池野絢子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/08 23:24
 
アバター
研究者氏名
池野絢子
 
イケノ アヤコ
所属
京都造形芸術大学
職名
准教授
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
土肥秀行・山手昌樹編 (担当:分担執筆, 範囲:第18章「越境する戦後美術」)
ミネルヴァ書房   2017年5月   ISBN:4623080218
池野絢子著
慶應義塾大学出版会   2016年3月   ISBN:4766423186
Occhi e sguardi nella filosofia e nelle arti - Eyes and Gazes in Philosophy and Arts
Giuseppe PATELLA, Atsushi OKADA (a cura di) (担当:分担執筆, 範囲:IKENO Ayako, "Volo e caduta: l’immaginazione cartografica nell’arte contemporanea")
UniversItalia   2015年12月   ISBN:9788865078648
加藤哲弘編 (担当:分担執筆, 範囲:「11〜16世紀フランス建築事典 ヴィオレ=ル=デュク」)
藝術学舎   2014年6月   ISBN:4344952421
水野千依編 (担当:分担執筆, 範囲:「印象派とその周辺」、「ポスト印象派から世紀末へ」)
幻冬舎   2013年10月   ISBN:4344951662
岡田温司編 (担当:分担執筆, 範囲:最初のモノグラフィのなかのモランディ)
みすず書房   2011年4月   ISBN:4622075938

論文

 
「同逸名」——アリギエロ・ボエッティによる地図製作の方法
池野絢子
ディアファネース   (2) 109-126   2015年3月   [査読有り]
石膏像の記憶——一九七〇年代のイタリア美術における形而上絵画の系譜
池野絢子
表象   6 154-168   2012年   [査読有り]
池野絢子
日伊文化研究   49 69-81   2011年   [査読有り]
池野絢子
人間・環境学   19 47-58   2010年   [査読有り]
池野絢子
美學   61(1) 109-120   2010年   [査読有り]
池野絢子
美學   59(1) 140-153   2008年   [査読有り]

Misc

 
【翻訳】ジュゼッペ・パテッラ「アイデアを修復できるのか——現代芸術の修復についての問い」
訳:池野絢子
ディアファネース——芸術と思想      2017年3月
池野絢子
アネモメトリ——風の手帖      2017年
池野絢子
アネモメトリ——風の手帖      2016年
池野絢子
アネモメトリ——風の手帖      2016年
池野絢子
アネモメトリ——風の手帖      2016年
池野絢子
Lo Gai Saber|愉快な知識      2016年
土をめぐる想像力
池野絢子
すこやか 世界土協会機関誌   (91)    2015年7月

講演・口頭発表等

 
The Disappearance of Body: Art and Technology in Postwar Italy [招待有り]
IKENO Ayako
Mechanization and Anatomization of Representations of Body in the 20th Century Art   2017年9月24日   
Carlo Carrà: Between Primitivism and Classicism [招待有り]
IKENO Ayako
Avant-garde Art and Classicism from 1880 to 1945   2017年9月23日   
カルロ・カッラの形而上絵画におけるフォルムの探究
池野絢子
美術史学会第69回全国大会   2016年5月27日   
Volo e caduta: l’immaginazione cartografica nell’arte contemporanea [招待有り]
IKENO Ayako
International Congress, Eyes and Gazes in Philosophy and Arts/ Occhi e sguardi nella filosofia e nelle arti   2015年3月3日   
Dal ‘vedere’ all’‘essere’: il Mono-ha e la logica della ‘relazione’ [招待有り]
IKENO Ayako
International Seminar, Who is Afraid of Experimentation?: Art and Theory in Postwar Japan   2013年10月8日   
The Two-dimensional Objects: ‘Plastic Poem’ by Kitasono Katué [招待有り]
IKENO Ayako
International Workshop, Artistic Experimentations for a New Society: Continuities and Ruptures in Japan before and after the War   2013年9月23日   
「Con-temp-l’azione 観想=行動」──アルテ・ポーヴェラによる「プラクシス」についての一考察
池野絢子
表象文化論学会第7回大会   2012年7月   
同語反復と謎――1960・70年代における形而上絵画の系譜
池野絢子
表象文化論学会第5回研究発表集会   2010年11月   
「眼差しの期待のもとに」――ジュリオ・パオリーニの初期作品における「作者」について
池野絢子
フォーラム「イメージ(論)の臨界[6]――表象可能性への配慮」(科学研究費補助金萌芽研究「美術史の脱構築と再構築」〔代表:岡田温司〕主催)   2010年3月   
アルテ・ポーヴェラと都市空間――一九六〇年代のトリノを例として
池野絢子
美学会第60回全国大会   2009年10月   

その他

 
2016年4月   【トーク】アルテ・ポーヴェラ――戦後から現在に至る美術を考える
企画:ART CRITIQUE、登壇:池野絢子、沢山遼 2016年4月30日(土)東京 NADiff a/p/a/r/t
2015年2月   【レクチャー】現代芸術の倉庫 「デポジト・ダルテ・プレゼンテ」の実験
エコール・ド・東山 第24回 2015年2月14日(土) ハイアット リージェンシー 京都 地下1階Touzanバー

委員歴

 
2012年7月
 - 
2016年6月
表象文化論学会  広報委員
 
2014年5月
 - 
2014年7月
美学会広報シンポジウム幹事
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 岡田温司
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 池野絢子
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 池野絢子
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 池野絢子