基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士後期課程
学位
修士(学術)(2020年3月 東京大学)
修士(歴史学)(2023年7月 パリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学)

連絡先
nishidang.ecc.u-tokyo.ac.jp
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-1706-2131
J-GLOBAL ID
202001019526046330
researchmap会員ID
R000000336

外部リンク

近現代フランスの社会保障史を専門とする歴史社会学者です。南太平洋の島国ニューカレドニアの研究もしています。

  • 現在は以下のような研究課題に取り組んでいます。(2024/02/23)

 (1)戦間期仏独国境地帯における外国人社会権の形成過程

 (2)第2次世界大戦期ニューカレドニアの自由フランスへの「結集」の記憶の政治学

 (3)ジュネーブの日本人駐在員妻のジェンダー規範とナショナリズムに関する聞き取り調査

 

  •  また、これまで以下のような研究課題に取り組んできました。

 (1)19世紀末~戦間期ヨーロッパの失業保険の比較歴史分析

 (2)1789年から1914年のフランスにおける失業カテゴリーの社会思想史

 (3)19世紀末から20世紀初頭のフランスにおける労働組合の失業金庫の質的比較分析(QCA)

 (4)戦中・戦後日本の社会政策思想における失業問題

 (5)スコチポル-ピアソン以降の歴史的制度論・比較歴史分析・歴史社会学の方法論

 (6)コロナ医療に動員されたフランスの医学生・看護学生の聞き取り調査

 

  • メディア出演もしています。

 (1)「人気のリゾート地、ニューカレドニアで暴動。何が起きているのか」TBSラジオ 荻上チキ・Session (2024年5月28日)


委員歴

  2

論文

  11

MISC

  3

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  14

所属学協会

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

メディア報道

  1

その他

  1