カウンタ

2554092(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2018/01/01

新年のご挨拶

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

2018年の年頭に際し、謹んで新年のご祝詞を申し上げます。


日本も世界も都市を追うごとに一層変化の度合いを強め、日々新しい出来事に満ちております。このような状況の中、皆様のますますのご多幸とますますのご発展を心より祈念いたします。


私は、おせち料理をいただき、一年で最初の楽しみである年賀状の仕分けを行った後、12時13分に近所の氷川神社に初詣に行きました。


今回の参拝での待機時間は65分で、参列の開始から終了までに88分を要した昨年に比べて23分短縮されました。これは、記録が残っている2008年以降では最大の減少となりました(表1)。


表1 初詣に要した時間(2008年から2018年)

参列開始時間
参列終了時間
待機時間
2008年
12時
13時03分
(63分)
2009年
11時54分
12時58分
(64分)
2010年
12時26分
13時38分
(72分)
2011年
11時50分
12時56分
(66分)
2012年
12時13分
13時08分
(55分)
2013年
11時58分
13時18分
(80分)
2014年
12時
13時08分
(78分)
2015年
11時30分
12時27分
(57分)
2016年
12時40分
13時40分
(60分)
2017年
11時43分
13時11分
(88分)
2018年
12時13分
13時18分
(65分)


昨年の待機時間が過去最長であったことを考えれば、今回はその反動で参拝者が分散されたのか、あるいは、景気が回復基調にあるために国内や国外で新年を迎える人が多くなったのか、いずれにせよ、なかなかに興味深いことといえるでしょう。


その後、氷川神社から自由が丘界隈までを1時間ほど散策し、新年の街の様子を目にしながら帰宅いたしました。


<Executive Summary>
A New Year's Greeting of 2018 (Yusuke Suzumura)


I offer my sincere wish, for all of you, for a Happy New Year. On the occasion of the beginning of the year 2018, I wish you continued success and prosperity.


トラックバックURLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=65803
16:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々の出来事