久住一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/04 16:16
 
アバター
研究者氏名
久住一郎
 
クスミ イチロウ
eメール
ikusumimed.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
医学系研究院
職名
教授
学位
医学博士
科研費研究者番号
30250426

プロフィール

元々は精神薬理学が専門で、主に気分障害の病態や向精神薬の作用機序に関する研究をやってきましたが、2000年頃から統合失調症の病態と治療の研究に軸足を移し、現在は神経画像や神経生理学に興味を持って研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年9月
 - 
現在
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野 教授
 
2008年4月
 - 
2012年8月
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野 准教授
 
1999年4月
 - 
2008年3月
北海道大学病院精神科神経科 講師
 
1993年1月
 - 
1999年3月
北海道大学医学部精神医学教室 助手
 
1989年8月
 - 
1992年12月
北海道大学医学部附属病院精神科神経科 医員
 

論文

 
Transethnic replication study to assess the association between clozapine-induced agranulocytosis/granulocytopenia and genes at 12p12.2 in a Japanese population.
Biol Psychiatry   82(1) e9-e10   2017年   [査読有り]
Verbal memory impairments in bipolar disorder: Effect of type of word learning tasks.
Psychiatry Clin Neurosci   71(8) 570-571   2017年   [査読有り]
Transient lesions of the splenium of the corpus callosum following rapid withdrawal of levetiracetam.
Epileptic Disord   19(3) 379-382   2017年   [査読有り]
The mediator effect of personality traits on the relationship between childhood abuse and depressive symptoms in schizophrenia.
Psychiatry Res   257 126-131   2017年   [査読有り]
Verbal memory impairment in patients with subsyndromal bipolar disorder.
Front Psychiatry   8 168   2017年   [査読有り]
Mediators of the effects of rice intake on health in individuals consuming a traditional Japanese diet centered on rice.
PLoS One   12(10) e0185816   2017年   [査読有り]
Interpersonal sensitivity mediates the effects of child abuse and affective temperaments on depressive symptoms in the general adult population.
Neuropsychiatr Dis Treat   13 2559-2568   2017年   [査読有り]
The relationship between a low grain intake dietary pattern and impulsive behaviors in middle-aged Japanese people.
PLoS ONE   12(7) e0181057   2017年   [査読有り]
Neural responses to feedback information produced by self-generated or other-generated decision-making and their impairment in schizophrenia.
PLoS One   12(8) e0183792   2017年   [査読有り]
Cognitive insight and functional outcome in schizophrenia: a multi-center collaborative study with the specific level of functioning scale-Japanese version.
Schizophr Res Cogn   6 9-14   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
今日の治療指針2017
久住一郎 (担当:分担執筆, 範囲:抗うつ薬の副作用)
医学書院   2017年   
今日の精神疾患治療指針第2版
賀古勇輝、久住一郎 (担当:分担執筆, 範囲:適応障害)
医学書院   2016年   
精神科研修ノート改訂第2版
久住一郎 (担当:分担執筆, 範囲:精神科研修でマスターすべきこと/薬物療法:抗精神病薬)
診断と治療社   2016年   
デュロキセチンのすべて
仲唐安哉、井上 猛、久住一郎 (担当:分担執筆, 範囲:デュロキセチンによる難治性うつ病のアプローチ)
先端医学社   2014年   
クロザピン 100のQ&A
久住一郎 (担当:分担執筆, 範囲:クロザピン治療と高血糖・ケトアシドーシスについて教えて下さい)
星和書店   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 久住 一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 鈴木 克治
本研究の目的は、気分障害患者のアラキドン酸(AA)カスケードに関わる蛋白の機能と躁転に代表されるスイッチングプロセスあるいは血小板カルシウム反応などの生物学的指標との関連を明らかにすることである。平成22年度は、AAカスケードの中核をなすCox-2のウェスタンブロットによる定量の確立を目指す一方で、気分障害患者を研究にエントリーし、カルシウム反応を測定するとともに質問紙を用いて気質などの臨床背景のデータを集積した。Cox-2の定量は、ヒト血小板で実施する前に培養細胞(SH-SY5Y細胞)で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 久住 一郎
うつ病では不快情動に関わる前部帯状皮質の過活動のため、認知的処理の制御が低下しているという仮説の下、同部位の神経活動を評価する神経生理学的指標として、意志決定課題遂行時の事象関連電位feedback negativity成分と報酬予測課題遂行時のfunctional MRIを計測した。疾患対照としての統合失調症群では、feedback negativity振幅が健常群より低下していた。報酬予測課題遂行時のfunctional MRIでは、前部帯状皮質(背側部)と腹側線条体において有意に活動...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 久住 一郎
小胞体ストレス反応に関連し、双極性障害の発症関連遺伝子として注目されているXBP1遺伝子と、人格特性の関連について、健康成人248例を対象に二つの自己記入式人格検査Temperament and Character Inventory (TCI)とNEO Five Factor Inventory (NEO-FFI)を用いて検討した。XBP1遺伝子の-116C/G多型は、女性において、NEO-FFIのneuroticismと関連することが明らかとなった(p=0.003)。しかしながら、NE...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 安部川 智浩
D2型ドパミン受容体遮断を主作用とする定型抗精神病薬に対して治療抵抗性の病態モデルの1つとしてNMDA受容体機能低下モデルがある。一方で、D2遮断薬に対して反応性のモデルとして覚醒剤モデルがある。我々は、ドパミン機能過剰亢進という治療反応性の病態であっても、その程度が内側前頭前野や側坐核などでグルタミン濃度増加を持続、反復させる程に至ると、結果として、NMDA受容体機能が低下し、治療抵抗性の病態が形成されるとの仮説を立て、以下の結果を得た。内側前頭前野や側坐核でグルタミン酸濃度を増加させる...

学歴

 
1978年4月
 - 
1984年3月
北海道大学医学部医学科