池田智幸

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/22 15:19
 
アバター
研究者氏名
池田智幸
 
イケダ トモユキ
URL
http://researchmap.jp/ikeda_tomoyuki/
所属
府省共通研究開発管理システム
部署
その他
職名
学位
博士(文学)(立命館大学), 修士(文学)(立命館大学), 学士(文学)(立命館大学)
その他の所属
花園中学・高等学校
科研費研究者番号
50747756
Twitter ID
https://twitter.com/rbcqxh

プロフィール

中国古典文学、特に宋詞を研究しています。
↓で日本詞曲学会のツイッター・フェイスブックを開設しておりますので、
よろしければご訪問ください。
https://twitter.com/rbcqxh (日本詞曲学会ツイッター)
https://www.facebook.com/rbcqxh (日本詞曲学会フェイスブック)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
2005年9月
 - 
2007年7月
武漢大学 文学院 高級進修生 (中国政府奨学金留学生)
 
1999年4月
 - 
2003年3月
立命館大学院 文学研究科 博士課程後期課程 東洋文学思想専攻
 
1995年4月
 - 
1998年3月
立命館大学院 文学研究科 博士課程前期課程 東洋思想専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
立命館大学 文学部 中国文学専攻
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
花園中学・高等学校 常勤講師
 
2016年4月
 - 
2018年3月
梅光学院中学・高等学校 常勤講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
奈良大学 文学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2016年3月
立命館大学文学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2016年3月
京都外大西高等学校 非常勤講師(国語科)
 
2007年9月
 - 
2010年3月
京都両洋高等学校 非常勤講師(国語科)
 
2004年9月
 - 
2005年7月
立命館大学文学部 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2005年3月
京都翔英高等学校 非常勤講師(国語科)
 
2002年5月
 - 
2005年3月
大阪樟蔭女子大学 非常勤講師(中国語)
 
1996年4月
 - 
2002年3月
京都花園高等学校 非常勤講師(国語科)
 

委員歴

 
2014年8月
 - 
現在
日本詞曲学会  幹事
 
2014年5月
 - 
現在
日本宋代文学学会  評議員
 
2010年10月
 - 
現在
中国藝文研究会  編輯委員
 
2003年6月
 - 
2014年8月
宋詞研究会  共同発起人・編集委員
 
2011年10月
 - 
2014年3月
中唐文学会  幹事(メーリングリスト・ホームページ担当)
 

受賞

 
2007年11月
財団法人橋本循記念会 第十七回「蘆北賞」(学術誌部門)
受賞者: 宋詞研究会
 

書籍等出版物

 
『杜甫全詩訳注』(四)
池田智幸 (担当:共訳, 範囲:1375「宿鑿石浦」~1406「奉贈盧五丈参謀キョ(王+居)」)
講談社   2016年10月   ISBN:978-4-06-292336-1
(講談社学術文庫HPより)
晩年にいたってなお断ち切れぬ出仕への思い。ついに長安への帰還に絶望した杜甫は、洞庭湖の南で漂泊の生涯を閉じる。しかし、その作品はいよいよ巧緻を極め、深い陰翳を文字に刻みながら、最後の段階にあっても前人未到の高みへむかい、さらなる歩みをつづける。作品検索に簡便な「全詩題索引」と詳細な「杜甫年譜」を添えて、書き下ろし全訳注、堂々完結!

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062923361
『白川静を読むときの辞典』
立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編 (担当:共著, 範囲:「歌謡」「饗宴詩」「教訓詩」「祭事詩」「采詩の官」「社会詩」「叙事詩」「抒情詩」「征役詩」「前詩篇様式」「創作詩」「贈答」「読風偶識」「入楽の詩」「反興」「美刺」「松本雅明」「民謡」「無筭楽(むさんがく)」)
平凡社   2013年10月   ISBN:978-4-582-40336-7 C0087
http://www.heibonsha.co.jp/book/b158258.html

