カウンタ

2161782(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/11/10

「斉藤惇コミッショナー」は期待に値する人選か

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

報道によれば、日本プロフェッショナル野球組織(NPB)の次期コミッショナーにコミッショナー顧問の斉藤惇氏が内定しました1


これは、現任の熊崎勝彦コミッショナーが今月で任期満了になるのに伴う措置で、パシフィック・リーグを中心に「ビジネスに精通する人材」を後任とする要望があり、野村証券副社長、産業再生機構社長、東京証券取引所社長などを歴任した斉藤氏が選定される運びとなりました1


慶應義塾大学商学部を卒業して野村証券に入社した1963年以来、50年以上にわたって証券市場に関わる仕事にと組んできた斉藤氏と球界との直接的な関係は決して多いとはいえず、今年7月にコミッショナー顧問に就任したのがNPBとの初めての公式的な関わりとなります。


しかし、NPBを構成する12球団の親会社の多くが東京証券取引所に上場していることや、斉藤氏自身が日本経済団体連合会理事を務めたことなどから、各球団のオーナーや経営陣などと個人的な交流を通して今回の人選に至ったことが推察されます。


確かに、歴代のコミッショナーを眺めると、第7代の下田武三氏から現在の熊崎氏に至るまで7代続けて官界、特に法務関係の出身者が就任しており、企業経営者からの選任は富士銀行頭取であった第6代の金子鋭氏以来38年ぶりとなります(表1)。


表1 日本プロフェッショナル野球組織の歴代コミッショナー

氏名
在任期間
主な経歴
福井盛太
195145-195444
検事総長
井上登
1956116-1962115
最高裁判所裁判官
内村祐之
196251-1965430
東京大学医学部教授
宮澤俊義
1965828-1971331
東京大学法学部教授
大濱信泉
197154-1976213
早稲田大学総長
金子鋭
1976716-197928
富士銀行頭取
下田武三
197941-1985331
駐米大使
竹内壽平
198658-1988627
検事総長
吉國一郎
198937-199836
内閣法制局長官
川島廣守
199837-2004131
内閣官房副長官
根來泰周
200421-2007131
法務事務次官
加藤良三
200871-20131025
駐米大使
熊崎勝彦
201411-
最高検察庁公安部長


このような人選はコミッショナーの主たる役割が(1)日本シリーズの開催、(2)選手、球団、リーグで生じた苦情の和解調停、(3)提訴されたあらゆる問題に対する最終的な判断、(4)試合に有害と思われる行為の調査と解決、となっているため2、コミッショナーに「球界の法の番人」の役割が期待された結果であることは容易に分かります3


それとともに、日本球界が手本とした大リーグのコミッショナーが、テレビによる野球中継の本格化とカラー・テレビの導入によって野球とテレビの関係が密接になった1950年代以降、野球が娯楽から大衆消費財となったのに伴い、球団間、選手間、あるいは選手と球団の間の利害調整という役割から、獲得された富の公平な配分へと変化したことを念頭に置くなら3、NPBのコミッショナーにも、「球界の法の番人」を超える務めを果たすことが期待されてしかるべきといえるでしょう。


もちろん、これまで球界との関係が希薄であったこと、「ビジネスに精通する人材」という場合の「ビジネス」がいかなる業種や職種を含むのかが不明確であること、コミッショナーがNPBの最高権威者ではあってもNPBの最高意思決定機関がオーナー会議であること、さらにオーナーなどの球団幹部と個人的な関係があるだけにこれらの人々の意向に沿う人物としてコミッショナーの候補になったと推察されることなどから、斉藤氏が就任してもNPBの施策に何らかの新機軸を打ち出せる可能性は決して高くはありません。


それでも、実質的に官僚の天下り先となっているコミッショナーの座に民間企業出身者が就任することを球界の変革への志向の表れと考えるなら、斉藤氏がコミッショナーを務めることの意義は小さくないといえるのです。


1 コミッショナーに斉藤氏. 日本経済新聞, 2017年11月9日朝刊37面.
2 プロフェッショナル野球協約. 2016年版, 日本プロフェッショナル野球組織, 2016年.
3 鈴村裕輔, プロフェッショナル野球におけるコミッショナーの機能の日米比較. 国際日本学論叢, 5: 1-22, 2008.


<Executive Summary>
Will Mr. Atsushi Saito Be a Good Commissioner for the NPB? (Yusuke Suzumura)


It is reported that Mr. Atsushi Saito, the Former President of the Tokyo Stock Exchangem will be appointed as the Commissoner of the Nippon Professional Baseball. It would be remarkable decision, since Mr. Saito is not a former government official and is hoped to apply his knowledge and experience in his days as an exedutive of private companies.


トラックバックURLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=65137
13:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 評論