基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士後期課程
パリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学 現代世界社会史センター(CHS) 客員研究員
学位
修士(学術)(2020年3月 東京大学)

連絡先
nishidang.ecc.u-tokyo.ac.jp
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-1706-2131
J-GLOBAL ID
202001019526046330

外部リンク

Causes, Historical Development, Long-Term Effects and Future Challenges of Unemployment Benefits in France, 1870 to 2020

19世紀末~現代フランスを中心に失業保険の歴史的発展と長期的帰結を研究しています。抜刷等お送りいたしますのでお気軽にご連絡ください。

・現在の研究課題(2020/12/01)

(1)19世紀末~現代ヨーロッパの失業保険の比較歴史分析

(2)1789年から1914年のフランスにおける失業者カテゴリーの思想史・社会経済史

(3)19世紀末から20世紀初頭のフランスにおける労働組合の失業金庫の質的比較分析(QCA)

(4)戦間期ヨーロッパにおける国際労働力移動と失業問題

(5)太平洋思想史、特に1919年から1945年におけるILO、日本と東南アジアのNative Laborの問題

(6)スコッチポル-ピアソン以降の社会政策の歴史的制度論・比較歴史分析の方法論

(7)現代フランスの社会保障改革(PPE、RSA-activité、Prime d'activité)の動向把握


委員歴

  2

論文

  6

MISC

  1

講演・口頭発表等

  6

所属学協会

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

その他

  1