研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2018/12/05

『興風』30号 『興風叢書〔22〕』刊行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by kofudangi0001

このたび
『興風』30号
『興風叢書〔22〕』
を刊行しました。目次は以下の通りです。


『興風』30号(A5版,722P)

 
 藻原日海『初心行者位見聞』について             都守基一
 明治初期~大正期における日蓮門下統合運動の展開と挫折    大谷栄一
 駿河小泉久遠寺末寺の成立と展開
   ―円蔵寺・本隆寺(長遠寺)・妙円寺の場合―       佐藤博信
 慶林房日隆教学の成立
   ―法体二重説から法体三重説へ―             大平宏龍
 宗祖御一代における妙法五字の内容的な変容について      大黒喜道
《史料紹介》白蓮阿闍梨日興『雑々要文』(北山本門寺所蔵)   本間俊文
 日蓮『念仏者追放宣状事』と鎌倉時代の専修念仏                菊地大樹
 中世妙顕寺の寺地と立地                                      河内将芳
 日興の生涯と思想(五)―日時作『御伝土代』おぼえがき―      坂井法曄
 絵図から読み解く中世の鎌倉極楽寺                            西岡芳文
 日蓮の名字即成仏論の探求(二)―名字即と十乗観法―          菅原関道
 日蓮宗資料にみる中世禅籍『見性成仏論』について
   ―付録、称名寺蔵『見性成仏論』訓読文―                  古瀬珠水
『迦葉付属事』について                                       山上弘道
 恵心流学僧直兼とその著作『宗要直兼集』について              渡辺麻里子
 日蓮と宗義天奏                                              石附敏幸
 日蓮の肖像画                                                古川攝一
 南条阿闍梨日諦の写本にみえる不受不施資料
   ―身池対論以降の富士門流の対応―                        渡邉信朝
 府中定光寺二代実海に関する考察
   ―二人の天台僧・実海をめぐって―                        池田令道
「念仏無間地獄鈔」と日蓮遺文―山上弘道の批判に答う―         森新之介
 追悼 川添昭二先生と興風談所                             池田令道
 追悼 大黒喜道尊師                                          池田令道
 活動報告
 聖教調査余録
 ・静岡県富士宮市西山本門寺調査                              坂井法曄
 ・京都府京都市上京区本隆寺調査                              山上弘道
 興風談所刊行書籍等目録
   付 御書システム・コラム目録    
 編集後記


『興風叢書〔22〕』(A5版,502P)
 松林房政海撰『一乗論談抄』一
   政海撰『一乗論談抄』解題


 日蓮と同時代の法華経注釈書。撰者である政海は檀那・恵心両流兼学の天台僧
  で、日蓮当時の天台教学の動向を知る上で不可欠な資料です。
 今回は序品釈を収めています。



問い合わせは
興風談所図書係
〒701-1133
岡山市北区富吉2168
電話:086-728-5539
e-mail:kofudansho★◆★msc.biglobe.ne.jp  ※「★◆★」は「アットマーク」
までお願いします。


12:39 | 投票する | 投票数(65) | コメント(0)