カウンタ

COUNTER5916

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2018/03/07

KAKEHASHI: ロヨラ・メリーマウント大学からの学生受け入れ

| by ymizutani
上智の学生がロサンゼルスから帰国して10日あまりが経った昨日、今度は訪問先のロヨラ・メリーマウント大学から23名の学生と2名の教員が上智大学四ツ谷キャンパスを訪れました。

学生は、上智大学の歴史や日本の大学教育を説明するため、キャンパスツアーとポスター発表を実施しました。
その後、日本国内の多様性や、未来の日米の相互理解について、ディスカッションを行いました。

教員として印象的だったのは、LMUの学生が繰り返し以下のように話してくれたことです。
「日本の人達は懸命に英語を学び、私達と話そうとしてくれます。私達は、これから日本語を学びたいと思います。両方が努力しないと、相互理解は実現しません。」

上智大生がLMUで過ごした最終日にも、LMUの学生は、オンラインの翻訳機能を駆使して、日本語で挨拶をしてくれました。
「私達には、違いもあるけれど、もっと多くの共通点があることが分かりました。」
と話してくれましたよ。長いスピーチでした。きっと長い時間をかけて準備してくれたことでしょう。

上智の学生は、日本らしいお土産(かつ、軽くて割れないもの)を考えた結果、色紙に寄せ書きをして、LMUの学生全員に贈りました。

上智とLMUの両方の学生に、よい未来が訪れますように。
LMUの学生達は、今日から広島を訪問しています。初めての新幹線の乗り心地はどうだったでしょうね。引き続きよい旅を!


12:33 | 教育