伊村智

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/29 18:24
 
アバター
研究者氏名
伊村智
 
イムラサトシ
eメール
imuranipr.ac.jp
携帯メール
imura34gmail.com
URL
http://researchmap.jp/imura34/
所属
国立極地研究所
部署
生物圏研究グループ
職名
教授
学位
博士(理学)(広島大学)
その他の所属
総合研究大学院大学
Twitter ID
kokebouzu
ORCID ID
0000-0002-6803-6996

プロフィール

1960年、栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮高校→広島大学→極地研
第36次越冬隊、42次夏隊、45次越冬隊、49次夏隊、イタリア隊、アメリカ隊、ベルギー隊に参加。第49次日本南極地域観測隊では総隊長(兼夏隊長)。
南極の陸上生物、特にコケを扱っています。南極湖沼中の大規模なコケ群落である「コケ坊主」が興味の中心.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立極地研究所 副所長
 
2011年
   
 
国立極地研究所 研究教育系 教授
 
2007年
 - 
2011年
国立極地研究所 研究教育系 准教授
 
2002年
 - 
2007年
国立極地研究所 研究教育系 助教授
 
1994年
 - 
2002年
国立極地研究所 研究系 助手
 

論文

 
Statistical analysis based on meteorological data factors related to ozone hole generation in Antarctica.
Journal of the Society of Electrical Materials Engineering   27(1) 25-37   2018年   [査読有り]
A comparative study of wavelength-dependent photoinactivation in photosystem II of drought-tolerant photosynthetic organisms in Antarctica and the potential risks of photoinhibition in the habitat.
Annals of Botany   122(7) 1263-1278   2018年   [査読有り]
The effect of tar spot pathogen on host plant carbon balance and its possible consequences on a tundra ecosystem.
Masumoto, S., Uchida, M., Tojo, M., Herrero, M., Mori, A.S. & Imura, S.
Oecologia   (186) 843-853   2018年   [査読有り]
Occurrence pattern of the parasitic fungus Rhytisma polare (Ascomycota) on the polar willow (Salix Polaris) under limited water conditions in a high-Arctic semi-desert
Masumoto, S., Tojo, M., Imura, S., Herrero, M. & Uchida, M.
Polar Biology   41(6) 1105-1110   2018年   [査読有り]
Species identification of Pinus pollen found in Belukha glacier, Russian Altai Mountains, using a whole-genome amplification method
Nakazawa, F., Suyama, Y., Imura, S. and Motoyama, H.
Forests   9(8) 444-444   2018年   [査読有り]
The effect of snow cover on the phenology of the moss Racomitrium lanuginosum
Maruo, F. & Imura, S.
The Bryologist   121(2) 148-157   2018年   [査読有り]
Tsuji, M., Tsujimoto, M. and Imura, S.
Mycoscience   58(2) 103-110   2017年   [査読有り]
Matsui, M., Kawamata, A., Kosugi, M., Imura, S. and Kurosawa, N.
Polar Science   (13) 82-90   2017年   [査読有り]
Verleyen, E., Tavernier, I., Hodgson, D.A., Whitehouse, P., Kudoh, S., Imura, S., Heirman, K., Bentley, M.J., Roberts, S.J., Batist, M.D., Sabbe, K. and Vyverman, W.
Quaternary Science Reviews   (169) 85-98   2017年   [査読有り]
Shimada, D., Suzuki, A.C., Tsujimoto, M., Imura, S. and Kakui, K.
Species Diversity   22(2)    2017年   [査読有り]

Misc

 
加藤健吾, 伊村智, 神田啓史
せん苔類研究   10(6) 170-171   2011年11月
井上太樹, 南雲未智, 伊村智, 吉田俊也
せん苔類研究   10(6) 173-174   2011年11月
中島広海, 瀬戸浩二, 伊村智
日本陸水学会大会講演要旨集   76th 137   2011年9月
中島広海, 瀬戸浩二, 香月興太, 金子亮, 山田和芳, 伊村智
日本地質学会学術大会講演要旨   118th 154   2011年9月
中島広海, 瀬戸浩二, 香月興太, 金子亮, 山田和芳, 伊村智
日本第四紀学会講演要旨集   41 42-43   2011年8月

書籍等出版物

 
Patterns of microorganisms inhabiting Antarctic freshwater lakes with special reference to aquatic moss pillars.
Springer Polar Sciences. Springer, Cham.   2019年   

講演・口頭発表等

 
SCARの長期構想 - Horizon Scan
伊村智
日本地球惑星科学連合2016大会   2016年5月24日   
セッションM-IS19 南北両極のサイエンスと大型研究

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 伊村 智
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 伊村 智
湖沼の基礎的な物理・化学的データは、南極湖沼環境の変動を把握する基礎データとして極めて重要であり、長期環境モニタリングとしての監視体制が確立した。生物多様性解析では、多くのグループで生物相が明らかとなり、今後の多様な研究分野における基礎データがほぼ揃ったと言える。将来予測に向けた湖底堆積物からの古環境復元研究においては、新たな湖沼における解析が進み、南極湖沼群からの精度の高いデータ提供が可能となった。
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 伊村 智
南極昭和基地周辺に分布する全蘚類,特に湖沼中に見られる水生蘚類を中心に,生育環境,形態的多様性,堆積物解析からの湖沼の古環境復元,rbcL, rps4,ITSの3遺伝子による分子系統などから,南極陸上生態系の変遷史とその流れの中での蘚類の遺伝的多様性,分布の起源を明らかにした.湖沼底の水温は夏期には7度ほどにもなり,極夜期にも4度を保っていた.この地域では積雪が少ないため,水中照度も10月から4月にかけては光合成に十分な太陽光が透過する.塩分濃度は湖沼間で大きな開きがあり,栄養塩類は極めて...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 工藤 栄→伊村 智
アイスアルジーは、海氷底部で光合成を行うために、タンパク質や脂質を低温でも高い活性を保てるように適応しているだけでなく、光合成機構全体を不都合がないように、また、その環境で最適になるように調整していると考えられる。その様なアイスアルジーが海氷底部という弱光かつ低温の環境下で光合成を行うために、どのように適応をしているのか明らかにする第一歩として、光採集系としての光合成色素組成、光化学Iと光化学IIの量比、タンパク質組成の変化を調べた。その結果、アイスアルジーや珪藻では、光強度が弱くなるほど...

委員歴

 
2018年1月
 - 
現在
日本蘚苔類学会  会長
 
2014年1月
 - 
現在
日本蘚苔類学会  編集委員長
 
2009年1月
 - 
現在
日本学術会議 地球惑星科学委員会 国際対応分科会 SCAR小委員会  幹事