(平凡社のHPより)
白川静の文章に頻出する、呪禁・載書・卜辞・説文などの語。これらの白川学をより深く知るために必要な用語や作品名を解説する。あわせて白川静主要著作も紹介。項目数約600。
『立命館大学文学部中国文学専攻所蔵 村上哲見先生旧蔵詞学文献目録』
池田智幸 (担当:共著)
中国芸文研究会   2011年11月   
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/12361328.html
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB08264051
『入門講座 白川静の世界Ⅱ 文学』
立命館大学 白川静記念東洋文字文化研究所 編 (担当:共著, 範囲:解題『詩経ー中国の古代歌謡』)
平凡社   2010年9月   ISBN:978-4-582-40332-9
http://www.heibonsha.co.jp/book/b158255.html

(平凡社のHPより)
七十年余の白川の学究生活は、中国の『詩経』と日本の『万葉集』との比較研究を志して始まった。その様々な文学論を平易に解説。著作解題のほか略年譜・索引を付す。
『入門講座 白川静の世界Ⅲ 思想・歴史』
立命館大学 白川静記念東洋文字文化研究所 編 (担当:共著, 範囲:解題『甲骨文の世界―古代殷王朝の構造』、『金文の世界―殷周社会史』)
平凡社   2010年9月   ISBN:978-4-582-40333-6
http://www.heibonsha.co.jp/book/b158256.html3

(平凡社のHPより)
文字にこめられた社会の諸相を捉えた白川が説く古代中国を、孔子伝などの思想論とともに紹介する。著作解題付き。巻末の総索引では全三巻の検索の便を図った。
『詞学の用語―『詞学名詞釈義』訳注』
施蟄存著 宋詞研究会訳 (担当:共訳, 範囲:「八、令・引・近・慢」、「十、闋」)
汲古書院   2010年3月   ISBN:978-4-762-92876-5
http://www.kyuko.asia/book/b62928.html

(汲古書院HPより) 
本書は、施蟄存氏の『詞学名詞釈義』の訳注である。文史知識文庫『詞学名詞釈義』(中華書局、一九八八初版)を底本とし、各篇は翻訳と注釈から成る。末尾に引用詞人詞学者小伝、引用書目、引用詞籍解題、異同表、参考年表、語彙索引、詞牌索引、書名・篇名索引、人名索引を付した。本書は、宋詞研究会有志が会誌『風絮』創刊号~第五号に連載したものを基としている。

講演・口頭発表等

 
池田智幸
2017年3月3日   
ロイロノートを用いた授業実践例の一つとして、王維「送元二使安西」詩を教えた際の取り組みが紹介された。
内容は、2016年11月18日の公開授業と同じである。
授業案及び作業プリントは、以下のページから入手可能である。

授業案→https://researchmap.jp/mufiqbdxl-1787855/#_1787855
作業プリント→https://researchmap.jp/mug7wfac9-1787855/#_1787855
公開授業
池田智幸
平成28年度山口県私立高等学校教科等(国語)研究会   2016年11月18日   山口県私立中学高等学校協会
平成28年度山口県私立高等学校教科等(国語)研究会において、高校一年の国語総合で漢詩「送元二使安西」の公開授業を行った。
なお、授業案や参考資料については「資料公開」を確認されたい。
池田智幸
第65回日本中国学会   2013年10月13日   日本中国学会
池田智幸
第24回中唐文学会   2013年10月11日   中唐文学会
パネルディスカッション
テーマ:「訳注を語る、訳注が語る──出版と読書会のむかし・いま・あした──」
Ⅰ「読書会参加者のたちばから」(15:00~15:50)
 司会:愛甲弘志(京都女子大学)
 パネリスト:池田智幸(立命館大学)、大戸温子(お茶の水女子大院)、
       鈴木達明(大谷大学)、谷口高志(佐賀大学)
蘇軾《江神子(密州出獵)》詞的接受與評價-二十世紀中葉中國詞學發現的“豪放”詞 [招待有り]
池田智幸
2012詞學國際學術研討會   2012年8月   中國詞學研究會・武漢大學文學院・馬來西亞馬來亞大學華人研究中心・湖北民族學院新聞傳播學院
『詞學國際學術研討會論文集』(金元明清巻)に投稿した拙論『蘇軾《江神子(密州出獵)》詞的接受與評價-二十世紀中葉中國詞學發現的“豪放”詞』の要旨を述べ、評議人より講評を述べていただいた。
わたしと唐宋詞 [招待有り]
池田智幸
2007年6月   華中科技大学 日本語学科
華中科技大学日本語学科・河崎みゆき先生からのご依頼を受け、「日本理解講座」における講師の一人として、日本語で講演した。内容は、唐宋詞を研究するきっかけ、戦争時における日中詞学者の学術交流、日本における詞学研究の現状、などである。
蘇軾「江神子(密州出猟)」詞の受容及び評価の変遷について
池田智幸
第十五回宋代文学談話会   2011年5月   宋代詩文研究会 宋詞研究会
蘇軾「江神子(密州出猟)」詞の受容と評価をめぐって
池田智幸
中国芸文研究会   2010年8月   
宋代「青玉案」詞考
池田智幸
中国芸文研究会   2008年7月   
龍沐勛『唐宋名家詞選』における呉文英詞 
池田智幸
第十二回宋代文学談話会   2008年5月   宋代詩文研究会 宋詞研究会
「六州歌頭」ノート―「六州」から「六州歌頭」へ
池田智幸
第一回宋詞研究会   2003年9月   宋詞研究会
賀鋳の詞に関する一考察
池田智幸
中国芸文研究会   2000年7月   
賀方回の詞について
池田智幸
中国芸文研究会   1997年7月   

