基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士後期課程
パリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学 現代世界社会史センター(CHS) 客員研究員
学位
修士(学術)(2020年3月 東京大学)

連絡先
nishidang.ecc.u-tokyo.ac.jp
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-1706-2131
J-GLOBAL ID
202001019526046330
researchmap会員ID
R000000336

外部リンク

Causes, Historical Development, Long-Term Effects and Future Challenges of Unemployment Benefits in France, 1870 to 2020

現在は以下のような研究課題に取り組んでいます。ご関心の近い方、是非ご連絡ください。また、抜刷等もお送りいたします。(2021/12/15)

(1)19世紀末~戦間期ヨーロッパの失業保険の比較歴史分析

(2)1789年から1914年のフランスにおける失業カテゴリーの歴史

(3)19世紀末から20世紀初頭のフランスにおける労働組合の失業金庫の質的比較分析(QCA)

(4)戦間期ヨーロッパの国際労働力移動と失業問題

(5)戦中・戦後日本の社会政策思想における失業問題

(6)スコチポル-ピアソン以降の社会政策の歴史的制度論・比較歴史分析・歴史社会学の方法論

(7)現代フランスの社会保障改革(PPE、RSA-activité、Prime d'activité)の動向把握


委員歴

  2

論文

  7

MISC

  2

講演・口頭発表等

  8

所属学協会

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

その他

  1