稲津將

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/02 13:33
 
アバター
研究者氏名
稲津將
 
イナツ マサル
URL
http://recca-hokkaido.sci.hokudai.ac.jp/~inaz/
所属
北海道大学
部署
大学院理学研究院
職名
教授
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学)
その他の所属
北海道大学北海道大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年2月
 - 
現在
北海道大学 大学院理学研究院 教授
 
2007年9月
 - 
2017年1月
北海道大学 理学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2007年4月
 - 
2007年8月
東京大学 気候システム研究センター 特任助教
 
2007年4月
 - 
2007年8月
国立大学法人東京大学 気候システム研究センター 特任助教
 
2005年10月
 - 
2007年3月
国立大学法人東京大学 気候システム研究センター 特任助手
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2002年9月
北海道大学 大学院地球環境科学研究科 大気海洋圏環境科学専攻博士後期課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
北海道大学 大学院地球環境科学研究科 大気海洋圏環境科学専攻修士課程
 
1995年4月
 - 
1998年3月
京都大学 理学部 理学科
 
1992年4月
 - 
1995年3月
北海道立 岩見沢東高等学校  
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
現在
日本農業気象学会  北海道支部評議員
 
2011年4月
 - 
現在
日本気象学会  北海道支部幹事長
 
2010年6月
 - 
現在
日本気象学会  気象集誌編集委員
 
2016年10月
 - 
2017年10月
日本気象学会  全国大会運営委員
 
2011年10月
 - 
2012年10月
日本気象学会  全国大会運営委員
 

受賞

 
2016年2月
北海道大学 教育総長賞奨励賞
 
2014年9月
日本海洋学会 若手ベストポスター賞
受賞者: 石山 宙夢・上野 洋路・稲津 將・伊藤 幸彦
 
2013年1月
気象集誌論文賞
受賞者: 稲津 將・佐竹 祐哉・木本 昌秀・安富 奈津子
 
2005年11月
日本気象学会 山本・正野論文賞
 

論文

 
Relative risk assessment for hypothetical radioactivity emission at a snow climate site.
Inatsu, M., H. Suzuki, and M. Kajino
98    2019年
Heavy-rainfall duration bias in dynamical downscaling and its related synoptic patterns in summertime Asian monsoon.
Tamaki, Y., M. Inatsu, N.-L. Dzung, and T. J. Yamada
Journal of Applied Meteorology and Climatology   57 1477-1496   2018年   [査読有り]
Empirical evaluated SDE modelling for dimensionality-reduced systems and its predictability estimates.
Nakano, N., M. Inatsu, S. Kusuoka, and Y. Saiki
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   1-37   2018年   [査読有り]
Katsuyama, Y., M. Inatsu, K. Nakamura, and S. Matoba
Cold Region Science and Technology   136 62-71   2017年1月   [査読有り]
Inatsu, M., H. Kato, Y. Katsuyama, Y. Hiraoka, and I. Obayashi
Scientific Online Letters on the Atmosphere   13 214-218   2017年   [査読有り]
An alternative estimate of potential predictability on the Madden-Julian Oscillation phase space using S2S models.
Ichikawa, Y., and M. Inatsu
Atmosphere   8    2017年   [査読有り]
気象学の色遣い~均等色空間を利用したカラーリング~
稲津 將,濱田 篤
天気   63 803-809   2016年10月   [査読有り]
Kajino, M., M. Ishizuka, Y. Igarashi, K. Kita, C. Yoshikawa, and M. Inatsu
Atmospheric Chemistry and Physics-Discussion   16 13149-13172   2016年8月   [査読有り]
Ichikawa, Y., and M. Inatsu
Journal of the Meteorological Society of Japan   94 257-267   2016年7月   [査読有り]
Inatsu, M., J. Tominaga, Y. Katsuyama, and T. Hirota
Scientific Online Letters on the Atmosphere   153-158   2016年7月   [査読有り]
Katsube, K., and M. Inatsu
Journal of Climate   29 1955-1975   2016年3月   [査読有り]
Tamaki, Y., M. Inatsu, R. Kuno, and N. Nakano
Journal of the Meteorological Society of Japan   94A 17-26   2016年1月   [査読有り]
Inatsu, M., T. Sato, T. J. Yamada, R. Kuno, S. Sugimoto, M. A. Farukh, Y. N. Pokhrel, and S. Kure
Atmospheric Sciences Letters   16 297-304   2015年7月   [査読有り]
Inatsu, M., N. Nakano, S. Kusuoka, and H. Mukougawa
Journal of the Atmospheric Sciences   72 774-786   2015年2月   [査読有り]
Takatama, K., S. Minobe, M. Inatsu, and R. J. Small
Journal of Climate   28 238-255   2015年1月   [査読有り]
Yamada, T. J., M. A. Farukh, T. Fukushima, M. Inatsu, T. Sato, Y. N. Pokhrel and T. Oki
Hydrological Research Letters   8 108-113   2015年1月   [査読有り]
Inatsu, M., T. Nakayama, Y. Maeda, and H. Matsuda
Journal of Disaster Research   9 412-421   2014年8月   [査読有り]
Kuno, R., and M. Inatsu
Climate Dynamics   43 375-387   2014年7月   [査読有り]
Yang, P., W. Wu, Z. Li, Z. Liu, M. Inatsu, Z. Liu, P. Tang,Y. Zha, M. Kimoto, and H. Tang
Regional Environmental Change   14 61-74   2014年2月   [査読有り]
Inatsu, M., S. Kobayashi, S. Takeuchi, and A. Ohmori
Scientific Online Letters on the Atmosphere   10 172-175   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
解ける!使える!微分方程式
稲津將
北海道大学出版会   2016年   
天気と気象についてわかっていることいないこと
在田一則、竹下徹、見延庄士郎、渡部重人編 (担当:分担執筆, 範囲:第1章)
ベレ出版   2013年   
地球惑星科学入門
筆保弘徳、芳村圭編 (担当:分担執筆, 範囲:第19章、第20章)
北海道大学出版会   2010年   