論文

 
蘇軾《江神子(密州出獵)》詞的接受與評價-二十世紀中葉中國詞學發現的“豪放”詞
池田智幸
『詞學國際學術研討會論文集』(金元明清巻)   532-547   2012年8月   [招待有り]
先に発表した拙論「蘇軾『江神子(密州出猟)』詞の受容及び評価について―二十世紀中葉の中国詞学に見出された『豪放』詞」(『學林』、中国藝文研究会、 2012年6月)の中国語版である。
池田智幸
『學林』(中国藝文研究会)   (55) 48-85   2012年6月   [査読有り]
池田智幸
『學林』(中国藝文研究会)   (39) 18-43   2004年3月   [査読有り]
池田智幸
『學林』(中国藝文研究会)   (38) 18-41   2003年12月   [査読有り]
池田智幸
『學林』(中国藝文研究会)   (36・37) 319-346   2003年3月   [査読有り]
池田智幸
『立命館文學 』(立命館大学人文学会)   570 89-118   2001年6月   [査読有り]

Misc

 
池田智幸
『風絮』   (6)    2010年3月   [査読有り][依頼有り]
仏教大学教授である中原健二氏の著作『宋詞と言葉』(汲古書院、二〇〇九年)の書評。
池田智幸
『風絮』   (9)    2013年3月   [査読有り]
武漢大学文学院教授・陳水雲氏の「唐宋詞集『副文本』及其伝播指向—以明末清初編刻的唐宋詞集為討論中心」(『江西師範大学学報(哲学社会科学版)』第43巻第4期、二〇一〇年十月、に所収)を翻訳したものである。
池田智幸
『風絮』   (2)    2006年3月   [査読有り][依頼有り]
武漢大学文学院教授・王兆鵬氏の論文「宋詞的口頭伝播方式初探―以歌妓唱詞為中心―」を邦訳したもの。
池田智幸
『風絮』   (9)    2013年3月   [査読有り]
2012年8月28・29日に開催された「2012詞学国際学術研討会」の報告文。
池田智幸
中唐文学会報   (13) 92-98   2006年10月   [依頼有り]
池田智幸
『風絮』別冊      2018年3月   [査読有り][依頼有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、『風絮』十四号までに収録しなかった北宋期の詞人の作品を収めた。秦観「望海潮」・「水龍吟」・「八六子」・賀鋳「愁風月」を担当した。
日本詞曲学会編
『風絮』別冊      2017年3月
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、『風絮』十三号までに収録しなかった北宋期の詞人の作品を収めたものである。蘇軾「水龍吟」・黄庭堅「謁金門」を担当した。
日本詞曲学会編
『風絮』別冊      2016年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、『風絮』既刊号(十二号)までに収録しなかった唐五代の詞人の作品を収めたものである。李煜の「虞美人」、「喜遷鶯」、「長相思」、「烏夜啼」、「臨江仙」、及び【伝記】【龍氏集評】を担当した。
日本詞曲学会編
『風絮』   (12) 204-215   2015年12月   [査読有り]
『四庫全書総目提要』「詞曲類」の訳注。今回は葉夢得「石林詞」の訳注を担当した。
日本詞曲学会編
『風絮』   (12) 309-313   2015年12月
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、賀鋳「減字浣溪沙」五首(其三)を担当した。
日本詞曲学会編
『風絮』   (11)    2014年12月   [査読有り]
『四庫全書総目提要』「詞曲類」の訳注。今回は張元幹『蘆川詞』の訳注を担当した。
日本詞曲学会編
『風絮』   (11)    2014年12月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、李煜「烏夜啼」詞、張元幹「賀新郎」詞二首(其二)の訳注を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (10)    2014年3月   [査読有り]
『四庫全書総目提要』「詞曲類」の訳注。今回は陳亮『龍川詞』の提要を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (9)    2013年3月   [査読有り]
