221689609498483
  • ISSN : 0022-1686

エクスポート
BibTeX RIS