ノート

ノート >> 記事詳細

2019/03/12

子ども食堂の地域ネットワークの構築

Tweet ThisSend to Facebook | by g0000218044
 ノート
 子ども食堂の地域ネットワークの構築
 子ども食堂相互の、行政との連携の課題

 各地に、子ども食堂と関連団体・行政等の地域ネットワークの構築が進む。
 こども食堂の現場を支援する意義ある連携、協働の推進が課題である。

各地に、#子ども食堂と関連団体・行政等の地域ネットワークの構築が進む。現場を支援する意義ある連携、協働。
引用「食材提供や情報のシェア等、活発に行われています。生協からフードドライブ、社会福祉協議会から防災備蓄品の有効活用」

石巻地域こども食堂会議様 ご紹介https://t.co/dqJLRIaYbshttps://t.co/2BCJk8T2Ba

— ストレスシェルター (@misekiy)2019年2月23日
 
 貧困とは、経済的な困窮だけではない。
 こども食堂の対象は貧困だけではない。
 子どもの成長に影響する「経験の格差」を緩和する支援が求められている。

#子ども食堂のそば打ち体験ワークショップ#子どもにとって美味しくて、楽しそうなそば打ち。
体験も食事もつくる#こども食堂
昔遊び、餅つき、季節の行事等の体験プログラムを、各地の子ども食堂の#ボランティアが取り組んでいる。
子どもにも家族も地域にも意義がある

はらぺこ食堂様をご紹介https://t.co/PEjterpbMG

— ストレスシェルター (@misekiy)2019年2月22日

#子ども食堂で手作りピザ、#子どもも大人にも貴重な時間、思い出を創る素晴らしい機会ですね!
地域には楽しく貴重な経験をすることが難しい家庭に育つ子どももいる。
貧困は経済的な困窮だけではない。#こども食堂の対象は貧困だけではない。
経験の格差を緩和する支援

行啓通り子ども食堂様 紹介https://t.co/PPQXhBwdxU

— ストレスシェルター (@misekiy)2019年2月24日
 子ども食堂、ネットワーク構築の意義
 
現行のサービスでは対応が困難なニーズに対して、地域においてネットワークを構築し、新たなサービスや予防活動の開発を進める。
 これまでの子ども支援のネットワークに加えて、生活困窮者自立支援事業との連携・相互活用が課題である。
 
 ネットワーク構築(組織化)を支援する手法の例
 ①町内会・自治会などをはじめとする住民諸組織を支援して問題解決を図る。
 ②ボランティア活動等の、新たな組織づくりを支援する。
 ③個別の当事者あるいは保護者・家族の組織づくりそのものを支援する。
 ④事業者の連携あるいは協働組織づくりによって問題解決を図る。

  住民の要援護・問題の深刻化に対する、早期発見・早期対応の姿勢は重要である。
 地域ケアの過程で、地域の声かけ、見守り体制構築などの予防的な活動が重視される。
  

最新情報はこちらを参照下さい

11:54