『四庫全書総目提要』「詞曲類」の訳注。今回は李之儀『姑渓詞』の提要を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (9)    2013年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、李璟「浣渓沙」詞二首(其二)・李煜「搗練子令」詞の訳注を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (8)    2012年3月   [査読有り]
中国古典で重要な書物である『四庫全書総目提要』「詞曲類」の訳注。今回は程垓『書舟詞』の提要を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (8)    2012年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、李璟「浣渓沙」詞二首(其一)・黄庭堅「訴衷情」詞の訳注を担当した。
池田智幸・岡本淳子・平塚順良
『風絮』   (7)    2011年3月   [査読有り]
南宋・沈義父の詞論『楽府指迷』の訳注。第二十四則「腔以古雅為主」・第二十七則「作大詞与作小詞法」・「四庫全書提要」・「四印斎所刻詞跋」を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (7)    2011年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、賀鋳「独倚楼」詞・「減字浣溪沙」詞五首(其一)の訳注を担当した。
池田智幸・岡本淳子・平塚順良
『風絮』   (6)    2010年3月   [査読有り]
南宋・沈義父の詞論『楽府指迷』の訳注。第六則「施詞得失」・第九則「論過処」・第十二則「要求字面当看唐詩」・第十五則「論押韻」・第十八則「詠花卉及賦情」・第二十一則「豪放与叶律」を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (6)    2010年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、賀鋳「芳心苦」詞の訳注を担当した。
池田智幸・岡本淳子・平塚順良
『風絮』   (5)    2009年3月   [査読有り]
南宋・沈義父の記した詞論『楽府指迷』の訳注。 「唐圭璋序」と第三則「康柳詞得失」を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (5)    2009年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、賀鋳「半死桐」詞・「望書帰」詞・「夢江南」詞の訳注を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (4)    2008年3月   [査読有り]
施蟄存著『詞学名詞釈義』の「八、令・引・近・慢」の日本語訳及び注釈を行った。
宋詞研究会編
『風絮』   (4)    2008年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、賀鋳「杵声斉」詞・李清照「一翦梅」詞の訳注を担当した。 
宋詞研究会編
『風絮』   (3)    2007年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、賀鋳「陌上郎」詞・「石州引」詞の訳注を担当した。
宋詞研究会編
『風絮』   (1)    2005年3月   [査読有り]
施蟄存著『詞学名詞釈義』「十、闋(けつ)」の日本語訳と注釈を行った。
宋詞研究会編
『風絮』   (1)    2005年3月   [査読有り]
龍楡生編選『唐宋名家詞選』のうち、李之儀「卜算子」詞・「憶秦娥」詞の訳注を行った。

Works

 
白川文字学への誘い
池田智幸   その他   2012年4月 - 2013年3月
『日刊県民福井』内のコラム「白川文字学への誘い」で計九回(4月6日「一」字、4月27日「長」字、6月29日「理」字、8月10日「傾」字、10月12日「論」字、11月23日「充」字、1月11日「元」字、2月22日「福」字、3月29日「結」字)の記事を執筆した。
池田智幸   Webサービス   2010年10月 - 2012年9月
計十四回(第3回、9回、15回、21回、27回、33回、41回、49回、57回、65回、73回、81回、88回、95回)の記事を執筆した。
池田智幸   Webサービス   2009年4月 - 2010年6月
計十二回(第40回、46回、52回、58回、63回、68回、73回、78回、83回、88回、93回、98回)の記事を執筆した。

担当経験のある科目