講演・口頭発表等

 
札幌における高解像度シラカバ花粉飛散シミュレーション (1) シラカバ樹木分布図作成
吉田 遼, 稲津 將, 武内 伸治, 小林 智
日本気象学会北海道支部第2回研究発表会   2017年12月12日   
札幌における高解像度シラカバ花粉飛散シミュレーション (1) シラカバ樹木分布図作成
吉田 遼, 稲津 將, 武内 伸治, 小林 智
花粉学会   2017年9月16日   
Characteristics of Aleutian eddy and its impact on Chlorophyll distribution
Ishiyama, H., U. Hiromichi, and M. Inatsu
PICES   2017年9月   
北半球冬季のブロッキング形成過程における再解析および予報データに対する渦度収支解析
相河卓哉・稲津將
日本気象学会北海道支部第1回研究発表会   2017年7月24日   
夏季九州における力学的ダウンスケーリングの強降水継続時間のバイアスとそれに関係する総観場
玉置雄大・稲津將, Nguyen-Le Dzung, 山田朋人
日本気象学会春季大会   2017年5月28日   

競争的資金等の研究課題

 
大気ブロッキング発生の力学と予測可能性
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 稲津將
気候変動適応技術社会実装プログラム
文部科学省: 受託研究費(SICAT)
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 稲津將
気象学の低次元空間解析と予測
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 稲津將
研究計画の通り、(1)気象の長周期変動とその予測の数学的解明と(2)温帯低気圧の形状変化の数学的解明を並列的に実施した。(1)気象の長周期変動と予測:平成27年度において、5,000年の気候シミュレーション標準実験データに基づき4次元以上の確率微分方程式を構築し、予測可能性の議論を行った。その結果、初期摂動育成法による初期誤差成長と長期積分結果の位相空間解析におけるmultiple realisationを比較することが有用であるとの結論を得た。まず、予測可能性研究における初期摂動育成法と...
新トラッキング法による革新的な低気圧診断
文部科学省: 科学研究費若手研究(B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 稲津將
新トラッキング法を用いて個々の低気圧特性の詳細な定量化に関し、以下の3点を実現した。(A)対流圏界面付近の渦の幾何形状と渦の力学の関係を明らかにした。とくに、これまで誰も直接示していない渦の楕円形状と渦の西風運動量輸送の整合性に着目した。(B)熱帯低気圧へ新トラッキング手法を適用した。とくに、気象格子点データより、個々の台風の特性を明らかにしながら、客観的に追跡する方法を確立した。(C)日本付近を通過する温帯低気圧カタログを作成した。とくに、過去の気象統計と並び立って気象情報の現業利用に資...
文部科学省: 科学研究費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 稲津將