Kenichiro Iwami

J-GLOBAL         Last updated: Sep 10, 2019 at 07:53
 
Avatar
Name
Kenichiro Iwami
Affiliation
Aichi Medical University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Iwami K, Fujii M, Kishida Y, Jinguji S, Yamada M, Bakhit M, Nishio N, Fujimoto Y, Ogawa T, Takanari K, Kamei Y, Saito K
Journal of neurosurgery   1-10   Nov 2018   [Refereed]
Iwami K, Natsume A, Wakabayashi T
Progress in neurological surgery   32 79-89   2018   [Refereed]
Osuka K, Watanabe Y, Usuda N, Aoyama M, Iwami K, Takeuchi M, Watabe T, Takayasu M
Journal of neurotrauma   34(22) 3192-3197   Nov 2017   [Refereed]
Iwami K, Fujii M, Saito K
Journal of neurosurgery   127(1) 165-170   Jul 2017   [Refereed]
Osuka K, Watanabe Y, Usuda N, Aoyama M, Iwami K, Takeuchi M, Watabe T, Takayasu M
Journal of neurotrauma   34(11) 1996-2000   Jun 2017   [Refereed]

Misc

 
専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 頭蓋底手術up-to-date "経鼻内視鏡手術時代"における"経頭蓋顕微鏡手術"について
岩味 健一郎
脳神経外科速報   28(8) 792-799   Aug 2018
内視鏡手術における器具や手技の進歩は、頭蓋底正中部への安全で低侵襲な経鼻アプローチを可能とし、特に良性腫瘍は経鼻手術にて治療される機会が多くなっている。一方で、経頭蓋アプローチは、侵襲性で経鼻手術に劣ることが多いものの、立体視野下に広い術野を展開可能であることから、経鼻アプローチにて腫瘍摘出・出血コントロール・再建などが困難と予想される場合には経頭蓋アプローチの適応を躊躇してはならない。また、1つのアプローチでは摘出困難な腫瘍に対しては経鼻・経頭蓋の両アプローチを組み合わせたcombine...
【ここが知りたい耳鼻咽喉科に必要な他科の知識】 頭蓋内病変の診断と治療 感覚器障害を有する症例を中心に
岩味 健一郎
ENTONI   (221) 25-35   Jul 2018
感覚器障害の原因として、頭蓋内病変による脳実質または脳神経の障害が挙げられる。とくに脳神経は頭蓋底を走行するため、頭蓋底病変により障害を受けやすい。頭蓋底病変に対しては脳神経外科・耳鼻咽喉科の両科が協力して診断・治療にあたることで安全性・根治性の向上が期待される。頭蓋底疾患の基礎知識は"共通言語"として両科のより綿密な連携に大きく寄与すると考えられる。(著者抄録)
鑑別が困難であった小児小脳腫瘍の1例
宮田 憲二, 下村 保人, 堀 壽成, 奥村 彰久, 伊佐治 泰己, 川口 礼雄, 岩味 健一郎, 高安 正和, 露木 琢司, 大橋 明子, 高橋 恵美子, 都築 豊徳
日本小児血液・がん学会雑誌   54(5) 440-440   Apr 2018
鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する外科治療の最適化 鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する頭蓋顎一塊切除の役割
藤本 保志, 藤井 正純, 亀井 譲, 齋藤 清, 高橋 正克, 西尾 直樹, 丸尾 貴志, 平松 真理子, 岩味 健一郎, 高成 啓介, 曾根 三千彦
頭頸部癌   43(2) 132-132   May 2017
【頭蓋底手術・奥義開陳】 頭蓋底手術の神髄を知る 頭頸部癌に対する頭蓋底手術 前中頭蓋底一塊切除について
岩味 健一郎
脳神経外科速報   26(10) 1048-1053   Oct 2016
癌摘出の基本は一塊切除である。頭蓋底へ進展した頭頸部癌を一塊切除するためには頭蓋底離断が必須となり、脳神経外科による頭蓋底操作は根治性や安全性の向上に大きく資する。本稿では最も使用頻度の高い前中頭蓋底一塊切除において、脳神経外科医に求められる手術手技を詳述する。(著者抄録)

Books etc

 
Neurosurgical Re-Operations
Kenichiro Iwami (Part:Contributor)
Dec 2018   
Skull base approach
Kenichiro Iwami (Part:Contributor, Transbasal approach)
Chugai igakusya   Jan 2018   
NS NOW 2
Kenichiro Iwami (Part:Contributor, Orbitozygomatic approach)
MEDICAL VIEW   May 2015   

Conference Activities & Talks

 
Role of transcranial sphenoidotomy in skull base surgery
Kenichiro Iwami
2019 Annual Scifentific Meeting of American Association of Neurological Surgeons   15 Apr 2019   
Application of transpetrosal approach in combined simultaneous surgery
Kenichiro Iwami
World skull base 2016   16 Jun 2016