今村 一之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 04:41
 
アバター
研究者氏名
今村 一之
 
イマムラ カズユキ
eメール
imamurakmaebashi-it.ac.jp
URL
http://www.maebashi-it.ac.jp/~imamurak/
所属
前橋工科大学
部署
工学部システム生体工学科
職名
教授
学位
博士(医学)(群馬大学大学院)

プロフィール

群馬大工学部電子工学科在籍中に畔上道雄先生に出会い、「脳(精神)の研究」に惹かれ、医学部大学院(高木貞敬先生)で神経生理学を学びました。その後、神経可塑性研究の世界的権威であるスミスケトルウェル視覚科学研究所(サンフランシスコ)の笠松卓爾先生のもとへ留学し、帰国後は大阪バイオサイエンス研究所、理化学研究所脳科学総合研究センターで「脳科学」三昧の研究者生活を送ってきました。平成20年4月より前橋工科大学で頑張っております。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
前橋工科大学大学院 工学研究科 システム生体工学専攻(修士課程) 教授
 
2008年4月
 - 
現在
前橋工科大学 工学部 システム生体工学科 教授
 
2013年4月
 - 
現在
前橋工科大学大学院 工学研究科 環境・生命工学専攻(博士課程) 教授
 

論文

 
Y, Yang, N,Zhong, K, Imamura, S, Lu, M. Li., H. Zhou, H. Li, X. Yang, Z. Wan, G. Wang, B. Hu and K. Li
PLOS ONE. 11(5): e155092, doi: 10.1371/journal.pone.0155092. eCollection 2016      2016年   [査読有り]
Yang, Y., Hu, C., Imamura, K., Yang X., Li, H., Wang, G., Feng, L., Hu, B., Lu, S., and Zhong, N.
Springer LNAi 9250   33-42   2015年   [査読有り]
Self-regulation of aversive emotion: a dynamic causal model, advances in computational psychophysiology.
Zhong, N., Yang, Y., Imamura, K., Lu, S., Li, M., Zhou, H., Wang, G., Li, K.
Science, Science Supplemnet, 350 (6256, Supple)   25-27   2015年   [査読有り]
Sasaki, K.S., Kimura, R., Ninimiya, T., Tabuchi, Y., Tanaka, H., Fukui, M., Asada, Y.C., Arai, T., Inagaki, M., Nakzono, T., Baba, M., Kato, D., Nishimoto, S., Sanada, T.M., Tani, T., Imamura, K., Tanaka, S., Ohzawa, I.
Nature, Sci. Rep. 5, 16712      2015年   [査読有り]
Experimental design and signal selection for construction of a robot control system based on EEG signals.
Yoshioka, M., Zhu, C., Imamura, K., Wang, F., Yu, H., Duann, F., and Yan, Y.
Robotics and Biomimetics1:22   1-11   2014年   [査読有り]

Misc

 
Frequency-dependent Modulation of Corticospinal Excitability during Passive and Active Rhythmic Finger Movements: A Transcranial Magnetic Stimulation Study.
M, Odagaki, T, Taura, K, Ito, Y, Kikuchi and K, Imamura
J. Neurosci. Neuroengin.4, 53-59.      2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Localization of drebrin: light microscopy study
2016年   

講演・口頭発表等

 
Fusion of Biology, Brain Science and Information Communication Technology
T, Arafune, T, Shirao, J, Horikoshi, K, Imamura, N, Ishikawa, N, Tsukiji and H, Kobayashi
3rd International Symposium of Gunma Univ. Medical Innovation, GUMI, P28.   2016年12月9日   
パーキンソン病モデルラットにおける前肢機能および姿勢変化に対する画像解析を用いた定量的測定の試み
大野洋一、堀越顕法、今村一之
日本福祉工学会 第20回学術講演会 S11-407.   2016年11月26日   
視覚皮質の可塑性と遺伝マインド
今村一之
日本福祉工学会 第20回学術講演会 特別講演   2016年11月26日   
導電性手袋を装着した手のモデル内部の電位分布等の計算
岡田冨男、向井伸治、織間稔、下田真也、遠藤隆志、今村一之、石川保幸、小田垣雅人、野村保友、原川哲美
日本福祉工学会 第20回学術講演会 S13-505.   2016年11月26日   
パーキンソン病モデルラットに対する運動が機能回復に与える効果について
大野洋一、今村一之
第9回  神経機能回復セミナー, プログラム抄録集 P39-40.   2016年10月22日   

競争的資金等の研究課題

 
脳情報学に基づく体系的な脳研究の支援を実現するデータブレインの構築
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 鍾 寧
光酸化を用いた大脳皮質-視床フィードバック経路の選択的抑制
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
大学の知の活用
【】  TOWA 経済レポート No.300, p.12.  2013年12月