飯塚聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 12:38
 
アバター
研究者氏名
飯塚聡
 
イイヅカ サトシ
eメール
iizukabosai.go.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40414403
所属
国立研究開発法人防災科学技術研究所
部署
水・土砂防災研究部門
職名
総括主任研究員
学位
理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
防災科学技術研究所 総括主任研究員
 
2003年4月
 - 
2016年9月
防災科学技術研究所 主任研究員
 
1998年11月
 - 
2003年3月
防災科学技術研究所 研究員
 
1997年10月
 - 
1998年10月
地球フロンティア研究システム 研究員
 
1995年10月
 - 
1997年9月
防災科学技術研究所 支援研究員
 

受賞

 
2004年4月
防災科学技術研究所 理事長表彰 高分解能大気海洋結合モデルと領域モデルを結合したモデルの開発
 

論文

 
平成29 年7 月九州北部豪雨に対する福祉施設の避難行動と防災意識の調査-朝倉市の福祉施設へのヒアリング調査の速報-
波多野 頼子, 飯塚 聡, 中谷 剛, 三隅 良平, 鈴木 真一
(52) 121-133   2018年8月
2017年7月九州北部豪雨における福祉施設の避難行動と今後の情報活用に対する考察
波多野頼子, 飯塚聡, 中谷剛, 三隅良平, 鈴木真一
地域安全学会論文集      2019年3月   [査読有り]
飯塚聡
Journal of Geophysical Research-Oceans   122 3123-3140   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
塩田 美奈子, 川村 隆一, 初鹿 宏壮, 飯塚 聡
大会講演予講集   98    2010年9月
山下 吉隆, 川村 隆一, 飯塚 聡, 初鹿 宏壮
大会講演予講集   97    2010年4月
下川 信也, 飯塚 聡, 栢原 孝浩
防災科学技術研究所研究報告   (75) 33-40   2009年9月
飯塚 聡, 松浦 知徳
大会講演予講集   90    2006年9月
相原 史, 川村 隆一, 松浦 知徳, 飯塚 聡
大会講演予講集   89    2006年4月

書籍等出版物

 
天気と海の関係についてわかっていることいないこと
飯塚聡 (担当:分担執筆, 範囲:熱帯の海と空の研究)
ペレ出版   2016年5月   
シミュレーション辞典
眞木雅之, 飯塚聡 (担当:分担執筆, 範囲:水害・洪水災害)
コロナ社   2011年   
自然災害の事典
飯塚聡, 湯本道明
朝倉書店   2007年3月   
月刊海洋 総特集 台風研究ー最近の展開
飯塚聡 (担当:分担執筆, 範囲:台風にともなって発生するプレッシャー・ディップ現象)
海洋出版株式会社   2006年10月   
月刊海洋 総特集 台風/2004--日本列島上陸を中心にして
飯塚 聡, 松浦 知徳, 藤田 貢崇 (担当:分担執筆, 範囲:1章 上陸最多の環境要因 大気海洋結合モデルにおけるENSOと台風発生との関係)
海洋出版株式会社   2005年11月   
気候変動と水災害
飯塚聡 (担当:分担執筆, 範囲:インド洋のエルニーニョ現象)
信山社サイテック   2002年   
月刊海洋 大規模大気海洋相互作用ー数十年スケール変動の実態と機構ー
飯塚聡 (担当:分担執筆, 範囲:大気海洋結合モデルでシミュレートされた熱帯インド洋上での大気海洋相互作用)
海洋出版株式会社   2001年2月   

講演・口頭発表等

 
Study for meteorological hazard
飯塚聡
2016 International Training Workshop (ITW) on Natural Hazards   2016年9月27日   
The Indian Ocean SST dipole simulated in a coupled general circulation model
飯塚聡
Western Pacific Geophysics Meeting   2000年6月   

競争的資金等の研究課題

 
激甚化する台風・爆弾低気圧起源の災害ハザード予測研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 川村隆一 九州大学
日本周辺の海面水温場が局所的な豪雨・豪雪の予測可能性に与える影響の定量的評価
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 中村 尚 東京大学
平成30年台風21号による強風・高潮災害の総合研究
文部科学省: 科学研究費助成事業(特別研究促進費)
研究期間: 2018年10月 - 2019年3月    代表者: 丸山 敬
爆弾低気圧がもたらす気象・海象災害の軽減に関する総合的研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 川村隆一
東アジアモンスーン変動と黒潮・黒潮続流との双方向作用のメカニズム
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2010年7月 - 2014年3月    代表者: 川村隆一

社会貢献活動

 
高潮の仕組みについて
【取材協力, 情報提供】  NHK首都圏ニュース  2018年9月25日 - 2018年9月27日
平成30年台風第21号による高潮について
【取材協力, 情報提供】  NHKニュース  2018年9月10日 - 2018年9月11日
台風災害 過去からの教訓
【講師】  埼玉県  「カスリーン台風」埼玉県主催上映会  2017年9月9日 - 2017年9月9日