カウンタ

2154092(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/09/08

あえて「山尾志桜里氏の民進党離党」を憂慮する

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

昨日、民進党の山尾志桜里元政調会長が『週刊文春』の2017年9月14日号に既婚男性との交際問題が掲載された責任を取って離党届を提出し、本日行われた民進党の第47回常任幹事会で山尾氏の離党が承認されました1


昨日行われた記者会見において、山尾氏は『週刊文春』に掲載された記事の内容を否定したものの、「まもなく始まる臨時国会、国会論戦の場に、今回の混乱を持ち込むことは、民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになると判断し、離党する決断をいたしました」と離党に至った経緯を説明しました2


女性問題で退陣した宇野宗佑元首相の事例を引くまでもなく、政界において異性との関係はしばしば出処進退に繋がる問題です。


山尾氏の場合も、自らが既婚者であり、交際問題が取り沙汰された相手も既婚者であることから、今後両者が不適切な関係にあるのではないかという疑惑が生じることは想像に難くありません。


さらに、これまで与党の議員の行状を不適切であると指摘してきた山尾氏自身が私生活にまつわる醜聞の中心となることは、言動の不一致というそしりをまぬかれ得ません。その意味において、たとえ報道の内容が真実と異なるとしても、自らの疑惑が党勢に影響を与えてはならないと考えて党を離れることは、ありうべき選択肢の一つといえるでしょう。


その一方で、「倉持弁護士と男女の関係はありません」と報道の内容が事実ではないとしながら「民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになる」という理由によって山尾氏が離党したことは、決して問題がないとは言えません。


すなわち、今回の山尾氏の離党は「たとえ誤報であっても醜聞が暴露されれば報道の対象者は離党しなければならない」という先例となりかねず、例えば党内の権力闘争で敵対者を追い落とすためにあえて偽りの情報を漏洩する者が出るかもしれませんし、政権党が野党に、あるいは野党が政権党に打撃を与えるために事実とは異なる情報を発信して相手を貶めようとすることもあり得ます。


さらに、山尾氏自身の対応にも問題があります。


もし報道の内容が真実と異なるのであれば出版社を名誉棄損で提訴することなども可能なのですから、疑惑が報じられて直ちに離党を選択したことは、どのような理由を述べるとしても、報道の正しさを自らの行動によって証明することになりかねません。


また、山尾氏の声明は離党の理由として党や支援者への配慮を優先して離党を決断したことを挙げるものの、山尾氏自身の政治的な信念に基づいた身の処し方である旨は一言も明記されていません。「民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになる」という理由は、周囲への配慮の心持を示しているかのようでありながら、その実は周囲の圧力によって離党を余儀なくされたとことを推察させる余地を残します。


もちろん、政治家が道徳的でなくとも許容されるのは、難局に対処し、適切な解決策を提示し、それを実行し、望ましい結果をもたらすときのみであり、そのような能力も実行力もない場合には、政治家は道徳的であらんと、常に心がけるべきでしょう3


しかし、政治家が道徳的でないからといってその能力を十全に発揮する機会を奪われるのであれば、政治家を自らの代表者として信託した有権者の意思が損なわれかねません。


それ故、山尾氏の離党は「将来の代表候補」4という以上に、後世に好ましからざる影響を与えかねない意味を持っているといえるでしょう。


1 第47回常任幹事会を開催. 民進党, 2017年9月8日, https://www.minshin.or.jp/article/112546/%E7%AC%AC%EF%BC%94%EF%BC%97%E5%9B%9E%E5%B8%B8%E4%BB%BB%E5%B9%B9%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E3%82%92%E9%96%8B%E5%82%AC (2017年9月8日閲覧).
2 本日の会見について. 山尾しおりのブログ, 2017年9月7日, https://www.yamaoshiori.jp/blog/2017/09/post-405.html (2017年9月8日閲覧).
3 鈴村裕輔, 与謝野馨氏の「離党と入閣」の背景と真相への若干の考察. 2011年1月14日, http://researchmap.jp/jozpfg8vu-18602/.
4 民進・山尾氏が離党届. 日本経済新聞, 2017年9月8日朝刊4面.


<Executive Summary>
What Is the Meaning of Ms. Yamao's Resignation? (Yusuke Suzumura)


Ms. Shiori Yamao, a former Chairperson of Policy Research Council of the Democratic Party, resigned from the party by her private scandal on 8th September 2017. This resignation might have a remarkable meaning, since she left the Democratic Party not by her public mistakes but private activities.


トラックバックURLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=63767
16:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 評論