基本情報

所属
独立行政法人国立美術館 国立アートリサーチセンター 主任研究員 (ラーニンググループ副リーダー)
独立行政法人国立美術館 東京国立近代美術館 企画課 主任研究員
学位
修士(2001年 UCL ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)
修士(1998年 青山学院大学)

研究者番号
70450799
J-GLOBAL ID
202001015293359478
researchmap会員ID
R000004954

稲庭彩和子(いなにわ・さわこ)
専門は、美術館、アート活動のコミュニケーションデザイン。美術館・博物館における学び、共生社会に対応する事業運営。市民と協働するプロジェクトのプロデュース等。
⚫︎神奈川県立近代美術館、東京都美術館などで学芸員として約20年勤務。東京都美術館では2012年のリニューアルにあたりアート・コミュニケーション事業の立ち上げを担当。社会課題を視野にいれ市民と協働するソーシャル・デザイン・プロジェクト「とびらプロジェクト」や、上野公園の9つの文化施設が連携して親子のミュージアムデビューを応援するラーニング・デザイン・プロジェクト「MuseumStartあいうえの」、超高齢社会に対応する医療や福祉分野と協働する「Creative Ageing ずっとび」などを企画・運営。展覧会としては参加型の美術館のあり方を模索し「キュッパのびじゅつかんーみつめて、あつめて、しらべて、ならべて」(2015)、「BENTO おべんとう展」等を企画運営担当。
⚫︎2022年より、独立行政法人国立美術館 国立アートリサーチセンター 主任研究員。ラーニングや文化施設のアクセシビリティの事業に携わり、特に「アートと健康・ウェルビーイング」の分野に注力している。東京藝術大学を拠点とした産官学が協働する福祉・医療・テクノロジーと融合した誰もが「自分らしく」いられる共生社会を実現をめざすプロジェクトの研究課題1リーダーを担当。
⚫︎著書・共著に『100人で語る美術館の未来』(慶應義塾大学出版会、2011)、『美術館と大学と市民が作るソーシャルデザインプロジェクト』(青幻舎、2018)、New Museum Practice in Asia (Lund Humphries, 2018)、『コウペンちゃんとまなぶ世界の名画』(KADOKAWA、2021)、『こどもと大人のためのミュージアム思考』(左右社、2022)等。

  • 受賞など
    2016年 企画展「キュッパのびじゅつかんーみつめて、あつめて、しらべて、ならべて」日本展示学会賞作品賞受賞
    2017年 東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」地域創造大賞 総務大臣賞受賞
    2019年 Museum Start あいうえの   グッドデザイン賞 公共・活動部門にて受賞
    2020年 Museum Start あいうえの こども環境学会 活動賞受賞

  • 委員など
    文化庁 博物館の運営管理に関する研修のための企画運営会議委員(2011−2021年度)
    川崎市 新たな博物館、美術館に関する基本構想懇談会委員(2022年4月-現在)
    静岡県 静岡県立美術館第三者評価委員(2020年6月−現在)
    ICOM-CAMOC 国際博物館会議 都市ミュージアム国際委員会 ボードメンバー(2022年8月-現在)
    千葉市 千の葉の芸術祭実行委員会 委員(2023年4月-現在)
    福岡県 新福岡県立美術館管理運営アドバイザー(2023年7月-現在)


受賞

  4

MISC

  1

書籍等出版物

  15

講演・口頭発表等

  6

担当経験のある科目(授業)

  4

所属学協会

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

メディア報道

  13