KANO, Kazuhiro


研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/01/10

自著紹介『神がいるなら、なぜ悪があるのか:現代の神義論』

Tweet ThisSend to Facebook | by kano.kazuhiro

クラウス・フォン・シュトッシュ/著,加納和寛/訳
『神がいるなら、なぜ悪があるのか:現代の神義論』
関西学院大学出版会  2018年7月発行
ISBN: 9784862832603
2,600円(税抜)

・関西学院大学出版会のサイト

・キリスト教の専門紙「キリスト新聞」(2018年11月11日号)で書評していただきました。
  →【書評】

・関西学院大学出版会のPR誌「理<コトワリ>」で紹介させていただきました。

・キリスト教の専門紙「クリスチャン新聞」(2018年9月9日号)で紹介していただきました。

・関西学院大学神学部の公式サイトで紹介していただきました。

・amazonへのリンクはこちら

17:06 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)