共同研究・競争的資金等の研究課題

2020年4月 - 2024年3月

何が移民の職業移動を妨げるのか:日伊のペルー移民をめぐる構造・集団・主体的条件

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

課題番号
20H01572
体系的課題番号
JP20H01572
配分額
(総額)
13,780,000円
(直接経費)
10,600,000円
(間接経費)
3,180,000円

今年度は、研究にたいして決定的な重要性を持つ海外調査を実施できなかった。本来は2度の海外調査により、ペルーからイタリアへの移民の状況を把握する予定が、実地調査ができなかったため、以下のような形で日本にいる範囲でかのうなことを行った。
1.科研申請時に集めきれていなかった、ペルーからイタリアへの移民に関する文献を収集した。また、イタリアが移民を組み込む構造的な要因を理解するため、イタリアへの移民に関しても広く文献を収集した。
2.もともとは2019年まで日本とペルーで収集したデータと、今回のイタリア調査のデータを比較することが目的であるため、ペルーから日本への移民のデータを整理し、分析を開始した。
3.比較のための枠組みを構築するため、移民の労働市場への編入、移民の社会統合、移民の社会移動、エスニック・ビジネスに関する文献を収集し、ステイホームの間に集中的に読破した。これをもとに、調査に際しての仮説を科研申請書より具体的に構築した。
4.日本でできる予備的な情報収集として、Facebookのグループに参加した。イタリアのペルー人については、Peruanos en Milano、Peruanos en Romaといったように都市ごとのグループが複数ある。こうしたグループに書き込むと、多くの人が返信してアドバイスをくれるため、頻繁に投稿がなされる。それをみると、コロナ下にあってもペルーからイタリアへの流入は継続しており、ビザがなくても働き口があること、家賃の相場、仕事の種類といったことがある程度把握できた。また、同様にFacebookでイタリアのペルーレストランをリストアップしたところ、ミラノだけで40軒程度見つかった。こうした情報は、実地調査を始める拠点を築くに際して有益な情報となる。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-20H01572
ID情報
  • 課題番号 : 20H01572
  • 体系的課題番号 : JP20H01572

この研究課題の成果一覧

MISC

  1