今泉貴史

J-GLOBALへ         更新日: 09/10/09 13:14
 
アバター
研究者氏名
今泉貴史
URL
http://sites.google.com/site/imaizumilab/
所属
千葉大学
部署
総合メディア基盤センター
職名
准教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
千葉大学 助教授
 
2002年
 - 
2006年
千葉大学 総合メディア基盤センター 助教授
 
2001年
   
 
千葉大学 工学部・総合メディア基盤センター 助教授
 
1997年
 - 
1999年
東京工業大学 工学部 講師
 

Misc

 
淡路淳, 今泉貴史
情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術]   2007(93) 43-48   2007年9月
本研究では侵入検知システム(IDS : Intrusion Detection System)の誤検知の判断基準を明確にし、さらに誤検知を除去するために、ソフトウェア工学的なアプローチを試みる。誤検知の判断は管理者が行うものであり、明確な基準はない。検知手法によって誤検知の定義を変えてしまえば、IDSの性能を示す際に用いられる誤検知の数に統一性はなく、評価や比較を行うことは困難である。そこで本研究では、検知したいものを検知手法によらず表現する方法としてUMLを用いた記述方法を提案する。この...
渡辺裕太, 今泉貴史
情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術]   2005(31) 73-78   2005年3月
侵入を早期に発見し被害を最小限に食い止めるために様々な侵入検知手法が提案されている。仕様ベース侵入検知は、監視対象の望ましい振る舞いをあらかじめ記述しておき、監視対象が記述から逸脱した振る舞いをしたときに侵入と判定する手法である。本論文では、新しい仕様ベース侵入検知モデルであるDS-Modelを提案する。DS-Modelでは、Unified Modeling Language (UML)のダイアグラムの一つであるステートチャート図を用いて望ましい振る舞いを記述する。DS-Modelは、未知...
今泉貴史, 佐藤淳史
情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術]   2005(31) 1-6   2005年3月
情報コンセント構築の際には、接続端末を守るための方策、接続端末からの攻撃を防ぐ方策など、さまざまな処理が必要となる。外部と内部の通信であればファイアウォールなどを設けることで対処できるが、情報コンセントにつないだ端末同士の通信は同様の方法では制限できないため、情報コンセントを構成するネットワークセグメントでネットワークワームが蔓延してしまう危険がある。本稿では、同報通信を制限した機器を用いることで、端末間の直接通信を制限するような情報コンセントの構築手法について述べる。提案する機器を用いる...
檜垣泰彦, 土屋俊, 今泉貴史, 川端良子, 市川熹
電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム   104(714) 31-36   2005年3月
研究活動の結果として生み出される学術成果に関するデータの保存, 管理は, 研究者自身が研究者自身の計算機環境で行うことが望ましい.大学における評価システムの充実, 研究活動の公開性が求められるなか, 各種調査や学外広報のため, 研究者の教育・研究活動に関するデータを収集・集計する機会が増加してきている.そこで, 学術成果のデータベースを, 研究者が扱いに慣れたクライアントソフトウェアを使用して分散的に管理し, 必要に応じて収集, 加工するシステム構成を提案する.提案する構成では専用のサーバ...